« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

今月のまとめ(H28/4)

今月は9冊。3日に1冊より少ないペース。のめりこめる作品に出合いたい。

S20/戦後トウキョウ退魔録
NOVEL0 伊藤ヒロ・峰守ひろかず著
先月からの続きで伊藤ヒロ作品。
世に出た作品のルーツを捏造する遊び心たっぷりなところは伊藤ヒロっぽいというか、要するに丁寧な民明書房とでもいうか。
矢追純一や雪男、E・Tやモスラや、他もね、おふたりとも楽しんで書いたんだろうな。その姿勢でいてくれる限り読み続けると思いますよ、えぇ。

トリモノート
新潮文庫nex 森川智喜著
未来の道具を使って岡っ引き活躍な、ドラえもん的デザインの娯楽小説。誰もいない光る家なるタイムマシンから色々道具拾ってきて、それを使って事件解決。といってもせいぜい20世紀の道具。タイムマシンの所有者は出てきてない上で、使用法違わずに使いこなしてるところも見せ場の1つだけど、大っぴらに使ってないのであくまでもそちらは脇役で、人情話がやっぱり軸なのかな。
毒にも薬にもならない娯楽小説かなあと。ひと山いくら。

うーちゃんの小箱
角川スニーカー文庫 和見俊樹著
第20回秋スニーカー大賞、優秀賞受賞作。らしい。知らないうちに春秋式になってた。大賞も15回を最後に出てないのか。まあそっち方面まるでチェックしてないしな。
授賞式から始まるオレツエー感とかそれで満足していない意識高いアッピルとか、開幕から設定とか展開なんかはラノベなのだけど、心理描写だけ切り抜いてみると文学寄り。視点も一貫してるし。おかげで霧姫以外のサブヒロインたちが非常におざなりな扱いです。まあそれでこそ脇役なんだけど、じゃあラノベって体はどうなのかと。
もうちょっとラノベから足を抜いた感じで、深月とかあんな唐突な登場にせずに、玲央も霧姫のためのダシと割り切らずにもうちょっと気持ちが見える描写ならというか主人公の交友関係をもうちょっとリアリティ持たせられてたら、多分もうちょっといいなと思えたんじゃないかなというくらいに、とにかく主人公の思考と頭の中のうーちゃんと、そこを貫いて書かれていたところは受賞作かなと思ったのでした。あと作中で十角館推してたところもそれっぽさがあるようなないような。ていうか自分が未だに綾辻読んでないので、そのうち読まなきゃダメなんだろうなあ、と。
少なくともここ数年のスニーカーの受賞作の中ではまだいい方だと思えたので、今後の活躍に期待するとしましょう。

呪術法律家ミカヤ
ダッシュエックス文庫 大桑康博著
第2回集英社ライトノベル新人賞。法廷物って厳しい目で見られがちなので、おそらく作者はマゾだと思います。
アイスフェルドすげーですべてが解決しそうな背景が、法廷物というかミカヤの魅力を半減させているというか。証拠の引き出し方も弁もあんまり魅せてくれてない。どちらかといえば圧倒的アイスフェルドのファンタジー要素に偏った作品。
その物足りなさもダッシュエックスらしさといえばそんなもんかなと思えるので、まあ長い目で今後の作品に期待するのがきっとよいのでしょう。

イレギュラーズ・リベリオン 3 偽りの姫君
GA文庫 尾地雫著
前巻
リースの妹。リースの正体が判明したところが一番大きいはずだけど、そんなことはお構いなしに文法通りの異能学園ハーレム。ラノベとして読んでる分には文章も読みやすくそれなりに楽しめてるのだけど、アニメ化したらひと山いくらの糞アニメになるであろうこと疑いなし。この設定を選んだ時点で仕方ないね。
ただ、タイトル的には過去メンバーより今のメンバーを持ち上げないといけないと思うので、今巻はちょっと微妙ではないのかな。

魔法少女育成計画episodeφ
このラノ文庫 遠藤浅蜊著
前巻
小編外伝集2。アニメ化も決まったことだし早いとこまとめてほしいものだけど、様々な理由でそういうわけにもいかなさそうなので、こんなワンクッションもまああってもいいのかと。でも無印のねむりんみたいにフォロー必須みたいなキャラはrestart以降それほどいるわけでもないし、ホントはなくてもいいなと思ってます。それは自分の視点。そもそもテンポのよさこそがこの作品の一番の長所なわけで、寄り道なんかしない方が作品の質は上がると思ってるんですけどね。
そう思ってはいますが、トットポップのそんなキャラ性や魔梨華のそんな面、その他ももちろん、色々書いてもらえれば膨らむには膨らむんで、あくまでも外伝と思えばやっぱり楽しみではあるんですけどね。上手くオチも付いてたので、構成的にはまあいいんでは。

ロボット・ハート・アップデート ~サンタクロースの友達~
KAエスマ文庫 門倉みさき著
第5回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作。読むまではアニメ化決まってるんだろうなって思ってたけど、読んだ後はいくら京アニでもどうだろうかと思ってる。そもそもコッペリアからしてされてないわけだし。
いい話。というひと山いくらの物語。いい話を求めるならどうぞ。どこかで見た内容だろうけど。
それはそれとして、属人的なインフラって設定はやっぱり無理があるんですよ。その3人がいなくなった後のことは考えずに研究とか実用化してるんですか、その世界の研究者や政治家は。ロボットや3姉妹云々よりもそういう背景をもうちょっとフォローしてほしいと思うのです。
あとまあユイカとか途中完全に消えてるし、正鷹の薄っぺらさだとか、色々と登場人物のバランスもよくないですね。それでもアニメになったら見るでしょう。それが京アニクオリティ。

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #05 / ~もう一度だけ、会えますか? #01

個別のすかすか足して今月は9冊。
今月のお気に入りというならS20だけど、通してすかすか読んでもらったらそれが、って感じです。ああいう切ないお話しに弱いのです。一歩間違うと瞬時にクソ化するからお涙頂戴は難しい。よく最後まで踏み外さずにいてくださいましたね。

5月は少なめになりそう。まあ時間の取れる限り。

2016年4月24日 (日)

劇場版 響け!ユーフォニアム~北宇治高校吹奏楽部へようこそ~

三国志大戦4のプレロケテついでに映画も。ちょうど封切りでお手頃な作品が。

TV版のダイジェストからその後のストーリーまで。原作1巻しか読んでないけど、多分2巻までやったのかな、これ。そして秋に3巻?までやる予定の模様。

まず序盤。入部時の副部長にからまれるくだりだとか、幼馴染のあおい姉さんとか色々カットされてるのは、シーンはカットされてもそれは仕方ないと思うのだけど、このパンフの書きっぷりで存在さえ抹消するのはちょっとどうかと思ったんですが、そんなこと思ったのは自分だけですかね。原作どころかTVともまた違う世界線と考えるのが正しいんでしょう。とすると葉月やみどりが軽すぎて、やっぱり可哀想なんですけど。完全にくみこと高坂さんの2人の世界。それが劇場版。それはそれでまあよし。

後半は普通に青春モノ。そういうカタルシスがあってこそ、作品足りえますねと。

帰りの電車で読んだパンフがやたらYMO推しだったので、うんライディーンいいよね、と自分も同意するように納得してたのでした。劇場版だからこそ音楽面に力を入れる、それは正しい姿勢だと思います。

とかいってるけど、実のところ別段好きな作品なわけでもなくて、でも京アニと思えば次回も観に行くことは間違いないでしょう。

2016年4月21日 (木)

秦野ゲーセン巡り その5

連載最終回、その5は郊外のお店群。最近まで営業してたお店もあり。

バッティングセンター
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'57.5%22N+139%C2%B014'29.4%22E/@35.382635,139.2409665,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

1バッティングセンターとだけ呼んでたけど、どうやらマルコウという店名だったらしい。現在はラーメン屋敷地。そのラーメン屋も5回くらいモデルチェンジしてるけど。今は豚骨軍団とかいうお店。しかしバッティングセンターどころかスリーエフもカラオケも面影ないな。

