« デレステ3四半期の軌跡(4年目) | トップページ | 今月のまとめ(R1/7) »

2019年6月30日 (日)

今月のまとめ(R1/6)

最近、読み止まっていたけど完結してる系の、たとえばビブリアとか読み加えたく思ってるけど、やっぱり積みが多いのでここにそれを記しておいて自分を追い込んでみようとか何とか。

大きな森の小さな密室
創元推理文庫 小林泰三著
やすみんミステリ詰め合わせ。新作ではないけど新帯に釣られて買ってしまった。少なくともクララアリスドロシーよりこっちのが惹かれます。登場人物が少しずつ重なってるので、共通世界なのだろうか。他にも出演作あるらしいので、つまみ食いしてけば、また出会えるかな。
文章で方程式を説明する面倒臭さ。その穴を探すみたいな楽しみ方をしてる層がでかい顔してるのがミステリ界隈を好きじゃない、とは常々言っていること。作家も作家でそれに対抗してパズルの問題作成に走っちゃってるとか。でもこれはそういう方向性じゃなく、それもネタにまあ楽しめよみたいな気楽さがあって、読みやすかったです。バカミス。そういやそんな言葉もあったね。この強引な手法はミステリよりSFの領域なんだけど、やっぱりこの突き抜け感を好きなんだな、自分は。どの話もバカっぽくていいですね。
それから、「!?」誤用が圧倒的市民権を得てしまって正順表記なのに、絶滅の危機に瀕している「?!」を使用されてることに感動してる。創元社いい仕事してる。疑問を強調するからこそのクエスチョンエクスクラメーションなのであって、エクスクラメーションクエスチョンの並びはそもそも意味が通じないわけで。これについてはほぼ講談社による30年に亘る刷り込みの影響だと思ってるけど、言ったところでどうなるわけでもないので、もういいです。でも自分はそれを指摘し続けよう。『○○という単語』といって熟語を指してるそれよりは、まだマシなのだから。※後述

農ガール、農ライフ
祥伝社文庫 垣谷美雨著
落ちぶれた意識高い系主人公が生き残りをかけて農家を興す話。農家の闇の描かれ方がわりと軽いな。ムラ社会、こんなもんじゃないぞ。貸した土地も耕したあとで出てけっていわれるし、後日談あればきっとまた一悶着ある。まあそれを乗り越える主人公ということで。
憩子先輩とそのお母様アヤノを踏み台にして、その先にほぼマジカルニグロ的な富士江に出会うまでがドラマ。そこからはヒロミや静子は対比として鉄板の仕事するけど、そこまでいくともうエピローグなので、富士江との出会いがまあピークかな。魅力あるキャラがばあさん2人というのが微妙だけど、主人公以外のクズがクズらしい生活してる様を見るのはそれなりにモンパニ視点で見てればスカッとしなくもないのかも。いえ言い過ぎましたごめんなさい。
話が面白いわけではないけど、現実見ろよ的教訓譚として一定の価値はあるかなと思ってます。農業モノとか好きなので多少甘く見てるかも。

四つ子ぐらし 1 ひみつの姉妹生活、スタート! / 2 三つ子探偵、一花ちゃんを追う!
角川つばさ文庫 ひのひまり著
施設から連れ出されて見ず知らずの姉妹と共同生活、みたいな。小学校中学年向けに合わせたガバガバな設定も、金と時間を浪費して壮大な道楽でもしてるかのようなSF的な設定として見てみれば、それはそれで楽しめなくもないし。
主役は三風だけど、自分的にはしづちゃん派。小4で不良とか関西お嬢様とかもいいんだけど。ていうかこいつらクローンなんじゃねみたいな勝手な想像でSF脳になって楽しんでたりします。ありえないけど。
しかし三風はあとがきでドジ扱いされてて可哀想です。今のところは別にそんなエピソードないでしょ。作者の頭の中では将来そういう話を書くつもりなのかな。

昭和少女探偵團
新潮文庫nex 彩藤アザミ著
いい世界観作ってます。それ故、いつも言ってるというか上で釘刺したけど単語の誤用が目に付いてしまうという。P189、帯革も格子も単語じゃねえ、熟語だ。せっかくいい設定で世界が作られてるのに、現代の言葉の乱れを、この時代に、しかも茜でなく潮が、それを言うな。新潮にはそこらのラノベ編集部よりもっとマシな校閲校正要員いるだろ。
という文句もあるけど、やっぱりこういう世界好きです。レトロな雰囲気の中でJCたちが手に余りそうな問題に挑んでいくの。そんなの好きになるに決まってるじゃない。文学両親に手を焼きつつも天真爛漫でスールに憧れてる茜と、川島芳子の異母妹ボクっ娘の潮と、電気ガール才媛環と、落ちぶれた華族のお嬢様紫と。なおミステリーとしては特に感心させられることもなし。トリックがというより落差が、なんだろうな。あくまでもキャラありき。だからこそ好きといえるのだけど。
紫が参入したところで終わってるので2巻あると思うけど、半年積んでてまだ出てないので、あんまり筆が早くないのか、あるいは1巻打ち止めか。できれば3冊くらい出てほしいかな。作中1年で1冊、紫が期限切れで嫁にいって脱退、はい終了、ってのがきれいだと思う。さらに続編やりたいなら戦後に移って娘たちの話でスピンオフとか広げてもいいし。

――ねぇ、柴田
スカイハイ文庫 川瀬千紗著
楓のとこはいらんかなあ。文学的には。いくら線をつなげるためとはいえ、中2の遺書としてはやりすぎ。匂わすくらいでも充分だと思うよ。施設つながりとか個展つながりとかそれで充分じゃない。何より楓が可哀想だし。

満月の夜、君と――
スカイハイ文庫 川瀬千紗著
柴田よりはこっちのが好き。オカルトだけど。マグパイ。人物紹介でマスターがいるのが意外というかネタバレ的にも思える。オカルトラブストーリーはいつの世も定番なのでしょう。深森もいいけど、マスターの息子だな。結局父親とマスターか。

ストライク・ザ・ブラッド 19 終わらない夜の宴 / 20 再会の吸血姫
電撃文庫 三雲岳人著
先の読書に続いてまた深森が出てきたのでした。仕組まれた読書順だな。前巻
最後におまつりやって終わらせますよー、な流れなので、心安らかに読めます。20巻はやっぱり無駄に長い。これで終わらなかったら二度と三雲作品読まないね。早く終わってハーレムエンドでいいですよ。

魔法少女育成計画 episodeΔ
このラノ文庫 遠藤浅蜊著
前巻
本編以外あんまり興味ないので。最後の描き下ろし2編はまあ新鮮なんじゃ。フレデリカあたりの弟とかですかね。そんな期待で。

6月は10冊。昭和少女探偵團推しで。後半はWhite Vowsに福岡公演とミリづいてたので、読書熱下がり気味。

« デレステ3四半期の軌跡(4年目) | トップページ | 今月のまとめ(R1/7) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デレステ3四半期の軌跡(4年目) | トップページ | 今月のまとめ(R1/7) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ブログパーツ類。

無料ブログはココログ