2012年5月 1日 (火)

新東名富士山物見旅

新東名行こうぜわーい。と、行ってきました。4/29に。twitterではああだそうだこうだと書いてましたが。

駿河湾沼津SAは楽しかったです。UCCもあったので金胡麻喫したり。お腹いっぱいじゃなければご飯も食べたかったなー。ただし激混み。あんなに広い駐車場なのに。というか他のSAもみんな同様ぽい。普通に西に行くのであれば、今なら足柄SA使った方が圧倒的に快適なんじゃなかろうか。

で、帰りのETCがあらまあ。そのくらいの穴は塞いどいてほしいんだけど。というか、それも調べておきたかったという意味もあったのだけど。調べた結果、あー、大井松田か厚木使っちゃえばいいわけかと結論に至ってしまうわけだけど。今回は正しく料金払いましたが。というか、次回があるかといえばそれは謎。
でもまあ正規料金払うに見合う旅ではありました。富士山はもちろん、新しい道、トンネルやらそれだけでも楽しいです。もしまたやるなら天気のいい日にやるべきか。

その後調べてみたらやっぱり同じこと試してる人はたくさんいるわけですね。承認されるかは不明ですが、トラックバックもしてみましょう。

てか、こんな中途半端な旅じゃなくてもうちょっと計画立ててどっか行きたいのだけど。いつもうだうだ。

2011年11月 7日 (月)

進展したけど進展なし

さっぱり音沙汰のなかった保険屋からの連絡がやっと今日ありました。事故から3ヶ月、車戻ってからも3週間スルー、放置されまくりの日々でしたねえ。ていうか、あまりにもあんまりだったので昨日こっちからつっついたんだけど。
いかにやる気がないかよくわかる、あいおいニッセイ同和さんの対応です。さすが保険屋、一般人とまったく違う感覚をお持ちですね。こうでなきゃこんな仕事やれたもんじゃないですもんね。
10年前だったらネットだろうが担当の名前出してるわ。いつか企業名さえ出せなくなる時代もくるのかね。気を回す人は今でも伏字にしてるようですが。

金額がいくらというよりも、その計算方法自体に納得いかないのと、何よりも事故加害者の代理であるはずなのに連絡の遅さに表れている謝罪の気持ちの見えなさ誠意のなさ加減に、それを蒸し返さなきゃいけない気分の悪さによって、今日は示談の持ちかけを蹴っとばしておきました。どうせ今日蹴ろうが次の連絡であろうが、何も変わらないどころか時間軸で損するだけなんだけどさ。子供ですので。

考えるほどにやっぱりとってもご機嫌ななめになるうさ彦さんでした。

ともあれ、事故もらったら通院して弁護士立てることだけはしっかりやっとけってことですね。それから相手の保険会社も気にしよう。保険料の安さだけに目が行ってるような相手には何も期待しちゃいけない。まあ事故なんてそうそう起こすもんでもないし、違いなんて普通なら気付きもしないんだろうけど。少なくともそういう会社と契約は自分はしたくない。自分の土俵でいうならソフバンと契約しないようなもんか。
ちぃおぼえた。

2011年10月16日 (日)

おかえりレガシィ

というか、6月にサインしたのが、8月アタマに1週間だけ試乗して、4ヵ月経って今やっと事故車を納車されたというのがより正確な表現ではなかろうかと。

ちょっとしか乗ってないけど、何となくアライメントが左に寄ってる気がします。事故の影響というよりも調整の結果という印象。もうちょっと乗ってみないとな。高速とか。
まあ代車の生インプよりは乗り心地も燃費もよかろうということで。インプのATよりは間違いなくこっちのCVTのが乗ってて気持ちいい。でも最初の車検も通さない可能性大。場合によっては1年くらいで乗り換えるかなー。やっぱケチ付きすぎたとしか。

あとは書類関係。考えたくないー。保険会社の相手するの、うんざり。

2011年10月10日 (月)

実り少ない連休

先週体調が悪かったおかげで何もできなかったので、この連休はノルマをこなしたかったのだけど、満足できるだけのことをできたかは疑問。

まずは芋の収穫。 123
ほくほくしてたのは最初の数口だけでした。1時間じゃ微妙だなあ。1時間半くらい埋めとかないと焼き具合がどうにもたりないかもしれない。残りは普通にお裾分け。まだひと畝残ってるし。
あとは落花生だなー。来週収穫するか。

とりあえずTVの撮り溜めは苦労が少ないので優先的に処理。
秋はFate/Zero専念でもいいかも。まあチェックだけは一通りするだろうけど。

Wizardry Onlineのオープンβも開始したので、こっちにも。GnomeでPriestにしときました。
ソウルレベル2にする程度まで。まあのんびりやるとしましょう。しかし3D酔う。久々に吐いた。

神霊廟も連休中にクリアするつもりが結局クリアできず。神子の最終段階まではいけてるんだけどなあ。時間と精神力集中力を消費するので、いい加減諦めてもいい頃かもしれない。結局永夜抄以外クリアまで届いてないんだよな。