曽屋高のすぐ上だったので、見に行ったりすることもあったけど、基本的に反対方向なので普段使いではなく。むしろハタチ頃、カラオケ屋プルトップ時代が一番通ってた。

あんまり行ってないので知人に話を聞くと、この店の話題は熱血高校ドッヂボール部のことばかり。みんなくにお君好きだな。ギャプラスとかイシターなんかも置いてあったと思うんだけど。

宝島
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'31.6%22N+139%C2%B012'18.0%22E/@35.375451,139.2043198,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_7のちにOLIO。現在はHACドラッグ。
OLIOが潰れたのは一昨年の9月末なので、ほんの1年半前。わりと最近まではあった。

郊外型店としては秦野で一番賑わっていたお店。246沿いの立地はやはり強かろう。

WCCFもあったし、弐になってからだったけどアヴァロンも入ってくれたし、QMAも当初は市内で唯一の設置店だったし、一応音ゲも揃ってたし、昔にしても格ゲーもシューティングもアクションも普通にあって、一見すれば普通のお店。まあオラタンが5.2だったのはちょっと微妙ではあったけど。シャル2でさえ5.66入ってたしな。
でもメンテはことごとく最悪で、特にプライズのバネの弱さは異常なほどだった。何をつかんでもそのままするりと抜けるし、とるとるキャッチャーも根元からがっちり入ったのがへなへなと負けるような状態。この店でプライズ遊ぶやついたんだろうか。

そもそも車で行ける郊外型店としては東は厚木、西は小田原まで半径20kmは競合店が存在せず絶対勝利確定だったのに、それでさえ潰れるわけだから、この店がどれだけ使えない店だったかというのが分かろうというもの。
実際のところ、自分も厚木平塚小田原に遊びに行ってるわけで、潰れてもそれほど痛くもないです。

そういやアスファルトも最後まで張りなおさなかったな。ひどい駐車場だった。そんな思い出。

カメレオンクラブ
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'30.4%22N+139%C2%B012'19.6%22E/@35.375124,139.2049008,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_8母体になってる島半(建材屋)と呼ぶ方が地元では通りがいい。現在は美容室で1Fがミニストップ。当時はCBクラブ(レンタルビデオ)の2F。いあCBもなくなってたかな。すでにミニストップだったかも。

当時店舗展開してたゲームショップで、片隅にゲーム台が。といってもMVSあったくらいしか記憶にない。そもそも斜向かいが宝島なので、ゲームするためにここを使うわけがないし。ゲームショップかマックのため、あるいは古来飯店。24時間営業の定食屋って今思えばとても貴重。

G-ONE
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'27.3%22N+139%C2%B012'12.1%22E/@35.374247,139.202259,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

G1格ゲーブームでオープンしてブームの最中に消えていった、かなりの短命だった郊外型店。
現在はカラオケナンバーナイン。その前もコートダジュール。G1だったのって1年くらいあったかどうかくらい。多分2年はなかった。その後20年以上ずっとカラオケ屋ですしね。

バーチャ2時代に一瞬だけあったお店という感覚なので、この店で何やりこんだとかさっぱり思い出などありません。多分、スパ2Xとかパワードギアとかそのあたり遊んだかな、くらい。行ったことも5回くらいしかないです。

メガトン
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'15.0%22N+139%C2%B014'09.0%22E/@35.370844,139.2352413,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_9ここも現在はカラオケまねきねこ。というかメガトンもカラオケ屋だった。
この立地だとぎりぎり中心部のくくりでもよかったかもしれないけど、こちらで。

それほどビデオゲームは置いてない。バーチャ2やネオジオ含む格ゲーがいくつかあったのと、あとはエアホッケーやデイトナ、リッジ、他エレメカがあった感じ。
まあゲームのために通う店ではなかったです。

トイザらス
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'13.6%22N+139%C2%B014'08.3%22E/@35.370454,139.2344172,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_10メガトンのすぐ裏。そういえばマックはなくなっちゃったんだっけ。

今もキッズゲーを少々置いてたりするけれど、つい5年前まではスティールガンナーとかルパンとかガンバレットとかガンシューやら、アンパンマン等、遊具系の機械が色々置いてあった。特にポップン3が2010年代まで置いてあったのは近隣ではここくらいしかない。

まあおもちゃ見に行くついでにちょこちょこチェックだけしてます。たまにオレカやったりね。

店名不明(20160529追記:石田菓子店?)
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'24.0%22N+139%C2%B013'15.1%22E/@35.373338,139.2202503,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

2座標はうろ覚えです。画像も一般家屋はさすがにと思ったので空き地部分を選んだけど、ここだった気もするし、もう少し駅寄りだった気もする。あやふや。今川町の川っぺりの道の内側。

こっちにもひっそりと駄菓子屋ゲーセンがありました。本町地区と南地区でこうも差が出るかっていうくらい人がいなかったけど、ギャラクシーウォーズやフロッガーの時代からゲーセンの体だったしネオジオの時代までそんな営業形態だったという、結構な老舗。規模はともかく格としては上原と遜色ない。でも店名不明。南地区の人間に聞いても誰も憶えてない模様。
フィールドコンバットとかも入ってた記憶あるんだけどな。あと例の志澤ナムコの店長がブラストオフとかオーダインとかフェリオスとか遊んでたはず。しかし南のゲーセン通いしてた連中も結局はみんな大根で遊んでたので、こっち方面のことをさっぱり憶えていてくれてないという。

まあ市営プール帰りにじゅんじゅん寄ってここに寄ってはくさんに寄って光屋に寄って上原へって流れが定番じゃないですかね。

綾部商店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'02.0%22N+139%C2%B012'58.4%22E/@35.36722,139.2155584,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_12南小の目の前。基本的にこっちに来ることなんてないけど、剣道の稽古が南小の体育館だったりしたので、そんなときに寄ることもあったり。

エクセリオンはあった。そのくらいしか記憶なし。

今川町の店と違って店が今もまだ存在するので店名を確認できたのは大きく違うけど、建て直されてて面影ないし、そもそもこちらは普通の商店なので駄菓子屋ゲーセンと比較していいものでもないよね。

以上、5回に渡っての秦野のゲーセン想い出話を。
もうちょっと上の世代だともっと情報持ってる人もいそうだけど、自分の記憶ではこのくらいがせいぜいでした。多分あと5店舗くらいは拾えると思うけど、さすがに東や北や上地区まではフォローできないのです。あと、町田から小田原までのエリアもある程度憶えてるけど、地元以外に手を出すのは何か違う気もするし間違えても恥ずかしいだけなので、誰か地元の人でこういうの書いてくれないかなーと思うんですが、そんな暇人はいませんかね。もちろん神奈川以外でも。

今でこそ一般に受け入れられてるビデオゲームだけど、当時は家ゲーはもちろん、ゲーセンなんて絶対悪みたいな風潮だったので、とても肩身の狭い趣味だったのですよ。でも遊んでて楽しいというか未来が見えてたし。今その未来だし。よくもあの環境からここまで受け入れられるようになったもんです。ホント、ゲームやっててよかった。
ということで、今後もゲーセンに通い続けることでしょう。家でゲームやらなくなってもゲーセンには通う。そういうアイデンティティ。

その1
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/1-14fc.html
その2
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/2-cad2.html
その3
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/3-bcfd.html
その4
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/4-6737.html

秦野ゲーセン巡り その4

その4は渋沢方面。さすがにこちらは情報手薄。

ナムコランド
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'28.5%22N+139%C2%B011'51.2%22E/@35.374573,139.1963016,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo現ファミリーランド。大根のおもちゃ屋とはまた別で。ロピアのゲームコーナーだけど、元々はダイクマ時代にナムコだったのがユータカラヤになるときに(?)今のお店になって、現在も続いているという流れ。
ナムコ時代は友人2人が勤務してたのもあって、ウチから遠かったけどちょくちょく通ってた。なおその片割れは各地ナムコを転々とし志澤ナムコ閉店時には店長として看取った模様。

個人的にはその当時の思い出よりも、リルぷりっと、まだネットワーク非対応だった初期の頃のオレカバトルのために通ってたことのが大きかったり。店員さんたちには本当にお世話になりました。オレカがそのまま撤去されなかったら通い続けたんじゃないかなあ。そんなユータカラヤ時代。また本気で遊ぶキッズゲーがあったら通うこともあるかもね。最近は顔知ってる店員さん1人もいなくなってるけど。

