« ブレードランナー2049 | トップページ | バビロンIII -終- »

2017年11月30日 (木)

なれる!SE 16 2年目でわかる?SE入門

電撃文庫 夏海公司著

読んだの11月初旬だけど、個別エントリでアップしないまま月例に混ぜる流れになりつつ、でも何となくさみしいのでやっぱり最後くらいは独立させとこう。そのくらいには好きなシリーズ。好きというか、テリトリーだった。タイミングも、読む直前に品川アレアにも行って話してきたてのもあって、まずまずタイムリーでしたというおまけ付き。

4巻5巻6巻7巻8巻9巻10巻11巻12巻13巻14巻15巻
1~3巻はi-revoサービス終了のためリンク切れ。あっちは保存すらしてない。さらに前のサンリオブログはサービス終了前に保存しといたけど、当時はラノベなんか読んでなくて映画ブログだったしな。

スコア争いしても今のままじゃどう攻略しても勝ち目ないから、別の土俵で戦ってやるわって、相手の攻略を台無しにしますよ作戦。ルールの外で戦うことがゲームでなくビジネスですよというありがたい啓蒙作品。日本社会への皮肉。
次世代のデファクトスタンダード作ってしまえというのは、まあこの作品らしさは出てると思います。工兵については。他はみんな切られちゃったかな。立華でさえほとんど出番ないし。何よりも終わらせることを優先させた結果なんでしょう。ラノベとしてはちょっと弱いです。
締め方も貧弱だったなかあ。もう少しキャラ前面に出した方がそれっぽく満足感出たんじゃないかと思わなくもないけど、最終巻までついてきた読者は多分自分同様ネットワーク従事者だろうとも思うので、キャラなんか二の次と思ってるかもしれない。個人的には、総務ルートからスルガ乗っ取るくらいが一番いい落としどころだったんじゃないかなあと思うのだけど、でもそこまでページないか。せめてもうちょっと夢持てるエンディングであってほしかったくらいは、言っておきたい。そんな締め方。

あとがきは生々しいです。夢がないのは仕方ないとしても、最後くらいはすっきり終えてほしいかな。既刊の中でもかなりどんより。精神状態あまりよろしくなかったんじゃなかろうかと心配になります。でもこんな業界ラノベはさすがにもう出てこないだろうな。
なお、人間性能高い人は少なくとも日本でSEとかやるもんじゃないというのは自分も同意します。自分の世界を作れないという意味で。まさにIT土方。自分みたいにやれることの少ない低能には必要な職種ですけど。一人親方ネットワークSEってすごく多いけど、横のつながりから仕事もらえるかどうかがすべてです。派遣は稼ぎにならないのでとにかく人脈作りましょうな世界。シリコンバレーとか行くような高性能な人はどうぞお好きに。

16冊の弊害はどうしたって隠せない。せめてキャラかストーリーかどちらかだけでも筋を通してほしかった。工兵が次の一歩に進みましたというには足踏みなエンドってのはやっぱり微妙。プラットフォームとしてのラノベ限界をまた突きつけられてしまったのでした。大雑把にそんな感想。それはそれとしてお疲れ様は言っておきましょう。
メディワから出てた別作品も買ってあるので、そのうち読んでみます。

« ブレードランナー2049 | トップページ | バビロンIII -終- »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/66110229

この記事へのトラックバック一覧です: なれる!SE 16 2年目でわかる?SE入門:

« ブレードランナー2049 | トップページ | バビロンIII -終- »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31