車も未だ戻ってきてないし。1週間だけしか乗らずにその後2ヶ月以上も待たされてるというのに金払ってるのがバカらしいったら。とりあえず事故の後遺症はないけど、事故後にディーラーや保険会社とのやりとりで精神的によろしくなくなって不眠症になった分とか、こういう事後の影響について慰謝料を求めたい。こういうことをなくすためにもやっぱり保険会社は自ら算出した修理費+30%だなんてくそつまらない基準を取りやめて、相手の請求額に応じて金額を決めろと。そういう基準を設定するくらいなら保険の多重加入とか許されてもいいと思うんだけど。いつものことながら、金に関わる仕事をしてる連中の言い分は何から何まで納得できないことばかり。向こうのお仕着せに対してこっちから裁判起こさなきゃいけないような仕組みも面倒くさい。やっぱり保険会社が間に入るのがいけないんじゃなかろうか。でも自分でやるの面倒だしな。といって、事故に遭った側がこんな目に遭うのも納得いかね。というか10/0でもこっちの保険会社が出てもいいんじゃないのかと。
結局、最初から弁護士立てなきゃいけなかったんだろうな。事故に遭ったら、まず弁護士へ。これが正解なんだろう。勉強した。
ますます嫌な気分になってきたので本当にやめよう。

ラノベ?読んでませんよ。先月の電撃も読みきってないのに今月の電撃をもう買うハメに。おっつかないのでよっぽどでないとスルーした方がいいかもしれない。HJとかMFとかGAあたりから諦めてもらおう。ブームが去りつつあるのかも。1年も持てば充分だけど。

2011年8月29日 (月)

事故その後

事故の次の日、回されてきた代車はインプレッサの1.5i無印でした。タヌキ顔もそれなりに愛嬌あるし小回り面ではよかったのだけど、車の重さが微妙に気になります。それ以上にナビが困り物。CD-Rは読めないしSDもデータ更新専用で、こんなんでお出かけしても面白くないですっての。てことで単なる毎日の足でしかなく。
しかし1.5Lで1.5tある車はこんなに重いのか。ATがひどくてAWDなのにラウム以上に4人乗りでの坂道に苦労するとか。しかも通常モードでこれなのにECOモードのあのひどさは何なのか。インプ買ってあれ使う人いないでしょ。そんなこんなでインプ買うなら2LかSTIに行くべきなんだろうなあと思いました。そういや従兄弟が乗ってたな、機会があったら今度聞いてみよう。

先々週末の20日、お盆休みを明けたスバルへ。
まずは相手の保険会社の修理見積りのみ出てきて。68万とのこと。内訳見て、修理、交換、工賃、細かい部品はわからないけど、一通り並べたらそのくらいらしい。気になるのはアライメントチェックやEyeSight等の動作点検費的な項目がなかったこと。多分この時点では車として走るようになるだけの見積りのみ出してきてるってところでしょう。対するスバル側がお盆明けでまだ動いてなかったので、修理見積りは月曜22日に工場へ移動して水曜くらいに出るかなとの話で、その日はそこまでの話で終了。
この日の時点ではどちらかというと買換え方面に傾き。ただ、ローンをまっさらにしないと次のローン組めるわけないし、あくまでも元手次第。でも考えを深めてみると、せめて1年半、支払い終えるまで乗り続けて、そこでもう1度買換える方が現実的かなという心境にシフトしていきつつ。とか。

平日の連絡はなく、先週末27日、再度スバル訪問。
スバル側の見積りも。これも修理費はほぼ同等とのこと。細かい数字を教えてくれなかったので、おそらくは逆に微妙に安かったんじゃないか推測。どうだか。
あいおい的に評価損格落ち分を修理費の3割、20万ほど出すとのことで、88万円がこの段階でのあちらの提示額とのこと。といってもそれが妥当かどうかなんて素人のこっちはわかるはずもなく。ディーラー曰く、今どきは修理技術も進歩してるし、評価損にしても格落ちは減少傾向にあるので概ね妥当であろうとのこと。
そして事故車の下取り査定。スバル的には130万、他業者に見てもらった中でも最も高くても144万とのこと。修理費と足した額が概ね事故前の下取り価格と同等と考えていいっぽいので、仮に事故に遭わなかったら、上述と足して中古は200万程度ほどの買取価格ってことなんですかね。思ったより値落ち激しいな。3割以上もナチュラルに目減りするのか。開封済みのDVD、BDなりゲームなんかでももうちょっとくるような気もするけど、まあこっちの業界はこっちの業界なりにそういうもんなんでしょう。
それプラス、もし買換えなら諸費用加えてあと25万くらいは出てくるとかどうとか。加入した点検パックの払い戻しも足して、がんばって合計すれば260万ほどになるかなという話。
加えて1年半これに乗り続けたときの下取り価格がいくらくらいになりそうか聞いてみたところ、今より50万ほど落ちる模様。すると今乗り換えても1年半後に乗り換えてもほとんど同等の損害額ということになるようで、どっちでもよかったり。
一応、もう1度購入なら値引きをちょっとがんばるので同等くらいで済みますよみたいな話をしてくれたけど、ディーラーとしては売ったほうがいいしスバルとしては修理のが利益上がるってことで、店舗とメーカーでも色々あるんだなあと考えさせられたり。
あとは細かい数字でどっちに転ぶか。1年半後にEyeSight3.0とかBRZあたりに積まれてるだとか、別のメーカーでも気になる車種が出てるかもしれないし、修理でいいかなと、今はそんな心境で。せっかく悩むなら前向きにね。