マックスバリュ秦野渋沢店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'49.1%22N+139%C2%B011'15.5%22E/@35.380294,139.185455,17z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_2元ヤオハン。片隅にデータカードダス2基あるけど、ライダーもプリキュアもやらんので、自分にとっては普通のスーパーです。

後楽園
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'28.9%22N+139%C2%B011'19.7%22E/@35.374692,139.1882635,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_3例のミリオンリース系。テーブル多かったな。行ってもグラやテトリスくらいしか遊んだ記憶ない。行動範囲外の独自性ない店舗に通うわけがないのです。

キャメル
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'30.4%22N+139%C2%B011'09.6%22E/@35.375108,139.1854555,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_4駅前のゲーセン。何というか空気だった。バーチャ1の頃にオープンしてバーチャ3の頃にはもうなかった。個性のない店だったんだよな。後楽園よりは現役ゲームが稼働してた分、まだ価値があったかな。

店名不明
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'30.9%22N+139%C2%B011'13.5%22E/@35.37525,139.1865445,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_5珍満手前のミニストップ隣、現中華屋。

渋沢で一番使えたお店。言ってしまえば、他の渋沢の店をチェックできていたのは、この店が存在していたおかげ。この店のためだけに渋沢に足を伸ばしていたようなものだし。のわりにこの店だけ店名知らないのは何でだ。

秦野で最後までマーブルマッドネスとミサイルコマンドとスターウォーズがあったお店です。そのラインナップを考えると、大根のそば屋の生まれ変わりじゃないのかって思えなくもなく。例えるなら大和アップルが厚木(駅)ゼットンになったかような。そば屋の筐体汚かったし、多分違うと思うけど。
あと格ゲーに混じってダイナマイトダックスも遊んだっけな。とにかく他の市内のゲーセンとはちょっと違った毛色のお店でした。そういう個性大事。

分かる範囲では5店舗だけ。こっち方面は疎くて情報ないけど、パチンコ入船とか、マルエツ(ハヤミネ)、アイワールド、富士スーパー、北村なんかにも置いてあったかもしれないし、北地区方面も横野とか大倉とか、東にしたっても、他にも色々ローカル商店色々ありそう。そういうところを補完してくれる人いたら話してみたいんだけどなあ。

以上、自分が知る限りの秦野市内ゲーセンを拾い上げてみました。写真をグーグル先生に任せるしかなかったのは残念だけど、まあ仕方ない。

それと最後に、も1つ番外。新松田駅前踏切脇
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B020'42.9%22N+139%C2%B008'25.7%22E/@35.345238,139.1399185,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_6幼稚園児時分に一時松田に住んでたのだけど、当時駅前踏切の脇にゲーセンがありました。いるか分からないけど、通じる人いたら嬉しいかも。多分この店が自分のゲーセンデビュー。
幼稚園児が1人でそんなところに出没してたのがすでに気違いだけど、ピカデリーサーカスや国盗り合戦や新幹線ゲームなんかを10円ゲームをやりに毎日通ってました。当たりさえすれば長く遊べたし。まだ70年代。インベーダーよりも前の話。実にダメな子供だな。大人になってもダメな大人。

その1
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/1-14fc.html
その2
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/2-cad2.html
その3
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/3-bcfd.html

2016年4月16日 (土)

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

上映時間の都合で4DXになりました。吹替。でも現地着いたの結構ギリギリ。危なかった。

バットマンはダークナイト以降観てないし、スーパーマンもリターンズが最後なので、実はわりと分からず観ていたという。始まった瞬間から続編臭ぷんぷんなんだもの。おかげで前半結構観てて苦しいものがありました。旧作情報しか分からずに観ていい作品じゃなかったな。これはそのうちDVDでも借りてくるとしよう。

というわけで、あまり言葉にできることもないです。自分の観た4DXの中では一番面白くなかったなってくらい。雨と風はいいけど、それ以外はもうちょっと考えて構成してほしかったかな。特にムービング。

最近あまり映画ボディじゃないです。ガルパンリピートばっかりだったしな。ホント映画観なくなったなあ。本だけでなくこっちもリハビリしたいです。

2016年4月13日 (水)

秦野ゲーセン巡り その3

その3は三大店舗以外の秦野中心部のゲーセンを。
大根が偏りすぎてただけで、普通はこれくらいの密度じゃないのかな。

店名不明(サクラマーケット)
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'17.9%22N+139%C2%B013'34.5%22E/@35.371629,139.226251,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo駅前の水無川対岸にバラック小屋が半分せり出した感じで連なっていたことが通じたら、自分以上の世代。自分が小学生低学年の頃までは残っていたので、昭和55?年くらいまであったはず。闇市のなれの果てが。

さすがにうろ覚えすぎて正確な位置は不明だけど、西武の川向かいあたりだったかなーと、てきとーこいてみます。そのあたりにゲーセンというかゲームコーナーありました。少なくともその並びには。
とはいえ、ビデオゲーム黎明期すぎて、インベーダーさえあったかどうか怪しいレベル。コイン落とす系やピカデリー系がいくらかあったようなそんな曖昧な記憶。

まあそんなのがあったんですよ。多分当時全国に。秦野ではそこに。そもそも闇市ってどのくらいまで残ってたのかね、っていう。

さすがに通ったりはしてませんよ。あったような記憶があるだけ。その記憶もあやふや。

忠実屋
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'32.4%22N+139%C2%B013'35.6%22E/@35.375677,139.226547,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_2現在はマンションに。面影ないけど、ネット上で当時の写真出てきます。個人ブログとかで。

最初は屋上遊園地が。記憶してるのは1942とクラッシュローラーくらい。それも屋上ではなくレストラン前にあった。屋上はトランポリンやエレメカ系がメイン。さすがにサクラマーケットよりも新しいので、もうちょっと憶えててもよさそうなものだけど、当時はあまり行かなかったし。

屋上遊園地もいつしかなくなって、末期には4Fのレストランさえなくなって、そこがビデオゲームコーナーに。上原を追い出された自分が次に通ったのはここだったのでした。せいぜい1年程度だけど。

全台テーブル。そして光屋同様に内向きレバー凹みボタン。よくもそんな台でダークエッジとかバースとか遊んでたわ。でもここにしか入荷しなかったしな。

ここのいいところは、1Fにデイリークイーンとピーターパンがあったということ。フレッシュお好みは170円とは思えない最高のジャンクフードだし、デイリークイーンのソフトクリームも130円であれは破格だったろうと。ゲーム関係ねえ。なお今でもケイヨーD2でフレッシュお好み330円はよく食べてる模様。

イトーヨーカドー
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'08.6%22N+139%C2%B013'51.0%22E/@35.369049,139.23083,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_3忠実屋よりもこちらのがゲームは圧倒的に充実してた。でも台とかイスとかそういうのがね。
初期は屋上遊園地にて。メダル落とし系やドットイート系がたんまりと。ガンダム含めレジャックメダル系、国盗り合戦やら新幹線ゲームやら、ヘッドオンとかそれ系わんさか。テーブルもインベーダー、ギャラクシアンあたりから、ストII時代までわりと長く。大型も入ってて、ハリアー、ダブルクレイドルバーナー2なんかもあったので、実はわりとゲーセンゲーセンしてたり。
屋上だけでなく1Fポッポ脇にも例の駄菓子屋アップライトでフロッガー、プーヤン、ボスコニアン、ゼビウスなんか長いことあったし、そのポッポ脇や屋上遊園地が消えてフロア間おどり場や階段の反対側のパン屋脇に場所を追いやられてからもサンダークロスやアルティメットエコロジーなど細々と稼働してたので、実はがんばっていなかったわけではないな、うん。

ヨーカドー自体は今もあるけど、ゲームが消えたのはアルティメットエコロジーあたりが最後かな。メンテがまともでイスがあったら来る価値のあったお店だけど、光屋のような瓶ケースさえない店じゃそうそうやりこみはしないよね。

なおその前の赤札堂時代、さらに前のボウリング場時代にゲームがあったかどうかは知りません。

鈴木商店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'28.6%22N+139%C2%B013'32.1%22E/@35.374598,139.225586,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_4通称あんにゃもんにゃ通り。なお本町民でない自分は話に聞いたのみ。本町の子供たち、ひどいな。

