« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

今月のまとめ(H27/9)

5冊。時間の合間がないので本読まないのです。空き時間と合間は別のもの。

デパ地下グルメ探偵―ナイアガラチョコレートスペシャル
コスミック文庫α 豹野真著
神の舌を持つ主人公。と再就職先の社長のスイートなコメディ。ミステリでは断じてない。まあコメディ成分も多くはないけど。まあスイートで。何ていうか普通。
すでに作家してる人の新名義かなと思わなくもなく。手慣れた作りですし。

スーパーヒロイン学園 2
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ 仰木日向著
前巻
クロ大活躍。変な偽善シナリオ入れるとコメディって破綻しがちだけど、わりと上手く組み込まれてて、とてもよい読後感でした。なお自分はクロは嫌いです。身をわきまえないキャラはどうしても好みじゃないの。だからそれを優しく見守ってくれる回りのみんながよく見えるのですね。

魔法少女育成計画 ACES
このライトノベルがすごい!文庫 遠藤浅蜊著
前巻。7巻何とまだ個別エントリだったか。どんだけ期間開いてるんだ。
ついに8巻。きっと佳境に入ってるはず。そうでなきゃおかしい。この巻は後編が付くはずなので、それ乗り越えて次くらいで締めかな。そのくらい喉元まで踏み込んでる。アニメの終わりと合わせて最終巻、みたいのだと綺麗に終われそうな気がする。ぜひそうしてください。というわけでこの巻だけで判断できないので、ブクログは引き続き3点です。もちろん面白いですけど。
そのアニメ化はもちろんうれしいけど、このテンポのよさをしっかり表現してくれるんだろうか。それだけが心配です。この巻はそれほどテンポよくもなかったけど。巻数重ねるごとにテンポ重視からバランス方向に舵切られてるのはある意味仕方のない面ではあるけど、この作品の個性は大事にしてもらいたいです。あと脱字ならぬ衍字が多い。編集さんはそのあたりもがんばってください。
肝心の本編は、スノーホワイトとプフレを魔法の国の三つ巴の中に放り込んでいつもの社内政治。本来の仕事以上に勢力争いにかまける日本的文化は何なんでしょうね。倍返しとか流行るわけだ。
今回はプロ魔法少女がたくさん出てきて、でもそれもプフレに使われる程度のキャラだったりするので、プフレって登場時の扱い実はひどすぎたんじゃね、と今更に思ったり。
リップルとの再会もこんな感じで、最後までスノーホワイトは穢れずに終幕を迎えられるのか。どきどきです。

彼女は遺伝子組み換え系
電撃文庫 嵯峨伊緒著
普通に異能バトル物。最初から強いの分かってるけど、そのヒロインが七魔女の1人なのをもったいつけてバラすとか、主人公もやっぱり人造だったり、そんな過去を背負って立ち向かっていくお話なんだよと実にお約束で固められてます。ので、多分これは小説として期待するものではなく、アニメ化検討してその先の商売を考える作品なんです。口悪いのは気になるけど、噛み合えば売れるかもね。

青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない
電撃文庫 鴨志田一著
前巻。タイトルで分かりづらいけどこれは5巻。
かえでと花楓と。まあお話の軸ですしね。パンダと学校とやっぱり描写上手いなあと今回も思ったのでした。文章力がラノベ界屈指なのは間違いなく。
何か色々見えてきた感じ。実は思春期症候群かかってるのは咲太の方かなと匂わせられてきたあたりがまた面白く。どっちというのでなくこの匂わせる表現が、作者のバランスのいいところだなと思うのです。
でもやっぱり4巻蛇足だったな。今回もただのモブじゃん。脇役でさえない。双葉と国見がモブ化してるのとは訳が違う。ちゃんと使ってくださいな。