でやっと今日、あいおいから連絡あり。
この担当の女性は基準だけ言ってきて計算結果の数字はまったく触れないんですね。しかも態度がひでえ。これが同和系というやつか。もちろんそんなの関係なくどこの保険屋もみんなこうなんだろうけど。結局こちらでスバルと話して数字を詰めて向こうに突きつけろということですか。それだけでいいなら先週話詰めてたわ。何はなくとも話しててすこぶる嫌な気分にさせられる話し方でした。まったく。

事故からすでに3週間。お盆挟んだおかげで代車をムダに2週間引っ張ったとか、いらんことに気を病んだりしてるのだけど、さっさと解決するんですかね、これ。もちろん泣いて終わるという意味でなく。そりゃ泣くならさっき終わってたろうし。
大体、代車料は出すけど代車使わないなら代車料出さないだとか、下取りに出して買換えるなら諸費用出すけど修理なら出さないというのはおかしくないかと。
保険で下りるお金を用途限定にしないでくれれば、こちらとしても新車なり修理なり好きに回して心の余裕ができるというのに。それだけでどれだけ気持ちが救われるか。どう見ても相手の言い分にに屈しなかった折れなかったとプライドを満足するためだけに金払いを渋って自己満足してるだけにしか見えないんですが。それが保険屋の面子というものですか。どうみても裏街道の人種の思考ルーチンじゃん。レンタカー乗ろうがタクシー使おうが修理しようが買い直そうが、お金の使い道はあくまでこちら側の選択であって、対処によって補填する金額が左右されるってのは軸がブレすぎだろうと。その理論だと、買換えもせず修理もしない人に対しては何も払わないとでもいうんですかね。基準がまるででたらめもいいところ。そんなんでよく世界が回るもんだ、保険屋業界。やっぱり係わり合いになりたくない連中ね。
要するに保険屋って、いかに金を払わずに済ませるためにゴネられるかが仕事のできる人間としての評価なわけで、事故に対して誠実かどうかってのは二の次三の次ということなのでしょう。
一般人と保険会社で争ったところで、保険料が出てくるのは確実に遅れるし、たとえ金額的に勝ったとしても労力に見合った見返りとも思えないし、そもそも相手にするのが精神衛生上よくないし、まるでいいことないってのがなあ。相手がそれを理解しているからこそ開き直った態度を取るんだろうな。そりゃ保険屋は嫌な奴でい続けることこそが仕事に対する正しい姿勢ってことになるよなあ。やだやだ。

もちろん当人から菓子折りの1つもありません。ま、そんなもんでしょう。
代理だというなら保険屋もそのくらいのことしたらどうよ。

書いててだんだんへこんできました。もうこの件について触れないほうがいいかもしれない。

2011年8月 8日 (月)

昨日の整理を装った金嫌い(バカ)アピール

バカなので忘れないうちに備忘録。

時系列。
16時過ぎに発生。16:05扱い?。まずは各方面へ連絡。
17時くらいに現場に警察到着。
18時過ぎに相手離脱。
19時半くらいに現場にレッカー到着。
22時過ぎに地元ディーラー到着。

登場人物。
自分側。自分と同乗の友人1人。損保ジャパン。
相手側。初老の旦那さんの運転と奥さん。あいおいニッセイ同和。
あとは須走から出てきたという警察と、ロードサービスの兄さん。

事故現場。
中央道上り。笹子トンネル入り口手前の上り坂。86km地点。甲斐大和バス停前。
登坂車線と追い越し車線に挟まれた3レーンの真ん中の走行車線。
トンネル突入前で、バス停スペースのある寄せることができた場所だったのが不幸中の幸いか。トンネル内だったら終わってた。

状況。
渋滞の鈍い流れ、ストップゴーの繰り返しのろのろ進行。こちらが停まった直後に後ろの尾張小牧ナンバーのアルファード(白)追突。相手運転手よそ見とのこと。
こちらは右後部にダメージ。リアバンパー大破、ライト類はもちろん、トランクもひしゃげて、右後部ドアも開かなくなって、右後輪に干渉するようになって自走不可。三角表示板はトランクから出せず。
相手は左前部の破損。これも充分大破レベルだけど、自走はできる状態の模様。事故の角度的におそらくあちらが追越車線に車線変更しようとしてた最中の追突か。
状況的に10:0で相手責任。今は100:0というのですか。

