« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

今月のまとめ(H26/7)

今月は多少盛り返し。艦これやめた効果がそろそろ出てきたかもしれない。趣味の取捨選択とか贅沢な悩みですな。

おねがいマイメロディ ふぉ~えば~
スマッシュ文庫 山田隆司著
宇宙人の侵略とかトンデモなプロットだけど、それさえ通常営業なマイメロでした。
魂抜けて転がってる姿はやはりぬいぐるみなのか。ウサミミ仮面もマイメロママもあんまり活躍しなかったのが残念。まあ世界観だけでお腹一杯なのでいいですが。
そして今回も全ルビ。だから美人局アナってルビ振ったらネタの意味ないでしょうに。いあ、そのナンセンスささえもネタなのか。
1巻のがもうちょっと面白かったかな。新鮮味の分。
ところでちょうどサンリオキャラクター大賞の結果発表直前。自分はウサハナとプラズマジカとピアノちゃんに。最近ぐでたまとKIRIMIちゃん.の人気が高くて、どうにも読みづらいです。

奇械仕掛けのブラッドハウンド
ガガガ文庫 ついへいじりう著
最後に残った今シーズンの金帯ストック。マルイノ絵+ガガガ大賞なので期待値はそれなりに高かったのだけど、どちらかというと裏切られました。主人公の価値観の押し付けがどうにも受け入れがたい上に、しかもそれがストーリーの足を引っ張ってしまっているとか。後輩ちゃんの死とか、そういう展開で見せたかった割りに、そこで主人公の価値観が悪い方に発動して、とてもあっさり済ませてしまっては、実は死んでなかったといわれても、はいそうですかとしか思えないし。揺さ振れてないですよ。キャラの動きと表現がちぐはぐなんだよなー。もうちょっとがんばれ。

リアクト
ハヤカワ文庫JA 法条遥著
これがリライトの2かな。リビジョンは1.5だった。といってもリライトとリビジョンの穴埋めをしようとしてさらに破綻したというのがもっともしっくりくるので、リビジョンよりはまともだけど、もうどうにでもなーれ、な感じ。蛇の足にさらに足が生えたところで些細なことなので、もっと足生えてもいいんじゃないかな。ここまできたら。

ケイリン探偵ゆらち 女流漫画家殺人事件
小学館文庫 高千穂遙著
高千穂遙ってこんな淡々とした文章だったっけ。はるか昔にクラッシャージョウ読んだ以来なのでほとんど初読レベルではあるのだけど。おかげで入り込むのに苦労しました。慣れてきたらそれはそれでテンポも悪くなく結構読みやすくもあったのだけど、でもあんまり褒められた文章でもないよね。
で、元アイドルのケイリン選手が興味本位で探偵ごっこやって殺人事件の謎解くお気楽娯楽作品。さらっと読んでさらっと忘れるのがよろしいかと。

修理屋さん家の破壊神
富士見ファンタジア文庫 朱門優著
これ、ストーリーそのままで設定練り直してSFジャンルで売り出す方がよかったんじゃ。ラノベで学園物なのが意味不明です。
出だしの印象はSDのつくも神に似てるぽい?とか思ったけど同じなのは主人公が修理好きなだけで、もっとこねくり回した内容でまるで別物でした。そのSFな内容はある意味面白くはあったのだけど、ラノベとしてはキャラに魅力がないのが残念な感じ。特にヒロイン群。
でもまあ面白かったかな。多分2巻も買います。次はもうちょっとキャラが綺麗に収まってるといいな。

以下の個別と合わせて12冊。二桁読めるとやっぱり満足度が違いますね。ただ、後半、blog書くの面倒な感じで個別にすべきそれもひとからげにしてしまったのは微妙に後悔というか。でもまあしょうがないか。

デート・ア・ライブ 10 鳶一エンジェル / アンコール 2
アイドル潜入捜査官 小田切瑛理
グイン・サーガ 131パロの暗黒 / 132 サイロンの挽歌 / 133 魔聖の迷宮"藤壺" ヒカルが地球にいたころ…… 10
きんいろカルテット! 2

今月の1冊はきんカル2巻で。音楽は世界共通のテーマですし。
そういえばそろそろ積みが減ってきたかも。というか最近買ってない。また補充しなきゃ。

きんいろカルテット! 2

オーバーラップ文庫 遊歩新夢著

この作品の一番のポイントは作者が実際の演奏者であることなんだろうなと。背景がしっかり伝わってくるのがよいです。

前巻リンク

1巻の結果が認められて次なるステージへ。その前半戦。3巻ありそうで嬉しい。ということで3巻に向けてメンバー増やして頑張ろうなお話。
都合よくメンバーが転がってるあたりはアレだけど、新キャラミシェルに触発されてイッキーの成長やら由真が悩んでみたりする青春ぷりが初々しくて。加えて英司のスケールの大きさが見えてきて、ハーレム+俺つえーなその内容はとてもラノベっぽく読んでて気持ちいいです。そのうち真里菜もくるな。こなきゃおかしい。それを先の楽しみに。

