« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月31日 (日)

今月のまとめ(H27/5)

16冊。後半結構ペース上がった感。勤務地がよかった。ということは6月はあまり読めなくなる予定。

ポーション、わが身を助ける 1
ヒーロー文庫 岩船晶著
そんな能力あったらのうのうと過ごしますよ。とりあえず最近流行だしローファンタジー出しとけば出版社安定なんですかね。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5
前巻。ガガガ文庫 渡航著
.5やめてほしいんですけどね。この作品の外伝はぜんぜん外伝じゃないし。まあ10冊以上出てて飽きが薄いのはすごいことだと思うけど。なお、アニメいろはがあやねるなのは小町が八武崎さんだったのと同じくらい奇跡。

フリック&ブレイク
ガガガ文庫 牧野圭祐著
電波を視覚化してソシャゲライクにモンスター退治。あんまり心に響くものもなかったかなあ。

ラテラル ~水平思考推理の天使~
電撃文庫 乙野四方字著
今度はウミガメブームなのか。ウミガメはともかく、能力発動の説得力がもうちょっとほしかったかな。

デート・ア・ライブ マテリアル
前巻。富士見ファンタジア文庫 ファンタジア文庫編集部 / 橘公司著
そろそろ読むのつらいところ。面白いつまらないじゃなくて
あと、デザイナーさんのインタビューで、ロードスを小学生で読んでたのかーとか思ったのに年齢見てみたら、そんな時代にロードスは出てねえよとツッコミたくなったとか。

Be mine!
KCG文庫 ゆずりは著
女子はそういうシチュエーション好きなのかっていう。こんな主人公もヒロインもいらんわ。しかし久しぶりに読んでみたけどKCGの方向性が相変わらず見えない。

パラレル家族計画
徳間文庫 はむばね著
竹井10日だなあ。別名義あるの知りませんでした。適当に手に取った徳間でそんなのに当たるとか思いませんでしたよ。

青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない
前巻。電撃文庫 鴨志田一著
姉妹でアイドルとかちょっと盛り過ぎだし、本筋の話から逸れてる気がするので、あまり楽しめませんでした。文章は上手いんだけどさ。

ひとつ海のパラスアテナ 2
電撃文庫 鳩見すた著
前巻。漂流その2。ていうか受賞作の続編て無理があるなと。よっぽどでないと完成度落ちるだけだし。分かってても2巻買ってしまう自分みたいのがいるから出版社も出させるんだってのは分かってるんだけどさ。

アウトランド・ヴァンガード~俺、辺境警備に着任しました
一迅社文庫 マサト真希著
田舎モノは好みだし、お茶も好きだし、まあまあ読めなくもなかったけど、せっかく尖らせてるのにそれを丸く収めていい話っぽくしてるところが逆に萎えるので、そういう日和見は避けてほしいところです。

マンガの神様
電撃文庫 蘇之一行著
第21回電撃小説大賞銀賞受賞作。神様の使い方がラノベっぽくないところは悪くないか。でもいかんせん主人公がひどい。こんなのに感情移入できるわけないじゃない。

妹さえいればいい。
ガガガ文庫 平坂読著
もう2度と平坂読の作品は読まなくていいなと思いました。つまらないという意味でなく、好みじゃないというだけ。多分こういう尖り方をしてる作品を好きな人は多いのだろうし、そういう方向性では多分悪くないんだと思いますし。

五色の魔女
ダッシュエックス文庫 狗彦著
第1回集英社ライトノベル新人賞特別賞受賞作。これもいい話っぽくしてるけど、3つ上の作品とは違ってこういうやり方だとよく見えます。魔女の価値観をもっと我儘に振り切らせていてもよかったかな。

10歳の保健体育 8
一迅社文庫 竹井10日著
6巻。blog上では7巻を読んだ形跡なし。読んだと思うけど、もしかしたら読んでないのかな。最終巻。お疲れ様でした。でもこういう作品が8冊ってのは飽きるので、やっぱり3冊程度で収めてほしいところです。ラノベの打ち切りって逆に正義じゃないかと思う今日この頃。

俺、ツインテールになります。 9
ガガガ文庫 水沢夢著
素直に飽きてます。でも多分残りの幹部数からしてあと3冊で終わるんじゃないかと期待したいところ。

おねがいマイメロディ 短編これくしょん
スマッシュ文庫 山田隆司著
アニメの外伝として、何も期待してないので、がっかりすることもなく。奏の魅力だけが光ってた1冊かなあ。

5月はこれといったのがなくて、消去法から今後の期待値で五色の魔女かなあといったところ。消極的選択なのでそれほどでもないけど。

2015年5月21日 (木)

オレカバトル その134

解禁日にプレイしても撮ったその日にエンコしないものぐさ勢。そもそも自分のリソースが足りてない。ひとつのゲームだけで生きていけるなら楽なんだろうけど。でもそれじゃつまらないしな。