怪我についてはお互いに自覚症状なし。まあ同乗の友人も一応医療関係だし、こういう判断は任せてよかろうと。放射線技師の判断が関係あるかっていうとどうだかだけどまあ。
昔の職場の同僚とかなら怪我したって言っとけぶんどれるだけぶんどれとか言ってるところだけど、そんなみっともない真似できますかっての。やはり金に重きを置いてる人間とは仲良くなれる気がしません。相応の物損分だけ支払ってもらえれば充分ですよ。
把握状況についてはお互いの認識にズレはない、はず。おそらくは。
何はなくとも怪我なくてよかったですと。

元々ずっと先でバイクの連鎖事故があったらしく(結構前に多数のバイクが抜いていくのを見ているのでそれかも?)、その他にも追突やら何やらあって40kmほどつながってたとのこと。自分の事故はすぐ脇に避けたし、渋滞への影響は微々たるものだったでしょう。多分。
まあ事故についてはもう起こってしまったことだし、警察への届出までで完了といえば完了と考えてしまってよいかと。問題は次の段階、補償、フォローについて。

納車から1週間のまだまだ手垢にまみれてない新車、それなりのお金を払って買ったはずなのに、修理できたとしても事故車に乗るのかというと、そんなこと思うやつはいないだろと。まあ普通に廃車にしたいと考えるよね。とはいえ、それはお金の工面ができて次の車を準備できる前提での話。1年半払いでローン組んで、しかもまだ頭金以外払い始めてもいないこの状況で次の車の資金を用意しろと言われても無茶というもの。そこで保険の出番です。

今回のケースではどれだけ保険会社から支払われるのか。当て逃げでもないし相手も保険に入ってるので、スタートラインとしてはまず安心。保険入ってない相手との事故なんか目も当てられませんね。

ダメージは昨日のエントリの感じで後部ドアが開かないくらいに外装やフレームがひしゃげた状態。これ直すのにいくらくらいかかるんですかね。新車で全損はありえないと聞いたけど、修理費の見込みってどんなもんかな。車にさっぱり詳しくないので見当も付かないのですが。早く見積り結果を教えてほしいところです。お盆前に。今週から来週までディーラーがお盆休みってタイミング悪すぎっての。
てか、保険会社の言い分はそれはそれとして、修理部分を分解して考えていったら新車でも全損がないとはいえないような気もするんですが。そう簡単なものじゃないでしょ。今回がそうかどうかは別としても。
そもそも修理可能か不能かさえも不明です。フレームのゆがみがEyeSightの動作に影響出るとかも考えられるし。車として走ればいいってだけの話じゃないよね。
通常は格落ち該当あーだこーだという話がやっかいらしいですが、今回はそんなのも気にしなくてもいいくらいの時期の事故です。はい、たった今覚えました、格落ちという言葉。まあ購入価格まるまる出るってことはないんだろうなとそのくらいの覚悟はしてますとも。

繰り返しますが、被害額以上のムチ打ちで慰謝料要求だとかゴネ的なことをするつもりはさらさらないので、購入金額からいかほど差分のある補償が受けられるのかというところがポイントです。結局事故車で諦めてそのまま乗るかどうかは保険金次第と。
追突されてますます、自分も追突事故を起こさないためにやっぱりEyeSightみたいな安全機能は欲しいなと認識を強め。レガシィ選んだのは間違いじゃなかったんですよ、うん。もし納得いく金額が出てくるようならまたEyeSightレガシィを買いたいと思います。でも雨音がうるさかったからサンルーフ追加とかはありかもしれない。あとやっぱりツーリングワゴンのがよかったかもとかいう微妙な悩みくらいは。

まず、こちらの請求額をいくらに設定するのが妥当なのか。購入価格を突きつけたい気持ちはないでもないけど、第三者的視点で考えたらそれはありえないし。1週間とはいえ中古は中古ですしね。修理費用だけ冷静に出してもらえば。
被害者視点だと慰謝料的にさらに多く払え的態度の人が多いようだけど、当事者になってよくわかるその考えのズレっぷり。そんなんで世の中回るはずないですっての。もちろん大事なのは世の中より我が身だし、自分みたいな考えは明らかに少数派なんでしょうけどね。ま、その差額を気持ちとして埋めるための格落ちという概念なのかな。もちろん今回の相手が理性的に話せる相手で誠意を持って対応してもらえてるからそう思えるのであって、気の違ったDQNやオバハン相手だと話は違ってくるでしょう。てか世の中そんなのばかりなのかもしれないな。何が日本人の民度だ。ちゃんちゃらおかしいわ。
ま、このあたりは人によって判断分かれそう。色んな人に相談して考えてみます。というか、こうして文章にしないと自分もパニックで何も理解できないままだったろうな。つまんないことでも記事にしておくのは重要でした。