店の右側に駄菓子屋筐体がずらりと並んで。Mr.DOとかクラッシュローラーとか1942とかわりと遊んだ記憶。あとは空手道、バーニンラバー、エクセリオン、戦場の狼、ガンスモーク、その他色々あった感じ。

でも、この店の思い出はゲームよりロボダッチなんですが。ロボダッチに限ってのみ増田模型よりも充実のラインナップ。がしかし、この店はそもそも釣具店である。しかも3軒先にはかさやもある。そのかさやこそ完全な釣具店。
駄菓子屋ゲーセンとしては一番方向性があやふやだったお店。でも愛されてた店だと思う。みんなアイスほおばってゲームしてたよ。

店名不明
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'20.8%22N+139%C2%B013'38.3%22E/@35.372456,139.2267585,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_5農協の隣。エリアとしては初回の3店舗と同エリアになるのだけど、自分の時代にはゲームどころか商店が末期だったこの店はあまり並べて語られることはないです。ではあるものの、潰れた時期は光屋とそれほど差はなかったり。

最後はグラIIとネオジオ筐体が稼働してたけど、まあ誰もこの店でプレイすることはなかったよね。思い出もありません。

店名不明
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'18.2%22N+139%C2%B013'30.8%22E/@35.371725,139.2246665,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_6いわゆるインベーダー喫茶。しかし店の名前は知らない。いつの頃か餃子寿司となり地獄ラーメンとなり空き地になった明玉のお隣さん。ヘルラーメン時代はもうF1あったしね。
多分でんえん同様に学生会御用達の店だったんじゃないかなあ。いえ、よく知りませんけど。

明玉ボウル
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'17.1%22N+139%C2%B013'32.0%22E/@35.371425,139.2249965,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja
※ビルはサクラマーケットに写ってる川向かいのそれ。

明玉ビル、その5Fのボウリング場。昔は小田急OXが1Fにあって2Fがニチイだったのが、いつしか2Fが家具屋になって4Fにカラオケができて、そのうち1Fもパチンコ西武になって脇にF1ができたけどすぐ潰れて、カラオケとボウリング場もいつの間にか名前が変わって、今では完全に西武のものになった歴史あるビル。3Fは保育所だったかな。今はどうだか。

ボウリング場の脇にはゲームが付きものです。ムーンクレスタとエクセリオンがあったことだけは確実だけど、ゲーセンとして使うことはほぼなかったので、末期にスト2とテトリスとネオジオ台があった時代までその間の情報がないです。でもラブフォーチュンとラッキーチャームとXデイはあったな。ボウリング場って占い機も好きだよね。

店名不明(明玉ビル4F)
上記のカラオケ屋の脇。脇というか結構なスペース。ビデオは全台エアロ。
期間は短かったけど、立地条件で通っていたお店。忠実屋からこの店に移住してから100円で遊ぶことが当たり前になってきたかも。格ゲーブームって色んな面で革命だったと思います。

当時はどこにでもスト2、テトリスはあったし、よく遊んだといえばソニックウイングスか。あとはチェイスHQ、ゴーリーゴースト、ドラゴンガンなどテーブル以外も色々。ソルバルウは操縦桿の上下がリバースになってなくて実にクソでした。色々とメンテひどかったなあ。

この店の頃はまだ1Fでたいやきを買えたので、よく食べてました。ゲーセンの思い出とはゲームの思い出にあらず。

ゲームセンターF1
そしてこの店こそ明玉ビルの本命。1Fが西武になったときにその脇に一緒にオープンした秦野駅前初のゲーセンらしいゲーセン。ユニオンリース系。全盛期は知人が5人くらい働いてたからな。
普通に格ゲーブーム時代だったし、駅前だったのでそれなりに客付きのよかったお店。台も全台エアロ。

この店でやりこんだ中で自分が一番好きだったゲームはアウトランナーズだろうけど、人生を変えたという意味ではぷよぷよであろうことは疑いようもなく。あれやってなかったら今の自分はいない。あのゲームのおかげでゲーメストライターになったわけだし、その後ゲーム業界にいられたわけで。その当時作った知己は今も自分の中で大きなものです。

そんなわけでたくさんの思い出が。
ぷよはもちろん、格ゲーは当たり前のように一通りやってたし、ランナーズと合わせてVRもすごく好きだったし、あとゴルフィンググレイツとかガイアポリスとかコズモパズルとかダラ外とか。
自分のやりこみだけでなく友人たちのプレイもそれはもうたくさん。特に自分が苦手な東亜系とかカプコンベルトスクロール系なんかはクリアできなくても好きなゲームとか言っちゃうくらい当時から動画勢だったし。

あとはメダルゲームかな。ビンゴサーカスとワールドダービーは本当によく遊んだなあ。多分人生で一番メダルやってた時代。特にワールドダービーはこの出馬なら絶対この馬くるみたいなくらいデータ作って、さらにメダルのかけ具合で勝ち負けの変動も見えてしまってたレベルだったので、大きく増やそうと思ったら最終的にはメダル貸出しノート上でレバレッジするという実にインチキな方法を取るほどだったのでした。ちなみに一番好きな馬はリーガルダンサーです。

駅前だったので、ご飯も充実です。ミスド、マック、松屋だけでなく、アルファビルのとんかつ丸花、ケンタッキーも定番でした。丸花のとんかつおいしかったなあ。

ABC
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'35.0%22N+139%C2%B013'33.6%22E/@35.376397,139.2254645,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Abc

ゲーセンではなく、レンタルビデオ店。
ネオジオ台が入ってて、市内で最初に龍虎が入ったという話。まあネオジオでやりこんでたのなんかジョイジョイキッドくらいのものなので、わざわざ自分が行くことはなかったかな。その後のお好み焼屋のが使った記憶。

スペースレーン
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'41.4%22N+139%C2%B013'44.5%22E/@35.378157,139.2281982,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_7ジャスコが増築された際にできたボウリング施設。現在フードコートがあるところ。場所的には未来屋書店前の座席のあたり。まだモーリーファンタジーもなかった頃のお話。

格ゲー全盛時代のお店だけど、中心部では音ゲーが初めて入荷したのはこのお店。足を持ってなかった当時、宝島は遠かったしね。5鍵楽しかったです。
友人の妹が店員やってたりとかもあったので、ゲームだけでなくボウリングも大体ここで遊んでました。東海ボウルは最後まで筆記だったし、明玉はレーン短いとか波打ってるとかだし。こっち来るのが当たり前でしょう。

DDR時代まではあったけど、「若者が夜分遅く屯って治安が悪くなるから」という地域の偏見押し通しによりスペースレーンが消滅。なくなったらなくなったで家で大人しくしてくれるとでも思ってるのか。そこで大人しくしてくれてるんだから大事な遊戯施設を追い出すなよ。でも多分それはただの建前で、何だかんだで外様企業のジャスコに難癖付けたがった層が一定数いたんだろうなという、当時全国各地で聞かれたよくある話だと思ってます。今となってはイオンなしじゃこの町で生活できようはずもないのに、今度はイオン撤退みたいな話まで出てるので、撤退に追い込んだ連中はさぞ胸がすっきりしてることでしょう。それでいいんならな。

モーリーファンタジー
スペースレーン亡き後のジャスコでの遊び場。現在はイオンファンタジー。今でもモーリーいるんだし店名変えなくてもいいと思うんだけど。

基本的にはファミリー向け。キッズゲーがメイン。ムシキング、恐竜キング、ラブベリ、モンスターバトルロード、DBH、トライエイジ、リルぷりっ、オレカ、オトカはちょこちょこ遊んでた。キッズ系をよく遊ぶようになったのはこの店のおかげかもしれない。ポップンもネット非対応の時代はver.古くても気にせず済んだので、簡易筐体だったけど遊んでました。

まあ今後もキッズゲーを遊ぶようならこの店の世話になることでしょう。ジャスコ撤退までは。

3店舗以外の町の中心部のその他のお店。上原ゲーマーがそっくり集まってたF1がやっぱり比重高いか。
しかしこれだけあっても残ってるのがジャスコだけって、秦野はなかなかにゲーセン不毛の地。

その1
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/1-14fc.html
その2
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/2-cad2.html