オレコマンド57回→→←←→→
オレカ野郎で6回。青ダンテ。何となく妹で戦ってみた。牛が完成してしまった今、今後は育成モンスターで撮影することが増えるでしょう。でも面倒臭がって牛使うことも多いかも。
とりあえずこの編成はわりとバランスよく対ボス仕様でした。

オレコマンド58回←←←↑↑↑
早速ガープ。そんなタイムリーに出さなくたって。それにしても計算通りですね。
あと、最近ザコ出ませんね。ボス出したってザコ出したってそんなにインカム変わらないと思うし、滅多に会えないレアザコとか出してみるとかどうですかね。ハクシカとか。

vs 大富豪アリバ
前の解禁からいたのは知ってたけど会ったことなくて、ボスだと知ったのはこの日のこと。★6ボスってなー。
そしていまだにできないビンボーヤクビョー。★1でここまで完成しないって、7章以前のベージじゃないんだからさ。ホント、新しく拾い直す方がいいんじゃなかろうか。

ジンジャー島
金は減るけどワンタン率100%で稼ぎにもってこいでした。おかげで牛もすぐ完成したし。でもまあクエストモード追加されたし、いいかな。どちらかというとフリープレイが消えたのが地味に効いてきたかも。あれを目的にプレイすることはなくても、機材設置しながらとか、信号出力台が使えないときにとか、スマホに集中しなきゃいけないときとか、片手間に動かしてるのにちょうどよかったんだよな。
閑話休題。エイルは★2にしてはそれなりに使えそうだけど、絶対必要なほどでもなさそうなので、暇があれば。

新4章追加2弾解禁動画
沙羅曼蛇のゴーレムがそのうちくると思ってるんだけどなあ。クルクルラボ的なの。
こんな没個性ゴーレムいらないよ。
メタルになってEXが真ん中以外いけるようになったところだけは評価。

クエストモード(vs 赤のプリンセス)
キドリが1体しかいなくて初心者向けぽい。オリジナルも減ってそうな気がしなくもないけど。チケットもらえたりするので、ちまちまやってみてもよいかもね。
そういやクエストも採掘する必要あるのかな。もうコンプリートはやってないけど、人によっては集めてるでしょうし。

vs 熱鋼騎士クロム
歌入れてくるのはよいね。ダッキ以来ちょくちょくいるけど、章に1曲くらいずつ入れてくれてもいいように思います。使い道なくても育てようとか思うかもしれないじゃない。まさにクロムはそんな子なわけで。
しかし★6ボスで連れが2体いると厳しいなあ。牛使いたくなかったんだけど。

vs 魔将ガープ
フィスカと同格みたいなポジションの人か。しかし育成中モンスターで戦うときびしいなあ。この動画もアープのおかげ。まあ敵のいいところ撮りたいからこういう方がいいんだろうけど。
ところでパズズの『ハートスチール』ってモアイの『オコル』みたいに最終リールに入ってくれないんですかね。超面倒なんですけど。

vs 煉獄帝アレス
輝石を最近引っ張り出して、ムウスをどうにかしようと計画中。でも実にレア技ぽくてさっぱり入らないんですけど。どうせ火技だし、やっぱりいらないか。
あと、メロウ活躍してくれてよかったけど、この子育ててて『シャボン・バリア』が1リールの移動より重いことを知って落胆したとか、この日は

今日の撮影後に後片付けしながらクエストプレイしてたときに、ちまちま育ててたこいつがようやく完成しました。1リールが長いことオレカ野郎7回の動画のそれだったのだけど、やっぱり埋まるのか。予想では★3ロレルの1リールで『フンキ』埋めするのと同じかなという感触を持ってたので、あとはコマ潜を調べられないカードでどうかだけが気になってたのだけど、無事完成して何よりです。だったらアプリで先に調べとけよ。

2015年5月 7日 (木)

Wonderland Wars 備忘録

ようやくA5昇格。プレイペースもあるけど、やたら長く感じたBランク。このところ(B3→B1)あんまり負けが込んでたので、一度考えを整理。

そもそもアリスは射程長いから基本は相手の射程外からSSぺちぺちだし、位置取りのこと考えてもHPよりSPのがいいじゃん。それともそれほど身を削ってでも相手エリアに食い込んでかき回さなきゃいけないという理屈だろうか。それは別のキャストがやってくれ。猿とか。ていうか猿いたらもっと楽できるしな。いくら味方がネッタやミクサばかりだったとしてもそんな役を押し付けられたくないわ。
という理屈で、装備を以前の大風払いの扇と玉龍に戻してみた。餅食らいと鬼神はそのまま。
案の定、装備を戻したら勝率もいくらかマシになった感じなので、やっぱりグランマ火ねずみ安定という話を鵜呑みにしてプレイしてた自分が悪い。まあプレイスタイルに合ってなかったんだろう。何にせよ、自分で考えないとダメだということ。猛突進は残念ながら諦めてもらおう。