オーバーラップそれほど読んでないので、今までこれというのはなかったけど、この作品だけは最後まで追いかけたいかなー。
あとこういう作品はドラマCDとかでなく、彼女らになりきった演奏CDとかおまけで付けたら面白いかも。

というわけで、3巻よろしくお願いしますね。

"藤壺" ヒカルが地球にいたころ……10

ファミ通文庫 野村美月著

やっと完結。それなりに好きな作品ではあったけど、わりと後半どうでもよくなってたかも。やはりラノベで10冊はきついです。

関連エントリ、1巻2巻3巻4巻5巻6巻7巻8巻9巻

ということでヒカルが地球から去りました。要するにヒカルの尻拭いをして他の女の子に前を向かせながら、それもすべて式部さんとくっつくまでのお膳立てという、最後までご都合的なラブストーリーだったということでよろしいか。まあ答えを出すことはよいこと。ラノベ的にはハーレムエンドでもよかったけど、この作者はそういう柄でもなさそうだし。

思うに幽霊にせずとも生前に友人になっておいて、それから尻拭いでもよかったような。このホラーというかファンタジー要素なくていいよね。単にヒカルうぜえだけだっただけ。多分式部さんとしーこがいればケツ叩かれてたし、現実路線で解決できてたのでは。
まあそれも終わった後だから言えること。

ともあれお疲れ様でした。他作品読むことあるかなあ。テーマ次第かな。これみたいに。

2014年7月22日 (火)

オレカバトル その107

本当は15日の解禁に合わせて13話~15話までのオレコマンドもアップしようと思ってましたが、SDHCが壊れて動画の元ファイルが消えました。復旧させようとちょっとだけがんばってみたけど、13話のみどうにか拾えただけでそれ以外はファイル復旧できませんでした。週末に再撮影したものの、さすがに14話のオレコマンドと解禁動画とブラックレッドだけはどうしようもなく。いあ解禁は店員さんに言えばできなくないし野良ブラックレッドはもう1冊買えばいいのだろうけど、そこまでするほどのものでもなかろうし、どうせ14話もないことだし、新ボスと15話撮り直しに加えて今日の16話のオレコマンドだけ用意することにしました。

毎週アップしてれば失敗してもフォローできるんだろうけど、そこまでの労力をかける気になれないので、まあしょうがないですね。

13話↑↓↑↓←←
魔ム。いくつか撮影してたはずだけど、これがNGだったか本命だったかすでに定かでなく。そもそも近頃の撮影はそのために準備をするでもなく、コマンド調整のついでと化してます。今見返すとスフクはちゃんと育ってくれて偉いなあ。それに比べて牛の停滞ぷりたるや。お前ホントにいくらかかってるんだ。

14話↓→↑→↓←
スカーレッドだったけど、ファイル消えました。残念。でもこの撮影の日は幾ばくかの収穫があった(12)ので、動画消えたことも笑って許そう。でもその後ブルマジがパラメータもコマンドも引き継がないことを知ってがっかりしたという。

15話→↓→↓↑↑
魔ズ。読ませるモンスターに悩む今日この頃。動画程度ならどうでもいいけど、対戦のためには★1、★2の使えるモンスターをもうちょっと用意しないといけないなーという、当面の課題。育てたいモンスターは数あれど、そこまで手が回らず、どうしたものか。

16話↑↓→→↓↓
レヴィアタン。キドリと一緒に出てくればいいのに。何かヒネリを加えてほしいものです。しかし牛、ホント育たないったら。ビンボーガミもこれ以上手を入れる必要感じないのに、いつまで付き合うべきなのか。コタコンはもっと必要なし。

vs 幻獣騎士ケルー
2体のモンスターにして、片方が『人馬一体』使ってもう片方が攻撃するみたいなコンビネーション型のモンスターだったら面白かったのになーと思うのだけど、プログラム的に実現が難しくてこうなったんじゃないかなと勝手に思ってます。時間かけていいんで作ってくれませんか。

vs ロボ零四式
使い道に悩むモンスター。零シリーズはいい動きしてるから何かもったいないなー。

vs 棘竜ゲンブ
これも使い道に悩むモンスター。EXは強いけど、牛サル基準だと通常技に夢見せてもらえないと居場所作れないんですよ。

8/2に川崎YAZで大会の予定でした。でもミリアンの大会も8/2でした。これはしょうがないですね。川崎YAZは8/30に行くことにします。でも対戦的には新一章になって特筆モノの新要素ってないですね。層を厚くすることはできてもそれだけでしかなく。次のフィスカ様に期待しますかね。

2014年7月20日 (日)

ダイバージェント

フューチャー&パストがまだやってるようならそちらを観たかったのだけど、上映終了ということでチョイスされたこちら。久々にひどい映画にあたった気分。しかしつっこみどころは多いので、ある意味愛され系ではあるかも。

