« デレステ 半年の軌跡(2年目) | トップページ | キングコング:髑髏島の巨神 »

2017年3月31日 (金)

今月のまとめ(H29/3)

少ないながらもいい本が多くてよかった的。

真行寺美琴のぬいぐるみ事件簿
ポプラ文庫ピュアフル 飯田雪子著
タイトルからいくつか事件を解決してくのかなと思ってたら1本だけでした。しかも事件でもない。というかそれもおまけでしかなく、実のところハートフルファンタジー。それは好みなのでよし。文章も読みやすいし。その分内容も薄いけど。でも美琴いい子だし、キャラにすんなり入っていけてストレスなく読めます。
個人的によいなと思ったのは葬式からのスタート。読みやすく入り込みやすかっただけでなく、この構成の汎用性の高さはどうよ。

ガールズロボティクス
集英社 白木秋著
ロボについて一家言ありそうな設定でありながら女性アンドロイドって表現する主人公に疑念。そこはギュノイド(ガイノイド)でしょ。もう最初も最初から悠の薄っぺらさを露呈してるわ。モーターやベアリングに対しての薀蓄みたいなそういう部分よりもまず根っこをしっかりさせようよ。これじゃ久陰とさして変わらん。久陰たちが足りてないのはやむなしだけど、おかげで足りないだけでなくマイナスといいたい。もうちょっと土台作りがんばろう。先生の無茶ぶりも無理筋だし、しかもそれを出てきてすらいない理事長にまで背負わせるのはもっと苦しいし。大会での勝敗の賭けとその後も放り投げてるし。その前にライバルにもなれてない。出す意味ない。その程度ならモブでいい。
題材的には期待したんだけどな。中身が伴ってませんでした。フォロー入れるなら、読みやすくはあった。くらい。

ぼくの映画。~学園一の美少女をヒロインにキャスティングしてゾンビ映画を撮ろう~
メディアワークス文庫 金子跳祥著
汚物扱いの映画愛好会の連中が、ゾンビ映画作ってちょっと見直される話。
主人公の脳内で何かあるごとに映画を引用する表現、分からなくはないけど結構うざい。もうちょっとナチュラルにいけると思うんだけど。一番マシな主人公でそれだから、他の連中含めてキモがられるのは当然。そういう意味ではポジション間違えてない。それがいいかどうかはさておき。ヒロインは逆にいい子すぎ。訳の分からない連中相手に、微妙な脅しもあったとはいえ、よくもこんなにまっすぐ向き合ってくれたもんだか。ゆえにヒロイン。
が、この作品読んで何か思うことがあったわけでもなく。何かを読みたい人に響く内容ではないし、読み捨ての1冊を求める人にはそもそも響く響かない以前。それって作品として世に出す必要あるんだろうか。売れっ子作家が飯の種にというならそういう売り方もありだろうけど、中堅以下がやってもどうしようもないよね。つまりレーベルのラインナップを嵩増しするための1冊なんでしょう、出版社的に。

三国志外伝
文春文庫 宮城谷昌光著
この人の書いた本編読んでないけど、軽く読めそうだったので買って積んでた1冊。ちょうど三国志大戦4も遊んでることだし。
小説というより注釈入れながらのドキュメンタリー風で、古風な文体かも。おかげで読みやすいです。三国志好きなら楽しめないわけなし。いつか本編読んでもよいかも。最後に読んだのは陳舜臣のだったっけかな。ここ10年は三国志物読んでなかった気がする。あ、人形劇は5年くらい前に通しで見たっけ。

薬屋のひとりごと 3 / 4
ヒーロー文庫 日向夏著
前巻
それっぽく匂わせてはいたけど、国母から狩りの話ですぐに進展させてきたのは意外。ラノベって意味もなく引っ張る傾向にあるし。ホントいい作品だ。そして、ますます壬氏のポジションが可哀想になってきます。もっといい扱いにしてあげてもいいだろうに。おかげで高順と水蓮がとてもひどい人物に見えてきました。猫は最初からそういうキャラなので仕方ないけど。
4巻ももちろんよいのだけど、いくらかやっつけ感もあるような。いあ、プロットとしてはシリーズを始める前から用意してなきゃいけないくらい念入りだとは思うのだけど、展開の方が。設定の上で胡坐をかいてしまったとでもいうような。せっかくここまでつなげてきたのだから子翠及びその周辺はもうちょっと丁寧に書いてほしかったなあ。子昌の使い方がちょっとよくないように思う。ポジション的に愛されてないのも仕方ないかもだけど、そこだけ表現が物足りなくて、周りもそれに引きずられた感じ。
狐になってもまた戻ってくるのかしら。演技に演技を重ねてもそれはいいと思うし。これで離脱だといくらかもったいない気もするしね。でもそれよりはまず壬氏かな。猫がいくら逃げるとしても、話が進んだからには進んでくれなくちゃ。こんな部分だけラノベのお約束に填めなくてもいいです。

どうにか6冊、ノルマ超え。来月は倍読もう。
面白さでは三国志も薬屋もよいけど、あえてぬいぐるみを推しておこう。埋もれそうな作品こそ拾い上げてあげたい判官贔屓心。

« デレステ 半年の軌跡(2年目) | トップページ | キングコング:髑髏島の巨神 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/65091651

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H29/3):

« デレステ 半年の軌跡(2年目) | トップページ | キングコング:髑髏島の巨神 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31