アリスはアタッカーとはいえどちらかというとレーン維持向きのファイター寄りポジションなので、開幕のレーン選択を間違えないように。遊撃担当でもサポーターでもないので移動することはそうそうない。
プレイヤー1だった場合は左レーンでソロ。プレイヤー4がファイターで左ソロを担当したがる場合は一旦任せてもいいけど、様子見て任せるか交代か判断。プレイヤー2だった場合のプレイヤー3も同様。
プレイヤー3でプレイヤー2がファイターなら右は任せる。アタッカーでもミクサ、アシェなら基本は押し付け。美猴とサポーターの場合は受け持つ。ただし相手のプレイヤー1が吉備、フックならプレイヤー2がサポーターでも任せる。譲り合い。その場合は、中央レーンから右を睨みながらプレイ。もちろん、行ってもらえなかった場合は受け持ち、責任はプレイヤー2に押し付け。
プレイヤー4の場合は格下として譲り合い精神から、プレイヤー1がサポーターでも左へ行かずに共同レーンへ。他に誰も左に行かない、あるいは同格マッチングでプレイヤー1がサポーターなら左担当。

中盤以降、レーンが膠着していたら後半も引き続き。優勢なら持ち場専守。劣勢なら向いてないけど遊撃か選手交代で別レーン補佐。そもそもその判断を正確にできるならもっと勝ててるはず。現状、負け数が上回ってるので、どうせその場で正解選べてない。そもそもそれさえ正しいか不明。もっと体で覚えないと。

誰が相手でも狙いはボムバル。兵士処理能力は1.01でますます落ちたので、兵士に巻き込んでキャストを逃げ腰にするのが専ら。逃げなかったらうそなきでキャスト狙ってもいいけど、逃げてくれればライン上げられるので、それだけで仕事は充分。ゆえにボムバルをキャストに当てることが第一。

操作スキルは後回し。まずはこれだけ守れるように心がけて、明日またがんばろう。

2015年5月 5日 (火)

オレカバトル その133

半月分のプレイその他動画群。

54回←←←↓↓↓
スティールドラゴン。追加されたばかりなのにもうオレコマンドとか、ネタがないのかとしか思えません。なお、自分はいまだのオレカ野郎を見たことがないです。シークバーでコマンド確認してるだけ。

55回↑↑↑→→→
チビムウス。TVアニメが終わってタンタロー預かりとなったおかげで、GWのために割食ったチビムウス。それもどうなのか。マーリンのEXがそんなんだということを初めて知ったGW。

56回←←←←←←
ゴールドドラゴン。チビムウスの期間が短い分、こっちはちょっと期間長めに。いらないけど。そういえば技コスト分からないといえば、こいつは一番よく分からない存在だったかもしれない。

vs 魔王アヴァドン
残りのボス。存在価値がよくわからない。色違い出しとけ的安直さを感じます。

vs 絢爛竜ククルカン
幻定。元の2枚が非常に強くて、そのバリエーション出されたところでそれらを超えることは厳しいの分かってるけど、それでも違う方向性を打ち出そうと頑張られたかのようなそれ。最近はカウンター型ドラゴン増えてますね。でも対打撃専門じゃ使い道少ないかな。一応Maxパラメータぽいの拾ったようなので、もしかしたら育てるかも。

とりあえずこの半月の間、レジャランアキバの大会出たり2代目牛完成させたり、ついでにミントナルカミ作ってみたり、色々収穫は多かったかも。六本木は行きませんでしたが。

話は変わりますが、ちょっと前から考えていたことがあって。大会のときに話題振ったら誰にも通じなかったので今となっては知らない人が多いのだろうけど、昔、一瞬だけ『召喚★』『召喚★★』『召喚★★★』『召喚★★★★』がそれぞれ★1、★2、★3、★4しか呼べないver.がありましたよね、と。
当時、リヴィエールがあまりにも不憫で仕方ないと思ったものだけど、牛サルの『変化』ってそれでも充分すぎるんじゃね、って思うわけですよ。要するにスキャンモンスターの最終リール以外使えない状態。そのくらい選択肢を狭めても君臨し続けるのも見えてるし、一度そういう調整してくれないかなあと思ったり。とりあえず次回オレカ会があったらローカルルールでやってみたいところです。
でもそうすると、最終リール以外作らなくなってお金落としてもらえなくなりそうだし、それはそれでダメなのかも。
あるいは、これも一瞬だけあった、スキャンモンスターのパラメータも参照するver.。あれ、そんなに不評でしたかね。たしかに面白くないかもしれないけど。
やっぱり魔法禁止使えるSP84or89の★1★2を追加してもらうのが無難かなあ。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31