その上で相手の対物賠償がいくら出てくるのか。プラス下取り価格との差額のバランスや、あるいはこちらの車両保険での補填とかもありうるのか。しかしそれは等級が困ったことに。どっちにしても見積り出るまで考えても仕方ないですか。
しかし、つくづく自分はお金の話が嫌いなんだなあ。お金というか面倒事か。お金はあると面倒事から逃げることもできるけど、面倒事を引き起こす種でもあるので、やっぱりいらない子です。金が好きとか言ってる人何なの。本気で意味わかんないです。

とりあえず今回の件で保険のお勉強になったと前向きに思っときましょう。面倒大嫌いうさ彦さんは当事者にならなきゃ何も勉強しませんからね。
さっさと終わらせたいなあ。お盆明けまで長いなあ。今年は震災の影響で長めのお盆みたいだし。

そして帰宅したところ、代車が届けられていました。現行インプレッサ。中身は不明。ガソリン入れに今からちょっとお買い物とか行ってこようかな。

2011年8月 7日 (日)

六曜的には今日は友引らしい

別にそんなつもりでなく、慣らし運転のためにてきとーにドライブ行こうぜな話がよし諏訪湖行こう聖地巡礼だみたいな話になって、気の赴くまま長野へ。一応、秦野市民的には諏訪市は姉妹都市ですしね。縁がまったくないわけでもないんですそうなんですよ。御柱祭とか1度は生で見てみたいですね。
ちょうど東方的なCDもありふんふんふーんと東名下って御殿場から北上して中央道出てみたいなゆったりドライブ。軽快な走りが心地よいですふんふんふーん。
そんなこんなで昼前に諏訪大社到着。せっかくだから新車のお祓いもしよかとお参り。交通安全祈願です。写真に映ってる白無垢さんはどうやら神前式をやられていたようでおめでとうございます。

Dsc00044

もちろんせっかく長野に来たからには信州そば食べるよね、と昼飯はお蕎麦を。テンプレですね。
あとは他に寄るところあるっけ洩矢神社近所のはずだし行こうぜとかそんなノリで周辺探索。カーナビでは見つからなかったので携帯でググってナビに住所入力レッツゴー。
ここで大雨に降られ。頭上のフードの雨の跳ね音がとってもうるさいのです。この1週間で見つけた欠点としてはこれが最大のものかと。まあこのくらいはまだ価格と性能考えたら許容範囲ではありますが。EyeSightやらS#モードやら色々試して随分惚れこんでるのです。もちろん新車ってだけで何でも楽しい時期ではありますけどね。

洩矢神社到着。すぐ脇なのにこっちは雨降った形跡なし。さすが山の天気。何はなくとも、うん聖地聖地お賽銭お賽銭円天円天(何)。神社を取り囲むようにあったミニゴルフコースが気になりました。何だあれ。

基本的に突発的行動で他に思いつかなかったのでそろそろ帰ろうかと14時くらいであっさり帰途へ。途中寄ったサービスエリアで諏訪湖を眺望。広いなー。震生湖とは大違い。そんなのと比べるな。
限定のアイスも美味しかったし、来てよかったねと友人と共にほくほく。さて夕方に地元着いて夕飯みたいな計画でいいかなと再び帰途。

Dsc00060

ある程度戻ってきたところで渋滞。中央道まだまだかかりそうねーのろのろ。そんなこんなで高速バス甲斐大和バス停前での出来事。あらま

EyeSightも後ろからの攻撃には無力です。当たり前だ。てか先週納車されたばかりでどうなのよこれ。さっきお祓いもしたばかりだというのに。おまじないが効いてないと判断するか、おまじないのおかげで怪我しなくて済んだと思うか。うにゅうにゅな気分。どう表現すればいいやら。
とりあえず自走無理ぽ。フレーム曲がって後部ドア開かなくなっちゃったり。

事故に遭ったのが16時くらいで警察来たのが1時間後くらい。保険会社とかディーラーとか色々連絡してレッカー来たのが19時くらい。相手も結構ふっとんでたけど自走はできるようで、あとは保険会社任せということで話ついて離脱。こっちは動けないのですみっこで待機。途中雨まで降ってくる不運。屋根付きのバス停横だったのが不幸中の幸いか。しかしまあロスタイム長かったです。疲れた。

あとはレッカーの兄さんに乗せてもらってディーラーまで。でもまだ渋滞続いててこれも3時間ほど。地元スバル到着が22時過ぎ。長旅ご苦労様ですありがとうございます。気をつけて帰ってくださいね。
ディーラーさんと話して保険会社の見解とか代車とか色々諸々明日以降ということで一息。ただしお盆入るので結果は半月後になるとかどうとか。しょうがないにゃあ。

