« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月31日 (土)

今月のまとめ(H27/1)

14冊。年明けたし個別に書くつもりだったけどやはりサボり。一度やってしまうとどこまでも怠けるのが人間です。

始まらない終末戦争と終わってる私らの青春活劇
ダッシュエックス文庫 王雀孫著
今後スーパーダッシュは消えていくんだろうか。レーベルとして成功とは言いがたかったかもしれないけど、だからといって看板新しくしたら中身も変わるかって話じゃないと思うのだけど。
キャラの造詣、個人的には特に妹が緻密ですばらしく。なのだけど、もうちょっと読者を信じて描写に手を抜くというか行間読ませるように持っていけないものかなあ。せっかくのキャラを掛け合いで台無しと言わないまでも、蛇足の文章で魅力を損ねさせていたり、そんなちぐはぐなところがもったいなくもあり。そのくらい鈍感な主人公が悪いといえば悪いというか、主人公のキャラ作りに失敗してるというべきか。何でこんな主人公のフォローのために妹やヒロインがここまで説明してあげなきゃいけないんだろう。それを読ませたいわけではないように思えるのだけどな。本題はそれなりにトリックを表現できていたとは思うので、実にもったいない作品でした。
うーん、あんまり鈍感系っていい作品にならないような気がしてきたぞ。どこの編集部もいまだに凝り固まってそういう注文出してるんじゃないかと疑わしくなってきた。そういう読者こそ金使ってくれるって考えなのかもしれない。やっぱり読者のせいだった。つまり自分か。と、一周したところで、看板変えた最初の話に戻って、やっぱり出版社のエゴに落ち着くのでした。
多分、作家と担当編集との二人三脚が上手くいってたら、この作品もっとすばらしいものに仕上がったと思われます。お互いに足りない部分を補ってあげられたらなあ。自分もそんな仕事をしたいなと思ったのでした。
あと、公式HPに外伝あるので、そちらも。
もちろん、えれっと絵も最高です。

俺、ツインテールになります。 8
ガガガ文庫 水沢夢著
前巻
愛香回。それに尊を上手くちりばめて。のくせに表紙が慧理那って何ですか。それともイラスト集付き特装版買わなかった自分がダメですか。
まさかの輪廻物突入かと思ったけど、さすがに違った模様。まあ平常運転なので幼なじみでも汗でもスメルでもどうぞ。スメルはなかったか。それにしても、やっぱり観束未春をチョイスした自分の目は間違ってなかった。偉いぞ自分。
あと、恋香はもっと前面に出てくるべき。そこは今後に期待ということで。

王手桂香取り! 3
電撃文庫 青葉優一著
前巻
前の巻で飛車角の匂いを漂わせてたのは何だったんだろう。最終巻なのに出てきてないんですが。すっきりしないというか打ち切り感溢れる終わり方でした。幕間に挟まる将棋の説明も少なかったし。結局将棋に人気がないということでしかないのか。残念だけど仕方なし。お疲れ様でした。

放課後アポカリプス
ダッシュエックス文庫 杉井光 著
これ、ラノベじゃなくホラーとして読んでもらえたら普通に読んでもらえそうなのにな。最たる杉井節であるコントがおとなしめだったのでラノベとしては弱め。
世界のちらつき。敵を分析しながら自分探し。ゲームを題材にしてラノベの体裁だけど、中身はホラーです。何か勘違いする人も多そうなのでネタバレでもいっておきますが、もちろん怪物がって意味じゃないですよ。天使化の話。
あと、るろお絵指定ってことだったけど、多分別の人のがよかったと思います。

スカートの奥を征く者 1
モンスター文庫 マツ著
スカートめくりのためにVRゲームというのがすでにアタマ沸いてるし、チョロインがチョロインすぎて主人公の魅力のなさをますます加速させてるし、よくもまあそこまで薄っぺらい作品を出版しようと思ったものです。多分ワナビたちに希望を持たせるための双葉社の博愛によるもの。

