« バーフバリ 伝説誕生 | トップページ | ワイルド・スピード ICE BREAK »

2017年4月30日 (日)

今月のまとめ(H29/4)

なかなか読書ペースが戻らない。それが本来の実力ということ。

薬屋のひとりごと 5 / 6
ヒーロー文庫 日向夏著
前巻
行先は西安ぽいけど実際には西寧市あたりが適当かなとか勝手に思ってますが、フィクションなのであくまでもイメージだけ。時代だって宋代くらいが土台かなとかてきとーに思ってますし。碁にコミあったりもするけど。
猫行く先に事件あり。そういうところはミステリのお約束。事件じゃなくちょっとした謎に関わる程度に留めてもらっていいんだけどな。蝗はいいけど、白娘々や占者まではちょっとねえ。凶作まで操つる工作員との力比べってのは、キャラのコンセプト的に猫の手にはちょっと余りはしないかと。芋の話くらいでちょうどいいと思うよ。まあそれが凶作と話がつながるのだろうから、まあよく脚本組み立ててるなって感心はしますけども。
それに猫はもっと打算で動いていい。目先の薬の材料に踊らされろ。据えられたら壬氏がもっと可哀想なことになるし、簡単には自由な動きもできなくなるだろうけど、それはそれで後宮の中で面白くできそうだし、何よりそっちを見たい。このところ壬氏よりも馬閃や羅半あたりのがいい動きをしてるので、話の広がりを考えたら正直猫はもう据えちゃっていいと思うんだ。猫は持ち込まれる側。積極的に巻き込まれにいかなくていい。
いい作品だと思うけど、そろそろ飽きが首をもたげ始めてきてるので、やっぱりどこかで綺麗に締めてほしいなと思うのです。

まるで人だな、ルーシー
角川スニーカー文庫 零真似著
第21回スニーカー大賞優秀賞。何を以ってして受賞したのかさっぱり。テンプレラノベではあまり見られないこねくり回し方からにじみ出るオサレ感が選考員の琴線にでも触れたか。
箱が人から要素をもらって人らしくなってく、要素を渡した人側は人らしさをなくして、その齟齬から心の動きを表現してみようとかそんなの。のわりにメッセージが伝わってくるでもなし、要素のモジュール化を寓話的に処理するのもちょっと無理筋。そもそもルーシーが何だったのかもよく分からず。

異世界拷問姫 3
MF文庫J 綾里けいし著
前巻
相変わらず薄っぺらい。エリザベートを救うべく皇帝として起つみたいな流れも、色々とやりたいことは伝わってこないわけでもないのだけど、作者の基本姿勢が掘り下げに無関心なようなので、そういう楽しみ方はほぼ無理め。そもそもお話を読むよりも、バトルとかキャラのかけあいを見て楽しめ、な作品なので、そんな考え自体が無粋。よくいえばアニメ向き。そんなところもMFかなあ。MFだ。

誤解するカド
ハヤカワ文庫SF 大森望・野﨑まど編
正解するカドに絡めて売られては仕方ない。
何作かははるか昔に読んだものもあり。関節話法とか今読んでも面白いな。ついでに家族八景とか読みたくなってくる。なるだけで読まないだろうけど。
第五の地平はついこの前読んだばかりだしまあ、ね。

終末なにしてますか?もう一度会えますか? #4
スニーカー文庫 枯野瑛著
前巻
ナイグラートの出番が多めだったのが個人的注目点。とはいえ本編で特に刺さるものはなかったです。でもあとがきが。5巻に期待しないわけにはいくまい。獣も星神も救ってこその本シリーズだと思ってるので、広げた風呂敷をまた小さくされてちまちまと4冊も続けられても楽しめなかったんですよ。スウォンやかーま、いーぼあたりは期待大、下手したらネフレンやクトリどころかリーリァまでくるかも。5巻さん、頼みますよ?

あと、単発のりゅうおう。計7冊。10冊読めてない。

今月のチョイスはカドにしときますか。いつまでもSFって新鮮。

« バーフバリ 伝説誕生 | トップページ | ワイルド・スピード ICE BREAK »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/65215741

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H29/4):

« バーフバリ 伝説誕生 | トップページ | ワイルド・スピード ICE BREAK »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30