2016年4月12日 (火)

終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか? #05 / ~もう一度だけ、会えますか? #01

角川スニーカー文庫 枯野瑛著

好きな作品だし最終巻くらいは個別エントリであげとこう。
完結。1巻2巻3巻4巻

星神が存在というより概念みたいな感じで、思ってたより壮大なお話でした。そういうスケールなのね。終末もエムネトワイトだけでなくヴィジトルスもポトーも含め、世界そのものがってことなんですね。あちらさんにも感情移入できる展開に進むとは思わなかったよ。

まあそのカケラとしても命儚い物語はクるものがありますね。ヴィレムとクトリだけでなくネフレンもラーンもアイセアも他の子たちも。お涙頂戴かくあるべし。ニルスもリーリァもエルクも、護翼軍やエルピス国にしたってもいい仕事。やることやって行きつく結末はここでなくちゃいけない。
一部後日譚欲しいのもたくさんいたけど、まあ言ってしまえば脇役だし、そこまで主張されなくてもいいよね。あくまでも中心は2人。

まったく無関係な話だけど、星神はプレインズウォーカーに見えるなあと思ったり思わなかったり。ウチのサイト名分かる人なら分かってもらえると信じてる。
それはともかく、ニルスとの話からしてヴィレムもすでに灯に目覚めはして、目覚めはしたけどこの世界に留まると決めた、みたいな感じなのかなと。あとはクトリとひっそり、ちょうど話にもあったように、幸せに暮らしましたとさ。とさ。そういう話でしょ、これ。少なくとも自分はそう解釈してる。しあわせであれ。

そしてさっそく新シリーズ。売れて何より。といっても4冊で15万部か。電子書籍も含めて?まあニッチな層がターゲットだとは思うので、昔だろうが今だろうがそのくらいの数字が妥当かなと思えるところだけど。いっそ海外で売ってくれないかなあ。ラノベ的日本語の翻訳はとても難しいらしいけど。

舞台はシーズン1の5年後。残された人はそうなる。ということをエルピスから言われるような形にしたのが、ドラマかなあ。一線級まみれの前作と比べたら性能の劣るティアットがメイン張ってるあたり、クトリとの対比で身近感出してる風でいいのかも。一応ラキシュ控えてるから大きく持ってくこともできなくないし。それはヴィレムとフェオドールも同様。お姉さんも面白そうね。

気になるのはシーズン1の顔ぶれの後日譚とかジェイドネイルはこっちで出てくるかなーというあたり。どうあったって世界に星神と獣は居座ってるわけだし、少なくともナイグラートくらいは出してくれるでしょ。

まあ自分の小並感なんかどうでもいいから、まずは読んどきなさいってこってす。

2016年4月 7日 (木)

秦野ゲーセン巡り その2

大根エリア。東海大生をターゲットにしたとしてもこの店舗数はちょっといかがなものかと子供の頃から思ってました。広畑と鶴巻除いても17店舗って。最大で15店舗は同時に存在してた。大根地区だけでなく市内のゲーマーはみんな大根に通ってたという。いい環境で過ごせたんだな、自分。

プレイアイシー
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'19.6%22N+139%C2%B016'20.2%22E/@35.372122,139.2717305,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Playic他にも残ってなくはないけれど、あれだけあった大根ゲーセン群で唯一残った店舗と言っても過言ではない現在の大根ゲーセンの顔。その昔、周辺の他の店が50円だったのにこの店だけは当時から100円ゲーセンだったので、新作が入荷しようとも知人の間では誰一人として利用してなかったお店だけど、今となっては100円なんか当たり前だし良メンテなのがとにかく大事で、秦野どころか西神奈川で数少ないまともなお店。だけど子供はお金など持ってないのです。それが唯一生き残れたことについては他の店が勝手に脱落したというのもあるけど、先々代店長の尽力も大きかったのかなと思ってます。ちなみに他に生き残ってるお店は、ルパン、ニューオオネ、コパ3の3店舗。生き残ってるというよりまだあるって風体だけど。

そんな店だけど、今はせいぜい顔出すだけ。ポップンやってたときが自分的には全盛期で、WCCF、三国志大戦あった頃はもうちょっと使ってたけど、今はやるゲーム皆無なので。
顔が利くので他の常連連中なんかは基板持ち込みなんかもやってたりするけど、去年なんかエアコン壊れて1年修理せずに放置とか、今の店長には大きな期待はしてません。

まあ大型アミューズメントじゃないお店の余生を温かく見守ってあげようかなというスタンスで。少なくとも音ゲー特化でメンテのいい店という意味では西神奈川最強といえる充実度なので、やるゲームさえあればお金落とさなくもないつもりだから、まあがんばってくださいな。今年の東海大生も金落とせ。
そういえば大根で唯一の2フロアあるゲーセンなんだな。

プレイアイシー鶴巻店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'57.0%22N+139%C2%B016'40.0%22E/@35.382493,139.2772165,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Ic大根エリアに入れるのは強引だけど、鶴巻はこの1軒だけなので、一緒に。
鶴巻にあった唯一のゲーセンらしいゲーセン。駄菓子屋とか温泉宿とかは知らん。鶴巻店というけど、こっちが本店だったという話もあったり。でもこちらはすでに閉店。そもそもアイシーの事務所は東京の方にあるとかとても曖昧な話ばかりで正確な情報がさっぱり不明。
ほとんど行くこともなかったけど、サイバースレッドが入ったときだけは貴重だったんでちょっとだけ通ったっけ。ホント、ほとんど記憶ないわ。

4/21追記。
そういえば鶴パチの換金所だったことを書き忘れてた。ゲーセン兼換金所。でもパーラー鶴巻の換金所としてはちょっと遠いよな。
あと、兄弟で経営してたとか何とかそんな話を、先日友人から聞いた。鶴パチ関係の一族が経営してるのかもなあ。

シャトル
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'20.9%22N+139%C2%B016'17.0%22E/@35.372482,139.2708295,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

1駅前の雑居ビルの2F。だったけど駅前の都市計画というのもおこがましい再開発的リニューアルにより消滅。跡地は駅前広場に。
この店に限らず、大根のほとんどのゲーセンが喫茶店→インベーダー喫茶→ゲーセンの流れを汲んでいて、小さなお店が乱立してた状態でした。まず喫茶店ありきという前提を分かってないとあの数のゲーセン乱立は理解不能。

シャトル系列は効きすぎなクーラーに、麦茶、コーヒーを無料で飲めて、カップヌードルとかも売ってて筐体もテーブルばかりでいくらでも居座ってくれオーラ全開の、そりゃ不良のたまり場扱いされても仕方ない方向性。大根エリアなので仕方ないけど、大根中の教師の見回りが手厚くて大根中生徒の自分はゲームやりたいだけでも行ったら補導されるのでなかなか躊躇われるエリアだったのでした。行ってたけど。つかまってたけど。

この店の思い出は入り口入った目の前のテーブルエアロに入ったSDIとかキャメルトライとか。目立つんだよな、テーブルエアロ。末期はタイムパイロットとかパンクショットとか魔獣の王国とかグラ3とかマーシャルチャンピオンとかガイアポリスとか世代を問わずコナミゲーが多く陣取ってた気がする。

シャトル2
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'11.5%22N+139%C2%B016'22.6%22E/@35.369872,139.2723815,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

2駅前じゃないがゆえに最後(平成20年くらい)まで残ってたシャトル。再開発エリアでなかったことに加えて、オーナー家の事情みたいだけど。シャトルだけどシャルワン、シャルツー、シャルスリーと呼ぶのが地元的呼称。
系列で一番店内の暗い店。多分大根で一番非行がたむろってた。昭和の不良全盛期を支えていたお店じゃないのかな。

でもゲームは最新作入荷が早くて、特にムービング筐体に強くて、ギャラクシーフォースやパワドリなんか遊ぼうと思ったらこの店に行くのが定番だったり。それからLDゲーム。サンダーストームとタイムギャルはこのお店。カウンターでそこそこ安くファミコンソフトも売ってた。ファミリージョッキーをここで買った記憶。

80年代当時は多分大根で一番使えるゲセンでした。でも90年代になると人気はコパ3に移って、メンテも永遠に悪かった模様。あの末期に並んでたスチールパネルのアップライト、何だったんだかなあ。なおシャトル系列は全店メンテ悪かった記憶。