今すぐ辞めたいアルスマギカ
富士見ファンタジア文庫 氷高悠著
第26回ファンタジア大賞銀賞受賞作。これも3ヵ月積みか。受賞作ってそれだけで買ってたりするわりに積むし、時期外すと読む価値半減するので、今の読書ペースでは買ってはいけない気もするのだけど、そういうところにお金落とさないとやっぱり出版って回っていかないので、いつものように積むのでした。
魔法少女物の時代長いなあ。というか別に彼女ら魔法使ってないですけど。変身だけ。変身少女物とか改名した方がいいよね。やってることは戦隊物だもの。遡れば大江戸捜査網とか、さらにもっと古いものも。まあ古典てことで。
一見、変態を相手に町内の平和を守るあたりは俺ツイのようなテイストだけど、本人バレしてるし、本人は魔法少女やめたがってたり、いきがる後輩をたしなめたり、描写されてるのはヒューマンドラマという。まあこういうのはバランス大事なので、そこが問題なければ普通に読めますという。ということで、ファンタジアにしてはバランスのいい受賞作でした。新鮮味はその仮面で判断するくらいしかないけど。でもあんまり仮面が役に立ってないからな。だから銀賞なのかな。
ラノベらしく色々ネタ引っ張り出してきてるけど、彼にはオレカバトラーになってもらうべきかなと。ダイヤ使いなさい。そんな決め台詞なら。逆にオレカバトラーも読んでおきましょう。

太陽のチャンネル 1 死にたがりの吸血姫と、最強無敵の死にぞこない。
講談社ラノベ文庫 漆原雪人著
さっぱりその背景を感じられないのに世界最強とかいわれても。そこそこ知られてる、程度にしといたらどうですか。そして1巻からメインヒロイン以外が口絵ピンナップで大きな扱いというバランスの悪さ。それとも吸血姫さんはかませですか。
まあ話自体はそれほどダメな感じでもないと思うので、タイミング悪くなければ続刊も読むかも。

オオカミ少年こひつじ少女 お散歩は冒険のはじまり
小学館ジュニア文庫 湖山真著
原作知らず。著者効果で購入。普通にハートフルな少女向けコミックのノベライズなのだけど、読んだ限りでは主人公を小学生3、4年くらいにした方がしっくりくるなと思いました。でもまあ原作がそういう設定なのだろうし、それは仕方のないことなのかなと。まあハートフルな童話を読みたい人にはよろしいかと思います。

ゼロから始める魔法の書 II ―アクディオスの聖女〈上〉―
電撃文庫 虎走かける著
前巻
書物探しの旅に出たゼロと傭兵。政治をシンプルに捉えすぎかなとは思わなくもないけど、とりあえず普通に楽しめる程度には面白く。上巻なので判断するにはまだ早いけど、下巻も期待はしたいところ。しっかり散らばったゼロの書探してる内容でありさえすれば今後も読み続けるでしょう。探したけど進展ありませんでしたてな下巻だったとしたら俺の時間返せってなりかねないので、そういう展開を2冊も使ってやるものではないと、さすがに分かってますよね。

きまぐれロボット
角川つばさ文庫 星新一著
不思議ホラーといえば。この1冊はそれほどホラー寄りではないけど、オチの捻り方はやっぱり。小説読む人で彼を読んだことない日本人なんていないでしょ。くらいに思ってる自分です。

ギルドのチートな受付嬢 1
モンスター文庫 夏にコタツ著
設定がいらない。話自体はつまらなくないので、とてももったいない。料理の技法はあるけど素材選びに失敗したといえばいいか。作者か編集か知らないけど、そういう部分に一声入れてあげてほしいなあ。

無免許魔女の推理ノート
富士見L文庫 上総朋大著
どうにも魔女に魅力がないです。かといって謎自体で引き寄せられるほどの内容かといえばそうでもないので、何を書きたかったのか、そこから整理してみたいところです。
デビュー作のヒロインと似てるっちゃ似てるので、彼が書きたいのはああいうヒロイン像なんですかね。それともキャラは単に好みの形にしておいて、ミステリに挑戦してみたかったとかだろうか。とりあえずカタチにはなってるけど、特に面白くなかったのでミステリは向いてない可能性が高そうです。

スーパーヒロイン学園
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ 仰木日向著
ホントにアメコミとか好きなのでしょうね。買ったのはマルイノ絵効果だけど、非常に面白く読めました。扱い的には亜依が狂言回しでリンが主人公という体なのですかね。いあ、リン可愛いけどさ。表紙や口絵は亜依のがしっくりきたかも。
一言で説明するならジャンプのヒーローアカデミアをとことんゆるくしたらこうなる。うん、世に求められてるのはこの路線だ。間違いない。かわいいは正義。かわいいこそが正義。

響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ
宝島社文庫 武田綾乃著
春から京アニでアニメ化というだけで勝利を約束された作品。舞台が京都というだけでもそれっぽい。
が、音楽よりも人間関係というか部内政治の波に流されたみたいな、青春物としても微妙な内容だったので、興味の方向は京アニがどう料理してくるか、だけです。間違いなくアニメのが楽しめるだろうと現時点で結論付けられます。エンタメってそういうこと。

