« 今月のまとめ(H29/10) | トップページ | なれる!SE 16 2年目でわかる?SE入門 »

2017年11月11日 (土)

ブレードランナー2049

海老名にてヤマノススメリピートと2本立て。複製原画第2弾いただいてきました。あおい。

3D/MX4D吹替。4DXと違って噴霧off機能ないんだな。3Dメガネと相性悪い。そして3D映画は暗い。自分はそこまで気にするタイプじゃないけど、友人はかなり気にするので、またあとでその話になるなと思いながら見つつ。

全編通しての感想として、まずジョイかわいい。上手く画像処理されてるなー。29歳の女優さんとはとうてい思えない。

タイレル社からウォレス社になってレプリカント4年縛りがなくなったらしい。前作って宇宙開拓のために奴隷扱いされるレプリカントに人権をみたいな作品かと解釈してたのだけど、今回宇宙のうの字もなかったし、貧民扱いぽいけど奴隷ではなくなってた感じが30年の差分かなと観始めたのだけど、そういう意識以上に社長の野望を阻止しろみたいなお気楽大作的方向に舵切ってて、これはブレードランナー名乗っていいのかって思ったのでした。
タイレルの社長は奴隷扱いしてたかもしれないけど、まだ見ぬ未来を夢見て、みたいな視点があったように思うけど、ウォレス社長はぼくのかんがえたりそうのみらい、みたいな視点で動いてる感じで、SF的には前作のがよかったと思うのですよ。今作のSF要素はむしろジョイ。レプリカントよりもウォレス社はこっちの方面でいい仕事。

最初に殺されたネクサス8の生き残りとか、ジョイの優しさとか、前作の社長秘書の子を追う流れとか、記憶のミスディレクションで木彫りの馬をちりばめてるのはよいけど、ACGTデータ重複発覚あたりから無菌室博士か売春婦の2択かなと見せつつ、デッカード登場からそっちに行きつくとしたら、この無菌室が焼却炉の本体?みたいな方向に進んだのは納得しがたく。
デッカード確保が目的とはいえあの流れならジョイ破壊と同時にK殺せよって思うし、だから後で海で戦うハメになるんだよってつっこむしかなくなるし、そもそもデッカード連れ去られた後で売春婦に連れられてレジスタンスに迎え入れられたところから本来はそっちに流れるのがブレードランナーじゃないのかと思ったわけで。
でもブレードランナーって名乗ってなければこれはこれで見られる内容ではあるとも思ってはいるんですよ。単にブレードランナーじゃないというだけ。

普通にSF要素入りの娯楽大作って思うのが正解でしょう。
SF要素的にもプジョーの車とかよかった。シドミードのお仕事なのかな。
とりあえず長いです。もう少し上映時間短いとよかったなあ。

« 今月のまとめ(H29/10) | トップページ | なれる!SE 16 2年目でわかる?SE入門 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/66032014

この記事へのトラックバック一覧です: ブレードランナー2049:

« 今月のまとめ(H29/10) | トップページ | なれる!SE 16 2年目でわかる?SE入門 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31