今月の1冊は難しいなあ。どれも方向性が違ってどれも読めるというか。どれも好きです。

オレカバトル その143

真魔王杯、お疲れ様でした。
自分はほぼ1日しか参加してないけど、ミリアンは今回自分以外登録してなかったので、実に平和でした。育成も平和過ぎて、もうちょっと変化しろよといいたくなるレベルですが。
ていうか★1使えなかったの残念でした。多分今までで一番楽しめなかった。このルールはさすがになー。

さておき、溜めてる動画を。

真魔王杯登録
相手はサブカで。今後もそうしよう。

vs チビムウス
何もいいところ見せてないけど、まあチビムウスだし。

76回↓↓→←↓↓
エンキ爺。EXがEXなんだし、もうちょっと強い味方2人付けてあげてもいいのにと思うのだけど。オレカのボスの設定はもうちょっと考えてもらいたいです。

77回↑→→↑→→
真魔王杯リザルトとオレコマンドをまとめて。
鬼竜。あと1ターンで負けてた。回復役入れないと安心できないなー。で、最近ずっとデスフィアーと並行して育ててるMaxロレル、EXやっぱり強すぎる感。回復とパワーアップを使い分けできて、さらに毎ターンAT2倍回復で『フンキ』対象は1ターンで2回回復できるってかなりの壊れ。ボス戦撮影が捗ります。だから早く完成してくれよ。

プライベートチケットの撮影はまた次回に。

2015年9月19日 (土)

心が叫びたがってるんだ。

長井龍雪岡田麿里。そーですか。何も期待しませんよ。でもあの花を下回ることはあるまい。観た後で文句言い合うために誘ってるなこれ。という感じで観に行きました。

脚本が脚本だからパパの不倫から玉子王子にクラスの空気まで、どこまでもねじ曲がってくれてますね。岡田麿里平常運転。
それでも、都度気になるシーンはあれど、途中まではまだ普通に観られました。でも最後、なんでそこまで引っ掻き回す必要あるかな。そのままミュージカル成功したねよかったねってまっすぐ流れていいのに。どうしてもそこで引っ掻き回さないと気が済まないんですかね。本音を吐き出すことをテーマにしてる作品だからといったって、そのタイミングで入れなくていいし、百歩譲ってそこはまだテーマに関係したストーリー作りだとしても、最後にいらない田崎が順に告白する無理やり感。そこまで吐き出さなくていい。ラブホで順が坂上に吐き出したそれだけで充分だ。
そんなバランスの悪さというかひねくれっぷり、どうにかならないんですかね。この監督脚本コンビはいつもこうだ。ひねくれることこそが作品より以前に彼らのテーマというか。そこまで分かっててそんな映画に誘ってくる友人も。新しい酒の肴がどうしても欲しいらしい。いくら封切日だからってTGSとか他にイベントあったろうに。

まあ、あの花好きな意識高い人はどうぞ観るといいんじゃないですか。好きな人は好きなんだろうし。

映画の後でタマゴ食べました。カルボナーラ。それだけ。

2015年9月17日 (木)

オレカバトル その142

新6章解禁。★4はともかくとして、★1★2のアンデッドで使えるのいると対戦面白くなるかなと思ってたけど、アルラウネにそこまでの期待はできそうにありません。そもそも遅いよ。ネクロも乗せるだけかな。

73回↓↑↑↑↑↓
まずは溜まってるオレコマンドから。スノー。『シジマ』でデスプラ、バローロと同速になったので、SPダウンは-25ですかね。ボススノーが67と想定して。多分。

74回→→↓↓←←
神海帝ラムーネ。こっちも悪いわけじゃないにしても、覚醒前のが利用価値高いんですよね。混乱と眠りならどっちがいいかって話。
そしてチビム杯7日のそれもついでに。いあ、こんなのいらんのは分かってるけど、まあ。

75回←↑↑↑↑→
時ダル。キャパが残念だった人。持ってない人用としかいえない。

vs 薄氷の剣士ダンテ
アイテムで3ダンテから進化にしてほしかったわ。それならまだ育てなくもなかったろうけど、それが趣味モンスターの限界。ちなみに撮影ではまあまあな強さでした。こんな編成でやってるからだ。

