« ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 / 2 / 3 | トップページ | ファースト・マン »

2019年1月31日 (木)

今月のまとめ(H31/1)

1月はドラガリも維持しながらデレステもSSSになりました。ミリシタもそれなりに。代わりにTV録画&エンコードから遠ざかってます。JOJO見てないどころか、アイカツフレンズさえ見なくなった今日この頃。それでも今年、ヴィンランドサガだけは絶対に見たい。読書と映画はこんな調子でマイペースかな。

江ノ島西浦写真館
光文社文庫 三上延著
ビブリア最後まで読むのを面倒くさがって単発物を。
亡くなった祖母の城を整理するべく派遣されてくる孫主人公。面倒な過去を見せながら謎を解きつつ過去を乗り越えて行く方向へ話を進め、てるけど、その行き着いた先のこの投げっぱなしエンドはどうよ。しっかり締めてくれ。

ガーデン・オブ・フェアリーテイル 造園家と緑を枯らす少女
集英社オレンジ文庫 東堂燦著
寓話と小説のあいのこ。なぜ舞台を現代新潟にしたし。妖精さんは不思議な存在ということで。

カサンドラ 炎をまとう女
マグノリアロマンス ミア・マーロウ著 荻窪やよい訳
ロマンスかと思いきやファンタジーかと思ったけど、やっぱりロマンスでした。恵まれし子らの学園でフェニックス(能力的に)とウルヴァリン(性格的に)がいちゃつくようなお話。干渉を受けない設定を、ASPに対しても発揮しててもよかったんじゃないかなあと思うんだけど、精神面だけなのかね。続きもあんまり期待してないけど、タイミング合えば読まなくもないかも。レーベル的に。

地球最後のゾンビ -NIGHT WITH THE LIVING DEAD-
電撃文庫 鳩見すた著
アリクイとかも読んでみようかとは思ってたんだけど、機会に恵まれず、代わりにたまたま見かけたゾンビを買ってはみたけど半年積んでたとかそんなの。
かゆうま言いたかっただけではないのかというくらい内容が薄かった。というかゾンビ設定の作り込みが弱い。最近、設定の作り込みに目が向きがちな自分です。書きたいのは設定ではなくドラマなんですてことなんだろうけど、それはパラスアテナですでにやったことでは。ディストピア物でまだやり残しがあったということかしら。BMGくらいしか要素増えてない気がするけど。耐性あったということで話進めながら実は病状弱くてなりきらなかったとか、じゃあ心臓止まって動いてるの何だよとかそういうことになるからやめてほしいんですよ。それだけです。次回、新作見かけても買わない可能性増えたかなあ。パラスアテナではもうちょっと将来性期待したのだけど。

ひげ加えて7冊。実質5冊。今月はひげでいい。元々去年の年間推しにしてもよかったくらい。でもやっぱり最後にして最初のアイドルだったかな。ひげはどうしてもラノベの枠の中では、な感じだし。

« ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 / 2 / 3 | トップページ | ファースト・マン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H31/1):

« ひげを剃る。そして女子高生を拾う。 / 2 / 3 | トップページ | ファースト・マン »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ブログパーツ類。

無料ブログはココログ