親父に迎えに来てもらってようやくついさっき帰宅したとこです。ドラマな1日でした。厄日か。笑うしかないなって。これから事後処理とか面倒なんだろうな。うーん。
とりあえず怪我もなく命もあってよかったと思っておきましょう。頭回らないや。

2011年7月31日 (日)

さよならラウムこんにちはB4

スライドドア装備で車内の広いコンパクトカー。何よりも使いやすさに主眼を置いたコンセプトがラウムでした。広さだけならクラウン以上で、電動スライドドアにセンターピラーレス、センターメーター、楕円ハンドルといった当時の新機軸満載ぷりに加えて可愛らしいスタイル。ずんぐりむっくりした姿もファニーでした。内装もコンパクトカーの中では綺麗に整ってたし、8年乗っててビビリが入ったりといったひずみもなかったし、外装はまあボコボコぶつけちゃってたけど意味不明な故障なんかはほとんどなく、横開きバックドアも地味に使いやすかったし、無事使うこともなかった衝突性能も当時のコンパクトカーの中では破格だったそれは、セントラル自動車すげーってな具合です。
もちろんコンパクトカーでしかない部分もあって、しかもコンパクトとしては重いし、人数乗せるとやっぱり非力でよれてまっすぐ走らないし、自分の身長に合わせてシート下げるととてつもなくハンドルが遠いとか、他にも色々あったけど、それでも充分満足でした。ま、独身男が選択するような車じゃないってことは認めますけどね。
8年乗って63000km。町乗り程度なのでこんなものですが、今までよくがんばってくれました。おつかれさま。

Dsc00026

そして本日納車されたレガシィB4 2.5i EyeSight Sパケ。C型BM。GTにしてもよかったけど、どうせ自分の用途じゃいらんだろってことでNAにしておきました。でもツーリングワゴンにしておいた方がよかったかもなとは今でも思っていたり。まあいいや、好きでB4にしたんだし。すぐに愛着も湧くでしょ。
知人レベルでは結構いても、友人レベルだと誰1人としてスバル乗りがいなかったので、これから色々と手探りで。今後車を趣味にしていくかどうか、さて。これからよろしく相棒。

Dsc00029_2

納車して気になるのは、前にも書いたように奥の納屋からネコを出しづらくなること。どう見ても出せそうにない。
でも近頃親父がジュークに買い換えたいみたいなこと言い始めたので、そしたらちょっとは幅確保できるかな。ジュークも3ナンバーみたいだけど。

とりあえず今日はアキバまでお出かけして、まずは車両感覚を体に覚え込ませてみたり。EyeSight2.0はやっぱりおまけかな。もちろんちゃんと効いてくれるけど、これだけにお任せしてると雑な運転に乗ってるようで気持ち悪くなる。クルコンも同様か。でも楽なのはたしかに。ちょうど悪天候も試して、結構ひどくなってもちゃんと機能してるのは感動でした。さすがに本降り超えて土砂降り級だとロックかかってましたが。でも十分実用的かと。夜の土砂降りであそこまで反応してくれるとは。4駆らしく坂道も軽く。これはさすがに前のと比べるわけにはいかないか。とりあえず十分性能。雨天でも安心。SとS#はまだほとんど試してないのでこれはまた次回。

マイナス的に一番気になったのは727DT。まず、ナビのルートチョイスが微妙。エリ様も大概だったけど、有料道路と一般道路の選択はもうちょっとアグレッシブでいい。そりゃ乗って降りて繰り返されちゃ困るけど、乗れるときは乗ろうよ。声が大きいのも不満。音声小さくできるのかな。あと、声優複数なのか地名と案内が声違うとかそれは違和感。地デジは画質以外は満足。てかなぜ走行しながら映る。そんな設定にしてとは言わなかったのに。まあトランスフォーマーリベンジをちょろっと見れて役に立ちましたけど。明日はmp4もSDに入れてみよう。
目的地設定や地点登録もちょっとやりづらいかなあ。これはちゃんと説明書読まなきゃダメかな。ひらめき任せじゃ細かく操作できそうにないや。とにかくナビは研究していかないと。
あとは電動シートの合わせがちょっと気になった感じ。長時間運転で微妙に腰が痛かったので、もっといいポジションを作成しないと。サス的な部分もあるかもね。

まあ今は何やっても嬉しい時期ですので。
明日もお出かけしてみましょ。

2011年6月19日 (日)

ディーラー4巡目。そして契約へ。

ネッツが自宅に来てたのとマツダから電話があったのとスバルからDM届いてたのとフィットシャトルの発売が今週まとめて重なってたので、見て回ってくることにしましたとさ。

ホンダから。今週発売されたフィットシャトル。ハイブリッドはまだ入荷してなかった模様。まあ見るだけならエンジンカーでも。
ホンダにあるまじき内装のしっかり加減と、予想以上に荷室広かったのは好感触。使いやすそう。いいな。スライドドア装備だったら完璧だった。結構有力候補になることは間違いなく。方向性が定まってなかった頃なら。ちょっと遅かったですね。
ところで今ホンダで一番欲しいのはピアンタです。ちょっとお高いけどやっぱりカセットボンベ式は使いやすそう。