イチオシはスーパーヒロイン学園で。アルスマギナとラグライブもまあ。この略し方でいいかどうかは知らん。

劇場版 蒼き鋼のアルペジオ アルス・ノヴァDC

他にもアップルシードやらサイコパスやら観とけって映画はあったのだけど、公開初日効果でこれになりました。でも今回それほど惹かれる物販もなく、限定版パンフを購入したのみ。もっと事前に予定決まってたら舞台挨拶チケットとか取ったんだろうけど、前日にそんな話になったし仕方ないかな。

前半は総集編。後半から色々出てきて、2作目に続きますよ、な流れでした。TVの復習してなかったので前半は助かったし、原作読んでないので後半も新鮮だったし、クオリティもそれなりで、まあ楽しめました。というか総集編が分かりやすくまとまってたおかげでTV版より楽しめたまである。

基本的には、人間に似た非人間、この作品の場合はメンタルモデルが、人間と接触して戦ったり紆余曲折しながら人間の価値観に追いついたね偉い偉いみたいな人間至上主義が出発点にあって、追いついたら追いついたで主人公らを除く人間側がさらに傲慢になって、純粋な彼女らと主人公らが今度は新しい時代をうんたらという、よくある流れなわけだけど、まあ話はそこそこにむしろメカを見てくれ的な作品なので、そっちに力入ってればお決まりのメッセージなどどうでもよいのです。そっちの出来はまあいいんじゃないですか。物理云々いうようなものでもないし。

秋予定の2作目も普通に楽しみにして観に行くことになるでしょう。多分。

あと、どうでもいいことだけど、左隣に座ってた人が変な動きしたり足ぶつけてきたりで嫌だなあと思ってたら、その人、始まったと同時にお祈りしてそのまま席立って戻ってこなかったんですよね。あれ、何なんだったんろう。普通に怖いよ。

2015年1月25日 (日)

オレカバトル その126+オトカドール その6

バハムート捕獲とオトカ見るのだけが目的で、WHF2015冬。一度帰ってから行くとなるとスケジュールが苦しそうだったので、仕事後そのまま直行。直行というか断熱シートだけ買いにICIスポーツ寄ったりしましたが。
ということで、初めての徹夜組。しかも物販とホビーの入り口が逆になって朝になって建物内に入れなくなった裏目仕様。かけただけの労力に見合ってるのかどうか。一緒に並んでくれた戦友たちのおかげで苦痛も緩和されましたし、さすがにまんべんなくとはいかないまでももっとも挨拶しなきゃいけない人にも挨拶できたし、地方から参加されてるプレイヤーともお話しできたので、イベントならではの時間を過ごせたと思えば、まあ。

とりあえず、バハムートは軽くこんな感じ。プレイ前の3択表示もタンタローでよかった。やっぱり彼でないとね。結局黒バーン牛ロキでプレイしました。アタマと時間を使わずに勝つにはこの2枚が理想に近そう。主人公は知らん。あと徹夜でコンディション最悪な上、立ちプレイなので、スロット以外のEXはないと思いましたが、これは人によるのかな。2周目も大人でも並べたようだけど、人の多さでスルーしました。そこまでの情熱はない。
あと思い出したようにアプリダンテズ。以前はパラメータ厳選できたらしいけど、自分がやった際はシークレット表示でした。排出後でないとパラメータ分からない仕様。修正されたらしいとのこと。
あとはオトカ偵察。中学生以下限定なのでプレイ不可です。偵察だけ。シールだけもらってきました。きらきらでよい感じ。
という感じで楽しんできました

41話↑↑↑↑↑↑
拾ってきたバハムートを早速デビューさせてみました。ケロゴン(金)は1話オレコマンド以来の登場。何かそのうちこいつがバハムートの種にでもなるんじゃないかって流れが見えます。気のせいか。
そして使ってみて案の定、ウチの子はSP64にはならなかった模様。まあいいけど。そう思ってしまう時点でもう気持ちが離れてるのがよくわかりますね。

オトカの稼働も近いし、ま、それからのんびり遊ぶとしましょう。手軽に遊べる雰囲気がオトカの魅力。苦しかったら、そのときはまた考えよう。

2015年1月16日 (金)