シャトル3
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'20.1%22N+139%C2%B016'16.7%22E/@35.372245,139.2707615,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

3シャルワンの向かい。今は美容室になってるところ。ここもカップヌードルとコーヒーの匂いが充満してた店。シャル2ほどじゃないけどシャル1と比べると店内暗め。

当時の大根駅の改札からだとシャル1かシャル3かってくらい立地はよかったので、ゲーマーたちの利用頻度はそれなりに高かったんじゃないかな。思い出的にはグラと曼蛇とバトランティスとギャプラスとバラデュークあたり。あと末期の頃まで残ってたターボアウトランとワルキューレ。何となくシャル系はコナミとアイレム好きだったように思えます。

コパ
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'01.9%22N+139%C2%B016'23.3%22E/@35.367208,139.2725995,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

1_2大学から直近の店舗。とにかく大学に近いのが大きい。駅前とは逆のポジションで利用客多かった。ここもシャル2と同じくらい最近(語弊あり)まで残ってたお店。たしかシャル2よりも最近。現存店舗を除けば最後に消えた店じゃないかな。なお現在はユーミーライフに。

実のところシャトルに限らず大根はメンテ悪い店が多くて、コパも例に漏れず。この店は特に漏電もひどくて指痛ぇ状態によくなりました。

思い出としてはテーカンワールドカップとティードオフか。よくトラックボールで掌の肉挟んだ記憶。あとはポールポジションとかメタルホークとかストリートファイターとかナイトストライカーとか大型もそこそこあったような。
ちなみにコパ2だけは大根でなく平塚に。南原ら辺。レンタルビデオとかやってた。

コパIII
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'05.4%22N+139%C2%B016'21.5%22E/@35.368169,139.2720965,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

3_2今は見る影もないけど、90年代は大根の顔といってもいいくらい賑わってたお店。ハイスコアラーも集まってたし、格ゲーブームに上手く乗れてたし。親父さんのおかげでとにかく大根では数少ないメンテ優良店だったのがきっと大きかったろうと思われ。

この店の息子は中学の同級生で、顔が利いたり補導されにくい意味もあって他の店よりも当時の利用頻度は高めだったり。先日久しぶりに寄ったら同級生が跡継いでたけどゲーマーではなくなっててちと残念。

ここ10年ほどは営業してるかどうかさえ謎な開いてたり閉まってたりな状態で、置いてるのも格闘倶楽部だけみたいな誰にも見向きもされないような店だったけど、最近になってQMAや太鼓、jubeatなんかが入って、つい先月も弐寺入れて徐々にゲーセンらしさを取り戻しつつある模様。弐寺とサンボル悩んで弐寺にしたって言ってたけど、まあ自分もその選択が正解だと思うよ。基本大事。亜流は下のアイシーに任せとけ。成功するといいね。

思い出はやっぱりアウトランとエンデューロになるか。あるいはスト2ダッシュやダラ外あたり。中学のときよりも格ゲーブーム以降のが通う頻度高かったと思うし。

大根にないwlwでも入れてくれたら金落そうって気にもなるんだけど、当時は準駐車場な空き地があったけど今はアパートになってて近所に車停められる場所がないので、何だかんだで通える店ではないんだよなあ。でも入れてくれたらお金落とすよ。下に停めて坂上ってくわ。まあwlwはともかくとして三国志大戦4でも入ってくれたらちょっとは風向きも変わるんじゃないかな。どうせアイシーは入れないと思うし。

ペガサス
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'02.8%22N+139%C2%B016'23.0%22E/@35.367444,139.2724965,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photoコパとコパ3の中間地点。どうでもいい情報として店の裏が曽屋高時代の教師の家だったりする。
伊勢原ナポレオン、大船ホームランの系列。秦野のF1、渋沢の後楽園も同系。ユニオンリースといえば通じる人には通じるか。もうずいぶんご無沙汰だけどホームランだけはまだ存在するんだっけ?

コパ3と並んでハイスコア集計もしてた記憶。筐体にエアロが揃ってたわりと充実のお店なので、多分そういう意味で利用されてたのではないかなと。
特にこの店ならではの思い出っていうのではないけど、F1のお古が結構入荷してたので、F1から消えた際にこっちにきて遊んだりとかも。アウトランナーズのハイスコアだけは自分で埋め尽くしておいたよ。埋めたのはF1設置時代だけど。

ポパイ
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'03.2%22N+139%C2%B016'21.8%22E/@35.367565,139.2721705,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_2ペガサスと同系列。というより斜向かいのペガサスの倉庫的ポジション。ペガサスに置けない大型筐体をこっちに置いてたみたいな感じ。エアホッケーとかターボアウトランとかラッドモビールとかSCIとかソニックブラストマンとかファイナルラップとかカニカニパニックとかゴーリーゴーストとかそんなのばかり並んでた記憶。ビデオゲームはテトリスとかソニックウイングスとかスパ2とか置いてあったっけかな。
店員も常駐してないので何かあったらペガサスに呼びにいかないといけないという。

この店目当てに通うことはないけど、コパからコパ3まで30m間隔で4店舗あったから東海大生のゲーマーはどこかに吸い込まれてたんじゃないかな。

ゲームセンターオオネ
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'19.8%22N+139%C2%B016'14.6%22E/@35.372164,139.2701645,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_31Fのパチ屋の名前がニューオオネ、そもそもビル名がニューオオネなので大体ニューオオネと呼んでる。オオネの名を冠してるあたり店名的には老舗ぽいけど、実のところ昔からあったような気がしない。単にビル名からそのままなだけかと。2Fの喫茶ピアはごく稀に使わないでもないんだけど。ゆえに思い出など皆無です。

スロ専門店と銘打ってるだけあって、すみっこにエミュ台がぽつんとある程度。知人の中で話題になったことさえまったくない店なので、昔からあったとしてもその方向性でビデオゲームから遠かったんではないかと思われ。
そんな存在を気にしたことがほとんどないお店だけど、それでも現在存在しているお店なので、一応存在だけは把握しておきます。

店名不明(そば屋の2F)
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'18.2%22N+139%C2%B016'19.8%22E/@35.371723,139.2716225,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_4結構行ってたわりに店名不明。通称がそば屋の2F。パチンコ東海(現ジリオン)の向かい。火事になったほったて小屋そば屋の2Fだけど、そもそもあの建物が火事になったときにゲーセンはすでにないし。現在はアパートになってます。

建物脇のすごく狭い階段を上って入るその店内の入口をくぐると、まずそこにマーブルマッドネス。なんだけど、まずその階段と入口の狭さたるや。あの店にどうやってスペースハリアーを押し込んだのか今でも謎です。分解したとしても苦労したろうに。
そして大事なのが表通りのアイシーがガントレット1クレ100円だったのに対して、この店は20円だったという事実。ほんの50m移動するだけでこの価格差、誰がアイシーでプレイするというのか。他にもペーパーボーイとかミサイルコマンドとかとにかくATARIゲーが多かった記憶。そんな感じでこの店の思い出は何はなくともアタリゲーなのです。あとはパンチアウトとかもあったけ。

大根でも最初期に消えたゲーセンの1つなのだけど、それよりもどなたかご存知の方、店名教えてください。

キングコング
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'13.5%22N+139%C2%B016'21.1%22E/@35.370413,139.2719825,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_5かなり短寿命だったお店。そしてシャル2よりもさらに暗いお店。完全に非行御用達。なお現在は駐車場。

自分はやってなかったけど、この店はダライアスの記憶が強いかな。そもそも近所のシャル2にもダラもニンウォリも入ってたので、こっちにくる理由があんまりなかった。というよりそもそもこの店にお金落とした記憶が薄い。この店ならでは、なものが何も無いんだよなあ。

アルファ
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'14.0%22N+139%C2%B016'21.0%22E/@35.37056,139.2719555,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_6キングコングの向かい。現在は焼肉七輪亭。ただし七輪亭と違って1フロアのみ。こちらもキングコング同様に短寿命。喫茶店からの流れを汲まずにゲーセンとして生まれて、そのまま消えてったあたりが時代を感じさせます。やっぱり後発組じゃ生き残れないのでしょう。