日産。友人のラフェスタで移動してたので新ラフェスタを見るのはナチュラルです。
仮面付け変えてもNagare微妙に残ってますね。前席ドア部分のそれを消していたけど、そこが一番いらなかったところなので正解。まあ中身はプレマシーなんだろうし。いい車だしね。用途は合ってるんだし。でもラフェスタ乗り曰く、こんなのラフェスタじゃねえ。そうかw
付いた営業さんが先日のひどいのと違ってお姉さんだったのでそこはお楽しみポイントでした。

ネッツはどうせ来月点検で行くだろうからスルー。見るとしてもそのときでいいや。α出たことで強気なんだろうかな。とはいえラウムはコンセプトが好きで用途が合っていたから購入したのであって、αとは扱いが違うのです。あと、αもプリウス同様にどうせ1年もすれば巷に溢れて面白くなさそうとかそういう気もしたり。その他トヨタ系については過去エントリのとおり。やっぱりアイシスよりラウム残そうよ。なんて。

ラフェスタ見たのでマツダもスルー。フェアやってるそうで、ホントは挨拶くらいは行くのでもよかったけど、方向性定まった今となっては冷やかしになるかもしれないこの心境のバランスが難しすぎてどうにも。ごめん(´・ω・`)

そしてほぼ決め撃ちのプレアデス。ブログに続けてたようにここしばらくちょくちょく来てたけど、相変わらず放課後の気配はどこにもないですね。ガイナックス→スバルの一方通行感が半端なく。先週先々週と2度も豊洲に行った身としては、タイアップアニメがさっぱり貢献してない惨状は悲しいですゆ。というか最初はそっちに触れないようにエントリ書いてたのに段々と化けの皮が剥がれてますね、おい。
フィットシャトルの影に隠れて話題になってもいないけど、レガシィもマイナーチェンジのタイミング。EyeSight Sパケの新設グレードが気になります。新設という存在価値だけで。しかも散々言ってるようにどう考えても用途と合ってない車なのに。ビルシュタインのダンパーはまあよしとしても、18インチのホイールなんかどうしろと。燃費やタイヤ交換時の苦労背負うだけだってば。ホイール泥棒に対する気苦労とかも。
そもそもNAでスポーティって中途半端な位置付けに思うのですが。こういうのって普通は下のグレードで満足するか、上目指すならいっそターボ積んでるGT行くべきじゃないのかと思うのだけど、営業さんの話によるとどうやらターボよりNAのSパケのが人気らしいです。性能より見た目重視ってこと?それ、逆に格好悪くないですか。新しもの好きな感覚でEyeSightにいくのは自分がそうだから理解できるのだけど、EyeSightのなかった前モデルまでのNAのSパケに乗ろうという感覚はどうもよくわかりません。
とまあ話色々。どうやら今週来週での成約限定で随分と値引きキャンペーンしてくれるとのこと。モデルチェンジに合わせた初動ノルマ的なそれでしょうか。でもすでに心はほぼ決まっていてあとはお金の計算だけなので、そこをつめる話に。下取り査定とか色々と言いくるめられながらいつの間にやら半日も。夜レジャランに行かなきゃいけないのに時間ギリギリまで。明日試乗車用意するからまた来てくれと言われて、なし崩し的に。

という昨日。そして今日。

野良仕事終えて早速スバル訪問。用意されたのは新型でもなくEyeSightでさえなく前モデルのNAのSパケだけど、それで試乗。まあ車庫入れの感覚さえ確認できればいいです、もう。まず車体軽いなーと。これが中島飛行機の系譜なのか。逆に軽すぎる感覚が嫌な人もいるんじゃないかと思えるくらい。それから随分と静かな室内。個人的にはわりと重要ポイント。
そして肝心の車庫入れは1発切り返しでは無理でした。親父のクラウンができてるんだし、慣れたらいけるのか?あと、クラウンと並べると奥の納屋からネコ(一輪車)出すときに間を通せなくなるような気がする。親父出かけてて確認できなかったけど。道具出すときは一度車をどかす必要があるかもなあ。自分より親父のが野良仕事すること多いのでちょっと迷惑かもとは思ったり。だからといって買わないということではないのだけど。
試乗終えて昨日の査定からもうちょっと頑張りましたよ的なお話もらったりまあそんなこんな。元々査定も何も考えてなかったラウムに20万付けてもらうとか、とんでもなく無茶しやがってAAry。今週来週といっても本当に頑張れるのは今週だけとのことで、来週じゃそこまでできないと言われましたが本当かどうかは知りません。それは査定とは別の、値引きを値引き項目に反映させられない何か別の意思によるものなんだろうな。ビジホンでもよくあるし。初週の初動売り上げって車業界では本当に大事なんでしょう、おそらく。
そんなわけでATM行って戻ってサインとはんこと色んなそれを。さすがにこんな人のように現金ポンとはいきませんが、計314万。あーあ、もう引き返せないよ。しっかり働かなきゃ。