オレカバトル その125

15日はコロコロ発売日。やる気ないといいながらもしっかり撮影に出掛ける程度にはまだ気持ちがある模様。ほぼギアスだな。

新3章追加解禁1
何度聞いても沖縄風サウンドは間抜け。ナンクルマルとかニラーハラーとかシーサーなんかがいるときだけにしてくれんかな。

vs デスフィアープラント
永続デバフは面白そう。でももっと効果強くてもいいんじゃないですかね。さすがにここまで効果が薄いと使い道ないです。コンセプトはいいのに。

vs 風魔の族長オロシ
こいつが堕ちてナナワライにでもなったんだろうか。まあいいデザインだと思います。育て甲斐もそれなりにありそう。何となくキャパ大きいってツラしてます。気のせいか。
カットインもありそうだけど、探してません。

WHFの日程勘違いしてました。今週だと思い込んでたら来週だったという。しかも艦これACのロケテとスケジュールバッティング。まああちらはチケット当選するか分からないけど。当選したら死ねそうなので、落選でもいいかなと思ってる自分がいるというか、雨降ったらWHFもいらんてな気分です。でも六本木なくなったし、今後機会があるかわからないしなあ。祟竜が一般開放されるようにバハムートもそうなれば、それ待ちでいいようには思いますが、先のことは分かりませんしね。
そんなのよりもルシ子やプリッドやアバリータたちをオレカにさっさと連れてきてくださいな。てか、オトカもWHF出るんだよね。プレイはできそうにないというかする必要もないだろうけど、進歩してるか遠目に見るくらいはしておきたいところです。

2015年1月12日 (月)

オレカバトル その124

財布の都合もあるけど、同じくらい気持ちが離れているのも事実。財布と心の余裕が必要だなあ。
とりあえず去年から溜まってる動画をさすがに処理しましょうかね。

38話↑↑↑↑↑↑
魔人イフリート。牛は念押し、ランチュラは最近の興味対象。サッカーラ大会も彼女らで置いといたけど、面倒な相手だけでなくやっぱり事故も嫌われますね。ぜんぜん稼いできてくれませんでした。大会っていっても、対戦でなくポイント稼ぎが主眼の大会なので、スライムでも置いとけって感じですね。面白くないけど、そういう大会ですし、まあ仕方ないですね。

39話↑↑↑→→→
番組放送前なら月曜でもプレイできるはずなのに、今日17時にプレイしてみたらオレコマンド使えませんでした。ホップだったらしいけど、結局見られませんでした。
多分、アイコンにNG出てたので再起動してもらったのが原因なんだろうなー。

40話↓↓↓↓↓↓
その39話のオレコマンドの代わりに、おかげで1時間フライングで今週のオレコマンドを撮ることになったのでした。フライングがまったく嬉しくない事案。
もう邪ッカやったってことはアニメは新展開に進むんですかね。真面目に見てないので内容アタマに入ってません。

vs 神界竜バハムート
38話の録画と一緒なので、これも去年。
EX見たさにもう1冊だけ購入。黒バーンはカットインなかった模様。とりあえず牛とトカイは両方使わなくていいな。色々攻略考えてる人もいるでしょう。正直なところ、敵はバハより徹夜と寒さ。並んで徹夜OKって、ねぇ。WHFの運営を見直してほしいです。

vs 大魔王サッカーラ 1 / 2
大会中の大サッカーラと、チケットのそれ。店舗登録とか、チケットの使い方とか、そんなのも含め。しかし、すでに完成された強さを誇る彼がいる上で新しく出てきたところで、使い道あるんですかねぇ。

結局、ロレル以降、更新するに足り得るモンスターの登場はなくて、牛サルの弾が増えてくだけという現状。理想をいえばまだまだ育てたいモンスターはいるとしても、じゃあいまある弾で不足かといえばそんなこともないので、何か新しく育成しようという気にもなれないのです。この気持ち、自分だけじゃないと思いますが、さて。

個人的にはWonderland Warsのロケテという名のほぼ先行稼働が先週火曜から始まっていて、気持ちはそっちに向いてる状態です。というかロケテ通ってます。来月にはWW出ちゃうし、今年はオトカドールもあるし、特筆すべき新モンスターでも出てこない限り、今後オレカは流しプレイで済ませてしまうのではないかなと考えます。これだけ付き合ってきたゲームですし、サービス終了まで遊ぶことは遊ぶでしょうけど、そろそろ3年ですし、メインで遊ぶゲームが移っても仕方ない時期でしょう。
そんな流れで、オレカのアニメは春で終わるでしょうし、ここは後釜にオトカドールのアニメをオレカよりももうちょっと予算割いて、一発当ててくれませんかね、という夢見てみたり。妖怪ウォッチやアイカツ!に学んで、オトカは展開に失敗しないでほしいものです。それよりもまずはゲームかなー。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30