店の外が今川焼屋だけど、アルファのカウンターが中でつながってて中からでも売ってくれた。ある意味駄菓子屋ゲーセンに近いスタイル。当時1プレイ50円で今川焼50円なので、100円でぴったりというすばらしい価格設定だったおかげで、結構利用してました。
PONYmk2台が多かったので、そういう意味では好みの店でした。フェアリーランドストーリーとかぶたさんとかロッドランドとかジェミニウイングとかプラスアルファなんかまるっこい系のそれっぽいゲームは大抵この店で遊んでました。オーナーの趣味がよく分かるな。
当時にしては珍しく明るめの店だったけど、その割に結構この店で補導されたなあ。間違いなく最多。ゲームに対して偏見の強かった時代だよなあ。

ちなみに現在も今川焼屋は健在。

ルパン
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'18.2%22N+139%C2%B016'13.4%22E/@35.371719,139.2698545,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_7数少ない現存店。ここも今はスロと格闘倶楽部ばかり。一応奥にポップンアドベンチャーとか置いてあったり、ちょっとだけゲーセンの形は残してる。

西日のつらい店で、今は端っこの扉だけが出入口になってるけど、昔は中央の両開きドアの正面の台が段ボール被ってもどうにもならない秦野でいえば光屋のような店だったのでした。といってもそこにあったのは100円ドラクエだったり100円スーマリだったりなので、昔から使えない店ではあったのだけど。

でもなぜかこの店では色々遊んでたなあ。ドンキーコングJr.とギャラガとムーンクレスタはこの店で一番やってた思い出。

ファミリードリームランド
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'20.4%22N+139%C2%B016'13.8%22E/@35.37232,139.2699485,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_8踏切脇のスリーエフは、その昔ファミリードリームランドという名のおもちゃ屋でした。
店の裏の螺旋階段下にエキサイティングアワーとアッポーが並んでたのでプロレスゲームといえばここ、みたいな感じ。20円でエキサイティングアワー遊べたのは貴重だったんですよ。
あとまあ普通におもちゃ屋なのでファミコンソフト買ったりとかね。

5/11追記 店名間違えてました。歳を取ると頭が弱くなるといういい例。修正ありがとうございます。

店名不明(ナフナフの2F)
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'21.3%22N+139%C2%B016'16.2%22E/@35.372572,139.2706135,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_9ここも店名不明。多分大根でも最短命だったお店。聞いた話では従業員が基板をごっそり盗んでったとか何とか。マルシェの前の小階段下りて目の前のビル階段を上ったところにあった。現在は駅前遊歩道。1Fが大根に不釣り合いなナフナフのお店だったので、その印象でナフナフの2Fと呼んでた。そば屋の2Fと同列。20年ほど前のことだけど、憶えてないです。

あんまりお客が入ってた記憶はないかなあ。アイシー同様100円ゲーセンだったのもあの時代の大根では苦しかったのではないかと。立地的にはシャル1さえも凌ぐ場所だったのにね。

店名不明(マルシェの2F)
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'22.2%22N+139%C2%B016'16.1%22E/@35.372845,139.2706045,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_10駅ビルと呼ぶには苦しいけど、このビルが建ったときに最初に入ってたお店の1つ。現在は啓文堂書店。ちなみにその間に箱根そばになってたことも。ここもナフナフ2Fと同じ運命。かなり短命だった。ナフナフよりさらに昔の話。四半世紀くらい前、かな。

でもここもそんなに遊んだ記憶ないので、話題に出て、あーあったあった、で終わるだけの店。エピソードさえ皆無。駅改築後だから幼少の頃でもないし、思い出なんてあるわけもなく。

忠実屋大根店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'20.1%22N+139%C2%B016'25.4%22E/@35.372257,139.2729066,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_11現グルメシティ。ダイエーだった時代もあるけど、その頃にはもうゲーム置いてなかった気がする。
とはいえ、ここで遊んだ記憶はほとんどなし。だって周りにくさるほどゲーセンあるんだもん。
でも一応NEOGEO筐体とか置いてあった記憶はある。まあ買い物のついでにちょっと覗くくらいでいいんじゃないかと。

原酒店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B021'37.5%22N+139%C2%B015'44.4%22E/@35.360426,139.2617715,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_12だと思うんだけど、もしかしたら隣の店だったかもしれない。ちょっとあやふや。でも多分こっち。
下大槻団地の中にある酒屋の軒下。元巨人の原俊介選手の実家という紹介をすると通じる人には通じる。大根駅はウチからも遠いので、小学生時分に普通に遊びに行けるのはこのあたりまで。ゆえにお世話になったのです。
広畑小のゲーマーのたまごたちは、ここでクレイジークライマーとアイスクライマーのダブルクライマーを遊んでいたことでしょう。

伊奈酒店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B021'45.4%22N+139%C2%B015'08.9%22E/@35.36262,139.2519345,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_13ウチからもっとも近所のお店。去年おじさんが亡くなられてしまったけど、お店はまだ健在。さすがにゲームはもうないけど。子供の頃はここでコロコロ買ったりアイス買ったりしてたのです。ちなみに店名は酒店だけど伊奈商店と呼んでます。看板新しくする前も酒店だったはずだけど、親も近所の誰もそう呼んでたし。

このお店も1プレイ20円。一番やりこんだのはパック&パル。これだけは当時世界で一番上手い小学生だったろうと自負してる。入れ替わりは少なかったので、Mr.DO!、ボンジャック、スカイキッド、ソロモンの鍵なんかが長いこと設置されてたかな。改めて見直すと悪くないチョイスだな。管理してたのは上原のおやじだったみたいな話は後年知ったこと。

番外:自宅
これも機会があるたびに何度も書いてるけど、ウチのじいさんは道楽者で、アタリとかカセットビジョンとかゲームウォッチに至るまでのおもちゃ類が家にもりもりと入荷してたわけです。果てはテーブル筐体までも。家にギャラクシアンあるんですよ。オリジナルの。コインシューターぱしぱし弾いて延々とプレイ。そりゃこんな大人になるでしょ。
ということで、とてもゲーマーとして恵まれた環境に育った自分です。環境もそうだし、血がもうそうなんだからしょうがないよね。

センチついでにじいさんのこともちょっと書くと、ジャスコ前のコスモ石油の隣の猫の額ほどの狭い土地にちょっと前まではやし動物病院があったところで30年前に玉泉水産という鯉や金魚や盆栽や掛軸や他美術品等を扱ってたお店やってて、その前も易者やってたらしいだとか、子供の頃は深くも考えずに家でも店でも隣でTV見ながら話聞いたり普通にじいさん子やってたわけですが、とにかくじいさんの話を聞くのが好きだったのですよ。南方に飛ばされて暁に乗ってたらしいけど沈んだときに1日漂流して諦めてただとか、体に銃弾も残ったままとか、さぞ大変だったろうと思うのだけど、そういうことよりも何というか戦争年金受給者ってのは道楽に走るんだろうなって今になって思うのです。じいさんともっと話したかったなあ。

そんな締めで、以上、大根編。
あと、ルパンの並びにもう1店舗あったような気もするんだけど、他の誰も知らないみたいなので自分の気のせいの可能性が高く。
そば屋2F、ナフナフ2F、マルシェ2F。シャル1以外の2Fに構えた店舗は全部店名不明です。他にも知られてないこんな店あったよだとか、情報くださいな、お願いします。

その1
http://fuwafuwausa.cocolog-nifty.com/blog/2016/04/1-14fc.html

2016年4月 6日 (水)

秦野ゲーセン巡り その1

地元のゲーセンを記録しておこうと、記憶辿ったり、知人回って取材したり、そんなまとめ。歳取るとセンチになるのが人間の仕様です。
ところでグーグル先生で地元巡りしてたら酔いました。下手な3Dゲームよりも酔う。でも先生のおかげで座標と画像を用意できるので、とても感謝しています。

上原商店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'23.1%22N+139%C2%B013'39.8%22E/@35.373088,139.227717,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo やはり最初に記すべきはこの店か。うえはら。
またの名をファンシティ産業、あるいはファインシティ産業。登記上どうなってたのかまでは知らん。看板や書面毎に表記が違うんだもの。要するにうえはらでいい。
かつての秦野のちびっこどもが集った駄菓子屋ゲーセンの最右翼。というよりもおそらく上原のおやじが商工会つながりか何かで市内の商店にゲーム台を置いてたと思われる。

