« デレステ 半年の軌跡(3年目) | トップページ | レディ・プレイヤー1 »

2018年3月31日 (土)

今月のまとめ(H30/3)

SSSのためにラノベ率上げておきました。そもそも冊数少ないけど。

薬屋のひとりごと 7
ヒーロー文庫 日向夏著
前巻
久しぶりに面白い巻だった。医官付き官女として宮殿戻り。新しい同僚が普通なら避けそうなところ、猫はまあ心が広いことで。
基本的には新キャラ紹介と次の展開への下拵え。巫女はその出汁。よく描けてます。壬氏がんばれ。多分読者はみんな応援してる。

幼女さまとゼロ級守護者さま
GA文庫 すかぢ著
これは擁護できないや。無駄に改行多いのはADVウインドウ表現に寄りすぎだし、そうでなくても理屈先行で、面白さが置いてけぼり。すかぢの人はインプットがんばってるのは分かるけど、アウトプットが形になってないですね。twitter追いかけるだけで、作品は、特に書籍はもう見なくていいや。エロゲは場合によっては触ることもあるかも。今さらそっちに戻るとも思えないけど。

イレーナ、失われた力
ハーパーBOOKS マリア・V・スナイダー著 宮崎真紀訳
前巻
最近の舶来小説で一番お気に入りのシリーズ。とにかく個の独立性が際立ってよく。
今回、ジェンコが主役の一翼を担ってるのがちょっと面白い。かわいい暗殺者もよく動くし絡む。軍曹は影薄かったけど。
ヴァレク側は現況にダブらせるように回想シーンを毎回差し込んでくるのが、今回のテーマっぽいけど、最高司令官がますます超人化してて、とすると前国王もそれはさぞすごかったんだろうな。この程度の描写で終わらせるのもったいないくらい。ヘッダについても今後また書いてほしいかも。
この先、アイリスと対決することになって、シティアが荒れそうな予感。逃げた連中も絡んできそうだし、続刊に期待しましょう。自分に英語版読める能力があればよかったな。

ワンワン物語~金持ちの犬にしてとは言ったが、フェンリルにしろとは言ってねえ!~ 1 / 2
スニーカー文庫 犬魔人著
タイトルから内容に、ここまで差分のないパターンも逆に珍しいのかも。何か1巻読んでる最中に2巻出たのでそのまま流れて読んでしまったけど、冊数嵩増しの意味合いが強いよなあ。もちろんつまんなかったらそんなことするわけないので、ちゃんと楽しんで読めはするのだけど。だからといって人に薦めるかといったらまったくNOだけどな。このジャンルはそういうジャンル。

ラスボスちゃんとの終末的な恋愛事情 2
GA文庫 伊藤ヒロ著
前巻
ずいぶん積んでたけど、この調子だと3巻出ないんだろうな。出てたら追われてこれも読んでたと思うし。理由合って積んでたわけじゃないけど、読まなかった理由もそれとなく。

りゅうおうのおしごと 8
GA文庫 白鳥士郎著
前巻
番外の短編収録しながら供御飯さんのお話。纏めてくれて助かります。そんな付録番外のために別メディアとかもう2度と買いたくないので。
供御飯さんは可愛いんじゃないですかね。でもだからといって、8巻?そんなに?本編差し置いて?と思うくらいにはお腹いっぱいなんですよ。
あと、あとがきで身の回りのこと書く比重がこのところすこぶる高まってるけど、お涙頂戴からのろけに進んで、今はまだ筆者への信頼がそれほど落ちてないから許せてるけど、これ他の作家がやってたらノータイムで投げ捨てるものですよ。身辺のことよりも作品について語ってくださいな。

7冊。薬屋とイレーナが新展開で、これは先が楽しみ。他も続刊読まないとはいわないけど、何を措いても読みたい本ではないわな。

そろそろ紙硝子真実に手を付けたいところ。SFに寄ってUSJとかアルテミスとかに走るのもいいかもしれない。読みたい本はたくさんあるのよ。デレステを押しのけてまで読むほどの時間がないだけで。

« デレステ 半年の軌跡(3年目) | トップページ | レディ・プレイヤー1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/66563137

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H30/3):

« デレステ 半年の軌跡(3年目) | トップページ | レディ・プレイヤー1 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30