長い戦いがようやく終えました。とりあえず思うのは、相性のいい営業さんに当たったということ。スバルでも他の営業さんのオーラ見てるとどうも肌合わなさそうではあったので。非常に大事な要素です。違う人が担当だったら多分他社いってたろうな。もちろんそれは他社でも同様だけど。

7月3週あたりにB4お迎え予定だそうです。震災の影響だそうな。今は何でも震災で通るな。

あとはカーナビ持ち込みでやってもらうにあたって727DTの値段を見て回ってみたら、何だか以前より2万くらい値上がりしてるんですけど。これも地震のせいか。

2011年4月16日 (土)

ディーラー巡り3巡目

やっとスルーしてたディーラーも一通り目を通して後方の憂いを断てた感じ。

トヨペットも見て、まあここじゃマークXだよなーとか思いながら、プリウスワゴンがすでに契約成立してる話とか聞いて配布不可のパンフ見せてもらって、そこまでしてもやっぱりトヨタは今回はないかなという方向性で。あるとしたらエスティマとアイシスくらいか。でもほぼない。うん。

三菱はD2が思ったよりよさそうでした。思った以上に広かった。燃費もかなりよさそう。実用面で考えたら有力候補の1台。が、市内にディーラーがないので隣町まで行かなきゃいけないのが。しかもあそこ駐車場狭すぎて停めづらいのです。違った意味でないなとか思ってしまったり。戻れよ、はま寿司。

座間のカレストまで行って日産&ルノーも。でもここでいいなと思ったのはサンリオ仕様マイクロバスというか。あれの可愛さは飛びぬけてます。まあ所有したいわけではないですが。まあセレナだろうな。結局実用性。でも地元のディーラーの営業のあの態度を思い出すと微妙。

あとは見る気のないスズキや外車ディーラーくらい。そっちは見るとしても向こう的にはひやかし扱いな参考情報程度の見学か。

ということで、ほぼマツダとスバルの2択で9割、あとの1割で別の何かという気持ちにまで固まってきました。

その1、プレマシー。とりあえず実用面でみるなら。車高高くないスライドドアなので今のラウムから乗り換えて違和感なく使えることは間違いなく。実際にはいらないけど3列シートというオプション要素も。そして格段に安上がり。200万ちょっとで済みそうな。マツダ、そんなに無理するな。
欠点は個人的に好みじゃないサイドブレーキ形態。あとはデザインとかそっち方面か。それと実用面ばかりで面白みに欠けるという気持ちもちょっとあり。
場合によってはマツダの値引き率から考慮してMPVもありえるかと思ったけど、カラーが微妙だったのでなしにします。
ちなみに日産向けOEMのエクステリアも見せてもらって、あれならNagare微妙でもまだこっちのがいいかなとは思ったり。フロントグリルがあれは好みじゃないなー。しかも名前がラフェスタになったら確実にあっちはなし。ラフェスタだと友人と被る。世代が違ってもそこは譲れない線。

その2、レガシィ。搭載量考えるとツーリングワゴンだけど、どうせ実用性捨ててるのでB4でも。アイサイトver.2だけ確定。ホント、おもちゃとしての意味合い。数年後にはもっとバージョンアップもされてるだろうし普及もしてるだろうけど、今このタイミングだからこそ遊んでみたい要素。好きで金出すおもちゃという意味では300万超もまあそれはそれでよいかと。あと放課後のプレアデスがうんたら(違
欠点は逆に実用面。家族を送迎するのに使ったりするのにはあまり。スライドドアはやっぱり欲しい要素かなー。何よりでかいよ。
2ちゃんのスレでは過去モデルのオーナーからやたら叩かれてるみたいだったけど、元々走り好きとかそういうタイプでない自分からすれば設計面は最重要事項でない、というか解りゃしないので、やっぱりアイサイトという面白そうなおもちゃで十分魅力なのです。
5/17にサスとか微妙に変えたマイナーチェンジが出るということなので、買うなら多分それ以降。また値引率も落ちるだろうけど、ま、誤差でしょ。

この2車種は見積もりまで出してもらい。あとはバラスト連れて試乗行くのと、細かいオプションや値引き交渉含めた見積もり次第と、最後の一押しがどうなるか。
どっちのディーラーの担当さんもいい感じの対応してくれたからなー。少なくともネッツの担当営業とのわだかまり解消は数年かかったからな。長く付き合うこと考えたらこのスタートダッシュは超重要事項。

どっちにしても地震の影響でどこも生産が遅れ気味らしいので、発注もそれよりもうちょっと後になりそうな。

関係ないけど、今日マツダに携帯忘れてきました。明日朝イチで取りに行きます。もー。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31