映画・テレビ

2020年1月 1日 (水)

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明け

原題:Star Wars:The Rise Of Skywalker
行ったのは元日。すっかり書くの忘れてた。
コロナにて。時間の都合で2D吹替え。

レイの出自はちょっとびっくり。ていうかどこかで伏線あってもいいでしょ。それならダースシディアスさん出てきてもまあいいよ。ラストのタトゥイーンでの名乗りとか、副題からやっぱり続編ありそうで。10-12とかそのうち発表あるんじゃね。まあ普通に映像化されてないカノンを映画かするとかでもいいんだけど。ハンソロの前後でのダースモールさんの動向みたいのも面白そう。シディアスさんのプレイガスさんへの反逆からやってくれてもいいよね。とかいう妄想は世界中の人がしてることでしょう。チラシの裏。

毎度思うのだけど、スターデストロイヤーってやわいよね。なんでこんなに沈みやすい艦なのか。攻撃力に極振りなのか。そしてBB-8はあそこからどうやって逃げた。
援軍来るあたりはEP4を彷彿とさせて、スターウォーズらしかった。でも全体的には構成がスターウォーズ以上にディズニーぽく。そうだ、TDLのアトラクション行きたいんだった。でも行くチャンスがない。

また円盤出たら買って観ることでしょう。スターウォーズだし。

2019年10月 9日 (水)

この素晴らしい世界に祝福を! 紅伝説

4DX。コロナにて。観客自分含め2人。占有できなくて残念。とは向こうも思ってたろう。

てっきりアクアの水芸とかで噴き出てくるかと思ってたけど、そんなシーンはなかった。ほぼほぼめぐみん。とゆんゆん。とこめっこ。つまり紅魔族のお話し。

それよりも、JCSTAFFもうちょっと製作期間取れなかったんだろうか。かなり無理して作った感。お金か手間かもうちょっとどうにかしてほしかった。

まあいつもどおりオバカでいいのでは。

2019年9月23日 (月)

HELLO WORLD

映画の方。池袋にて。シネサンつぶれたんだか引っ越したんだかしてたの初めて知りました。まあ今日はHUMAXだけど。

概ね、小説版踏襲でした。
ストーリーは人によってはけもフレみたいに受け取りそう。むしろポリゴンの動きか。
それよりも、データ処理の視覚化ってセンス要るなってつくづく思わされたのだけど、そもそも差し込む必要性から怪しいのだけど入れるにしてもチャリでのカーチェイスでこうなるの?とか、グッドデザインも触れてる物だけといいながら劇中では触れてないところにも色々やってたり、設定飛び越えて場当たり的な演出に偏ってるきらいがあって、どうにもクロニクル京都の設定を咀嚼するのが苦しいのです。とりあえずは空気に触れてるってことにしとくか。それ以前に自動修復狐面とか舞面真面でも匂わせたいのかというか、データ上でそういう表現をするところに、映像化ありきの無理設定の苦労が偲ばれるわけです。それで魅力的ならまだしも、特にそういうわけでもなく。何したかったんだ、野﨑まど。

とまあ文句も際限なく出てくるのだけど、でもやっぱりハッピーエンドをひっくり返してのハッピーエンドってのは、いつもと後味は違えど、手法は野﨑まどでしたね。この一行さんにはやっぱり涙してしまったのでした。

そして今はダッシュエックスの勘解由小路さんの外伝読んでますが、こっちが予想以上に面白くて、いっそ同時上映でこれもやるべきだったのではとか思ってる。まあ読み終えるまではハードル上げ過ぎない方がいいか。でも読み終えたらもう1度映画観に行ってもいいかも。あー、眼鏡のJC勘解由小路さん見たい。

2019年3月18日 (月)

翔んで埼玉

昨日観たのに、すっかり書くの忘れてた。コロナにて。そういえば今日からTOHOが1900円に値上げってニュースあったけど、コロナも1700円から1800円に値上げしてたな。

面白そうでずっと観に行きたかったけど、Fascinateイベとかであんまり時間取れずようやく動けるのがこの日だったくらい。出遅れなので、パンフ買えませんでした。4週遅れじゃ仕方ないか。グッズ売れてるみたいですね。

地名と特色から色々と揶揄してそのデフォルメ世界でのギャップを楽しむギャグ作品だけど、よく作られてるなあと。NACK5で伝説を放送みたいな演出とか、映画化にあたってこういうところも上手く。さすがテルマエロマエの監督向き。この方向性では安定の面白さを発揮してくれますね。

関東ローカル推しだけど栃木成分は弱め。それ以外はそれなりに。埼玉要素は傍から楽しむ側だけど、神奈川県民的に崎陽軒食べたくなりますね。映画的にも埼玉県産サザエとか食べたい。

最近観たい映画並んでるので、また来週も何か観に行けたらいいな。

2019年3月10日 (日)

スパイダーマン:スパイダーバース

シャニマス1stライブのために、南大沢へ。
早く着いたので、映画を1本。ちょうどよくスパイダーバース。

新宿での舞台挨拶のライブビューイング付きでした。おかげで時間余計にくったけど、待ち合わせにピッタリで終わって結果オーライ。
けんしょうとまも兄とやぶさきさん。個人的に映画の舞台挨拶は演者よりも監督とかのが好きなんだけど、まあもりあがってたみたいだしいいんじゃ。でもこんなことなら海老名でLV観る予定にしておけばよかったな。もしかしたらサイン入りポスター当たる可能性もあった?