大型は除いて主要メーカーの最新ゲームが入荷されてたし、駄菓子屋ならではの50円1プレイも子供のお財布に優しかった。ただしゲームは入荷初日から常にハード設定だったり、ちょっとでも上達して長時間プレイになるとすぐに電源引っこ抜いたりお前帰れの一言で出禁発動させまくったりで、おやじの行動はどうかしてた。上原のおやじといえば、秦野のゲーマーなら知らない奴はいないであろう名物おやじなので。

初期は店の右半分がゲームコーナーで左半分駄菓子屋だったのが、ストIIの出た頃には改築して駄菓子屋コーナーをゲームコーナーとして広げて奥の座敷を駄菓子スペースにしたり、さらにその後そこまでゲームコーナーにして駄菓子はカウンターに置くだけにしたりと、脱駄菓子屋の流れも。その後も音ゲーも入れたり、あの狭さにしては時代に付いていくように対応してはいたものの、弐寺が波に乗ろうかという頃に閉店。
その後健康グッズショップだかを細々とやっていたのを最後に、今はシャッターも閉じられたまま。一時おやじ死亡説も仲間内で流れたけどその後生存確認されたり情報錯綜。今現在どうなのかも不明。

メインは感電激しいテーカンアップライト筐体、PONYmk2、その他曼蛇テーブル台等々。エアロ以前の時代。しかしあの青いアップライト筐体、調べてもネットで拾えないんだけど。知ってる人いたらどなたか教えてくださいな。

この店でプレイしていたゲームを他の店でプレイしたらヌルゲーだったとか、誰それがおやじと口論になって出禁になったとか、秦野学生会らしき怖いお兄さんに裏に連れ去られてカツアゲくらってただとか、そんな想い出話は酒の肴であったり。変わったところでいえば、自分らよりいくらか年長だった某吉田栄作氏とテーカンワールドカップで一緒に遊んでただとか、別に当時有名人なわけではないのでただのゲーセンの一風景でしかないけど、秦野のゲーマーはこの店に集まってましたねという、よくある昭和の光景がそこにあったのでした。というか今でもつながってる地元のゲーマーはみんなこの店出身まである。

50円だったし未成年の頃しか通っていないので実際のところ大してお金を落としてはいないだろうけど、やはりこの店で育ったという思いは強く、全国レベルのプレイヤーが何人もいたことへの寄生的帰属意識も相まって、今でもゲーマーとしての軸足はここにあると感じるわけです。

この店では、ゲームに関係すること以上に、多分一番の思い出は出禁くらったというかおやじに帰れ言われ続けたことかな。おやじとのやりとりこそがすべて。

下原
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'22.8%22N+139%C2%B013'39.3%22E/@35.372986,139.227577,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_2路地とうな金(閉店したうなぎ屋。現在はイタリアン?)を挟んで立つ掘っ建て小屋、上原2号店。通称したはら。現在は駐車場。

上原から二軍落ちしたゲームの行き先。おやじの気分次第で開いてたり開いてなかったり。ほとんどテーブル台で、ポールポジションとか任天堂VS筐体とかピカデリー系とか本店に置けそうにないものを置いてある倉庫的店舗。その割にエアバスターとかマーベルランドとかドラゴンセイバーなど一部ゲームは入荷時からこっちだったり、おやじの気まぐれも多分に。

テーブル台ばかりだったのとおやじの目が届きにくいことから、駄菓子を食べたり近所のお弁当ポニーで買ってきた弁当を食べてダベる場所として活躍。

上原2号店
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'09.9%22N+139%C2%B013'29.3%22E/@35.369415,139.224795,18z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

2大秦野駅が改装されて秦野駅になった後に、南口にオープンした上原の飛び地。下原こそ2号店なので本来3号店のはずだけど、通称2号店で通ってる。というか1年持たなかった。自分も1度しか行ったことない。そもそもその頃自分は本店出禁くらってる。

なお、地図の座標はうろ覚え。知人たちに取材を重ねた結果この位置にしたけど、もうちょっと先だった気もする。

光屋
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'21.8%22N+139%C2%B013'37.2%22E/@35.372729,139.227007,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_3上原から南に50mほどの角。ポニーの斜向かい、大森耳鼻科(現、胃腸科)の向かい、こちらも駄菓子屋ゲーセン。上原以上に駄菓子屋というか商店的成分強め。日用品とか置いてたし。こちらは普通にひかりや。

この店もテーブルが主流。というか椅子が瓶ケースを逆さにしたものに座れという、実に昭和な佇まい。そして南西に入り口があるおかげで日差しで画面が見えない。そのもっとも日差しの影響を受けていた入り口入って正面のパックランドは長いこと君臨していたし、リブルラブルやイシターから、ゲバラ、ロストワールドなんかもあったので、今思えば駄菓子屋にしては特殊コンパネ系に強いお店だったかもしれない。そしてそのすべてがメンテ悪い。テーブル台も2人用コンパネで画面に対して垂直でなく2人で座るためにハの字型にしましたよな余計なお世話設計のコンパネばかりで、もちろんボタンは当時の凹みボタン、そして効きが悪い。自分の知る限りハード面では最悪のお店だったと間違いなくいえる。まあ50円であることが最重要事項で、メンテは二の次だったし、店のじいさんばあさんは善人だったので、こちらもそれなりに使っていたのでした。

店はわりと早めにたたまれて、ストIIダッシュの頃には閉店してて、晩年のじいさんはパチンコトミー(現、駅前の橋北側のファミマ)の換金所で働いていたのが知られてるけど、それも10年近く前に亡くなられてたかな。

この店での一番の思い出はイーアルカンフー。それはいずれイーガー皇帝につながる道。

はくさん
https://www.google.co.jp/maps/place/35%C2%B022'23.1%22N+139%C2%B013'33.2%22E/@35.373078,139.225877,19z/data=!3m1!4b1!4m2!3m1!1s0x0:0x0?hl=ja

Photo_4正式名称はクラフトらしいけど、誰もそんな名前で呼ばない。それどころか知られてない。この店と隣の共産党事務所の間の狭いとこを入った奥の入り口がクラフト。表のはくさんクリーニングだったりはくさんクレープだったりはくさん電気だったりした店の裏なので、誰もがはくさんと呼ぶ。ゲーセン利用者的にはクレープ屋が一番実用度高かったのだけど、残念なことに短命だったな。

本町3大ゲーセンの一角では唯一駄菓子屋ゲーセンでなかったお店。3店舗渡り歩けば数多くのゲームを補完できるので、結局来ることになるわけで。店の看板的には、バブルボブル、黄金の城、メトロクロス、バラデューク、ドルアーガあたり。上原光屋はくさんで、あまりゲームが被ることもなく店の個性を変えてお互いに生き残れるようになってた印象。

この店もほぼテーブル。というか全部テーブル。アップライトなど1台もない。でも店内が暗くてゲーム画面は見やすかった。その店の場所、暗さは、それはもう不良のたまり場としても効果を発揮するわけで、カツアゲ遭遇率No.1のお店でもあったのでした。治安ひどいな。
カツアゲやケンカでなくとも、ゲーマーにしたってもグラIIの目の前に貼られていた魂斗羅のポスターをミサイル固定のためにちぎりまくっていたとか、とても行儀がいいとはいえないどこまでも昭和臭溢れる雰囲気なわけです。ついでにいえばそんな空気の中で育った自分は、当時ゲーセンで女見るとかなかったんですけど。時代の違いだけでなく地域差も感じるわけです。そんな青春時代過ごして女性免疫とか育つわけないじゃない、ねえ。今のゲーマー恵まれてるよ、ホント。まあどうでもいい。

3店舗の中では最初に潰れたお店。といっても光屋とそれほど差があるわけではないけど。最後に通ったのはウルフファングのためだったかな。一番の想い出はやっぱりドルアーガかな。あるいはバブルボブルか。

とりあえず第1回は秦野三大駄菓子屋ゲーセンから。思い出せる限り、市内全店舗網羅していきます。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30