新6章解禁
失敗。通常戦闘曲にしとけばよかった。しかしこのピラミッドヘッドも完成しませんね。最終リールはできてるし他のに比べたら楽なはずなんだけど。
チビム杯3日のそれも。いらないね。

vs 死霊使いワイト
知らない技多いです。『アンデッドガード』とか名前だけなら微妙に夢持てそうなんだけど、どうなんだろう。そしてワイトは毒くらってるので、アンデッドではないわけですか。EX使うとアンデッドになるみたいだけど。
ちなみにアルラとトロは多分Max品拾えました。が、育てるのはもうちょっと先になるかな。ていうかトロ強いな。★1とは思えないほどのEX。

vs イシス
オレカの女性モンスターは総じて頭身バランス悪いけど、この人も御多分にもれずそんな感じ。冠のせいでは断じてない。小顔がもてはやされるのは当然です。
イシスさん、色々なビルドを考えられるけど、キャパに不安を感じる容貌なので、最終リールを何で埋めるか次第になりそう。女性モンスターだしすぐに研究されるでしょう。
そしてロレルがわりとミラーぽかった感。しかし2代目ロレルも完成しないな。トリケはセキトっぽく使えそうで育てる価値ありそう。ようやくコスプレ恐竜も陽の目を見られるか。

vs 鬼竜ネクロドラゴン
カラーリングがフリーザ様で変な人気出そうというか、外見だけでなく実用レベルで育てる価値あるでしょう。新6章、個人的にはこれとトリケの2強です。
完成するまでメインで動画に使うつもりのデスフィアープラントがこいつに対しては役に立たないので、サル使ってしまいました。接戦演出システムのリール操作ひどいですね。いつものことです。だから埋まるモンスターしか使えなくなるんですよ。

vs 光王エーリュシオン
こいつは大川隆法か何かか。そんな技持ってるだけで使う気になれん。普通にバチカン宮殿にしとけ。悪ノリが過ぎる。
大罪シリーズがリスクありの反撃系だとあんまり使えないかも。キャパだけでもあれば使い道なくもないか。まあ天使なだけで使う人もいるんでしょう。

で、今週末にはもうチビム杯ですか。参加はするけど、連覇は避ける方向で。だからみなさん、自分が避ける必要がないくらいにやり込んでください。

2015年9月13日 (日)

ピクセル

有楽町ピカデリーにて2D字幕版を。

元々期待してないどころかつまんないだろうとハードル下げて観にいったので、予想よりはマシで助かった感。つまんないというより、80年代ゲームを題材にしてるところが、どうせ鼻に付く作り方なんだろって先入観持って観に行きました。むしろそっち方面は問題なくて、単に一山いくらのおバカ映画だったというか。

コナミのロゴが2世代前だなーとか、綺麗な筐体よく用意したなーとか、そういう感心する部分もなくはないけど、スコアタ用の裏ワザアンチョコをメガネに仕込んでるのは多少みっともないにせよゲームの中でできることはインチキでも何でもないだろって思うし、そもそもレバーの握りというかコンパネに対する手の構えが世界一に見えないし、でもそんなのはどうでもよくてゲーム云々よりもいつものアメリカ映画って感じなので、いつものようにアクションシーンの差し込みに無理があるし、侵略宇宙人も都合よく攻めてきてくれるし、ヒロインとぶつかって最低な女だと分かっているのに最後にはくっついてくれて主人公は心が広いなあといつもの感想なのでした。
でもまあ電工夫にワンダーキッド、大統領、ファイヤーブラスターの4人組のキャラづくりは上手かった。あれは魅力出てます。パッテン中佐、お前もな。お前がいないとアメリカ映画にならない。息子も大変だわ。

あと、エンドクレジットがゲーム的に2周目。むしろそれだけで完結。1周目なくてもよかった。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30