前情報がヴェノムのエンドだけだったのだけど、観てみたら本編はとてもアルティメットスパイダーマンでした。こんなのよほどのマーベル好きでもなきゃ観てないだろうに。でもまあ面白い。アルティメットを見返したくなったくらい。

円盤買ってもいいな。もしかしたら4DXでもう1度観るかも。

そしてアイマス部の活動として、シャニマス1stライブ(LV)へ続くのでした。元気。

2019年2月 9日 (土)

ファースト・マン

川崎ダイスにて。2D字幕。

今年初めての映画がこれとか、かなり後悔レベル。とてもつまらない。よく寝なかったな。

カレンを失ったニールが立ち直るべくNASAに飛び込んで、導入部こそ技術者として色んな問題を解決していくのかなと見せかけつつも、その後はそんな描写皆無にエリオットやエド、バズたちが死んでいくのを横目にピリピリした中で家族と向き合えみたいなヒューマンドラマ風味に全然魅力的じゃないニールを追いかけるだけ。これをどう楽しめばいいのかと。しかも2時間超え。
次に観る映画はきっと面白く感じることでしょう。

映画後に初すしざんまい、そしていつものようにルノアールで談話。アイマス部的に夢見りあむの話をしたかったけど、あんまり乗ってきてくれませんでした。代わりにFGOACに復帰するかも。しないかも。そんな流れ。

2018年11月25日 (日)

ヴェノム

すっかり忘れてた。昨日、亀有アリオにて。2D字幕。

一言でいえば、エディとアリーに感化されたシンビオートのヴェノムさん、地球のためにライオットと対決。
って、つい先日プレデターで見たような展開なんですけど。流行の兆し?

スパイダーマンは実にディズニー映画のテイスト。今やマーベルもディズニーだしね。レトロミッキーと同じ感じで、ラストにちょこっと。まさかこれ毎回続くなんてないよな。次はカーネイジ?スクリーム?

ところで最近シムビコートを吸ってるので、シンビオートに親近感あります。違うけど。

2018年11月19日 (月)

シャークネード ラスト・チェーンソー

観たのは昨日。後で書こうと思って忘れてた。
6作目にしてついに銀幕上映。まあ本国でもスクリーンでやってるわけじゃないようだし。でも1度くらい最後くらいスクリーンでもいいよね。
4DX/2D。にするにはCGチャチい。でもそんなの最初から求めてないのでこれはこれでいい。

原題はラストシャークネードの模様。
前作もBTTFシーンで終えてたしそれっぽく、ジュラシックとキャメロットと独立戦争とウエスタンと70'sとノヴァ子供時代と20000年後に飛んで、戦ったり色々。何かみんなして蘇ってるし。シャークネードだしそのくらいでいい。聖剣はやっぱりチェーンソーでないとなとか思うけど、あのフロドはホビットなのか。何だろう。

おバカ映画なのに、ラストはやっぱり家族愛。ここはどうしても外せないらしい。エンドクレジットも読めねえ。でもどうせ読まないから、いっそ清々しく。
安定のアルバトロスアサイラムでした。

満足だけど、金払って観に行く作品かというと、その人次第かなあ。

2018年10月 7日 (日)

MEG ザ・モンスター

川崎ダイスにて。2D字幕。

モンパニ好きなら観るでしょ的テッパン。安定のサメ。

導入で思ったよりもディザスター寄りかと思ったけど、ちゃんとモンパニでした。でももっと食われていい。襲われ感は充分なんだけど、しっかり食われた登場人物は少なめ。トシとかいい死に方してるけど、食われてないじゃん。そういう意味で富豪はいい仕事した。そう、そうやってフラグを立ててくれるやつがいなくちゃね。オレこれから死ぬからな!って男らしく。
襲われといえば、ピピンの使い方とかああいうの好き。ビーチに入り込んだときとかもっと襲ってほしかったけど。

劇中では実際何匹のメガロドンがいたんでしょうね。潜水艦かみ砕いて爆発したのも死んでるでしょ。きっとかなりの数のメガロドンがいたはず。とりあえずサメたくさんでモンパニ好きは安心して楽しめるはず。

ジェイソンステイサムは本当にいい役者さんだ。彼のおかげでリアリティが深まってる。メイイン役の子もよいね。

映画観た後で、15年くらい前にとあるシューターがこの小説気に入ってたとかいう話を聞いて、原作付だというのを初めて知りました。唐土資本が入って結構違ってるだろうという話だけど、真相は不明。でもちょっと読みたくなったり。今日はゲーメストアイマス部の会合でもあったので、そんな昔話も交えつつ。

2018年9月17日 (月)

ザ・プレデター

昨日、コロナにて、4DX/2D字幕。12:30の回にも関わらず、客が自分と連れを含めても4人しかいねえ。それでこそコロナ。こういう環境でゆったり観たい。

シャークネード4DXやるの?!って、もう本編前のトレーラーで最高の出オチくらいの勢いだったけど、映画自体普通に楽しめてよかったです。もちろんシェパードさんを観に行かないわけがない。今年も残り少なくなってきたけど、まだまだ楽しめそう。

リメイクという噂があったけど、普通に新作でした。いつものように軍は横柄。どうしてもそういうポジションにしたいのか。しかしますます人間臭くなってきたな。反逆者も追っ手も、宇宙犬も。

メンテされたのか、4DXの水飛沫が強化されてて、途中から水切りました。オンオフできるところはMX4Dよりもいいところ。
プレデターシップでの戦いのあたりとかわりと見応えあり。しかしラストのプレデターキラー、それはもっと秘密にしててもよかったのでは。次回作やる気満々はいいけど、こんなあからさまな装備でやられてもそれこそシェパードさんでよくないかってなりそうだし。

より以前の記事一覧

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

ブログパーツ類。

無料ブログはココログ