« ファースト・マン | トップページ | スパイダーマン:スパイダーバース »

2019年2月28日 (木)

今月のまとめ(H31/2)

亜里沙先生がキャラバン上位報酬だったので読書量減っても仕方ないのです。

京洛の森のアリス
文春文庫 望月麻衣著
後から買った太秦荘を先に読んでしまったので、こっちも処理、のつもりで。そのくらい積んでた1冊。
パラレル京都で幼少の出会いをもう一度、ただし人間ではない。そんなファンタジー。この人の描く主人公は毎度毎度薄いなあ。感情移入しづらい。世界に入り込めない。それでも話さえ面白ければと思うけど、そこまででもないし。何がつまらないというのでもないけど、魅力不足は否めず。2巻出てるけど、あんまり買う気しません。

彼女のL~嘘つきたちの攻防戦~
ファミ通文庫 三田千恵著
嘘を見抜ける主人公遠藤くん。嘘を付かないヒロイン1川端さん。嘘まみれのヒロイン2佐倉さん。
その能力ゆえ嘘を嫌う。そんな設定の上で学園ミステリ。最初は川畑さんの友人の死因を探るところから。進むにつれて家族のことや川畑さんの過去や佐倉さんの悩みに触れ。生い立ちと重ねてくる流れとか、着地点でのヒロイン選択がこの形なのとか、秀逸といっていい。嘘が分かる点をもう少し現実味ある感じに説得力ある形で表現できていたら、ラノベだなんかいわず、一般小説として推せる1冊になれたなあ。ともあれ充分に高評価。面白いです。久しぶりに手放しで褒めれるくらいのいいラノベに出会えた感。この作者の他の作品も読んでみたいところ。

今月はあとキングキラークロニクルの続きとか、アムリタとか舞面真面とかまた野﨑まど読んでる感じなので、新規に読んでるのがこの2冊のみという。問答無用で彼女のL推し。半年積んでたのを後悔するくらい。独立エントリにしてもよかったけど、2冊だけでそこまでするのもなーと思ったので、かいつまんで。気持ち的には独立エントリ級。読むといいですよ。

« ファースト・マン | トップページ | スパイダーマン:スパイダーバース »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H31/2):

« ファースト・マン | トップページ | スパイダーマン:スパイダーバース »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

ブログパーツ類。

無料ブログはココログ