ディストピア物だけど、設定がずいぶんと破綻してるし、5つの派閥がそりゃもうおかしいし、最後は自分探しの旅に出て終わるという投げっぱなしエンド。ねーよ。いあこいつらとしてはありだろうけど、映画としてそれはどうか。

とりあえず自分の観た中での今年のワースト候補の最右翼と思われます。でも4人で観たので楽しかったです。共有って大事。

2014年7月13日 (日)

グイン・サーガ 131パロの暗黒 / 132 サイロンの挽歌 / 133 魔聖の迷宮

ハヤカワ文庫JA 五代ゆう / 宵野ゆめ 著

溜まってた3冊を。積ん読というより、書くのを積んでたわけですが。

131と133は五代ゆう。まあそれなりに信用してる作家さん。だけど、132巻は外伝で微妙な評価だった宵野ゆめ。さてどうだろう。

まず131。パロがおかしな方向へ。昔と違ってもう今のイシュトはカメロンみたいに愛がなければ出てくんなといいたくなるくらい読むのさえ苦痛なキャラと堕してしまっているので、さっさと話を進めてほしいのだけど、これを納得できるまで修正するのも並大抵のことではないと思うので、気長に待つしかないのでしょう。ていうか、ホントどうしてこうなった。リギアとマリウスは脱線せず動いてるのでまあよし。リンダはどうなるんかな。
まあそっちよりもヴァレリウスが面白いことになってきたので、この巻はそっちを頼みに。たしかにこれは本人じゃ書かなかったろうなという展開。ナリスのキャラが壊れなきゃいいけど、かなり危なっかしい綱渡りになりそうで。
とりあえず五代ゆうの文章は読みやすいです。本人のニュアンスも残した形になってるし。

132。こっちは宵野ゆめ。サイロン側のお話で、展開は本人のやりそうなことではあるのだけど、やっぱり文章に難ありといったところ。でも今のグインはそういう売り方になってしまったわけなので、そんな重責を背負おうというその覚悟だけは評価せねばいかんよね、とまあ。
でもキタイの魔道が何か違うことになってることをこういう表現にはしないと思うんですよ。やりたいことは分からないでもないので、頭の中で翻訳しながら栗本グインの世界を広げてみつつ。
しかしシルヴィアは可哀想だなあ。今の時代、いくらでも需要あるキャラだろうに。

133。再度五代ゆう。今のところ交互で2人。もう数人入り込んでもよさそうなものですが。
ヤガ編。こっちの展開はブランが面白いことになってるので、一番の期待。
そしてヴァレリウス一行の方も。もうパロはかなり絶望的でこれが復興する姿が見えないのですが。モンゴールに滅ぼされたのなんて別に絶望するような雰囲気なかったし、アモンにしたってどうせ助かるみたいに見えたけど、今のパロは救い方が分かんないです。ユラニアくらい絶望的。グイン来たって無理だろこれ。いくら何でも積み重ねすぎた感。どうなることやら。

こうなるとグインの終わりまで生きていられないんじゃないかと思えてきます。150や200で終わらすとか計画立ててくれてないのかな。

アイドル潜入捜査官 小田切瑛理

ポプラ文庫ピュアフル 英雄飛著

タイトルままなストレートな内容。10歳サバ読んでオーディションに潜り込み、人気アイドルグループ内へ潜入捜査。
今の時代に阿った内容だけど、逆にラノベだとこういう作風もないので、一般向け小説でこういう表紙の存在は貴重です。貴重というか、最近多いけど。

28歳が18歳になりきる時点ですでにギャップ萌えの土台があって、そこにクラヴマガとか手が早いとか加味されて、キャラの魅力はやはりこう作らないとなと思わされます。作り方上手いです。主人公だけでなく、他のプリなでファンや首相なんかも。

あとは事件がもうちょっと納得できるものならかなりよい作品だったかなと思うけど、政権転覆程度にこのテロやスパイ行為は、さすがにバランス悪くなかろうかとも。

でも全体的に見れば結構読める作品でした。デビュー作らしいので、今後どんな作品書いてくるのかちょっと様子見てみてもいいかも。

デート・ア・ライブ 10 鳶一エンジェル / アンコール 2

ファンタジア文庫 橘公司著

本編もついに2桁の大台。そろそろ収束に向かってる。と思いたい。

前巻リンク

待望の折紙回。折紙さん、1巻から天使でしたからね。精霊の謎もぼんやり見えてきましたし。むしろエレンのが謎なくらい。多分似たようなものだろうけど。

過去に戻る展開になった時点でフラグ確定。予想通りの結末に。折紙に焦点合ってたのはいいけど、ちょっと可哀想だったかも。まあDEMの手先になるよりはこっちのがまだいいので、気持ちよく暴れてくださいますよう。

そして次巻、たまちゃん回にならないだろうか。今さら寄り道されてもと思うけど、あえてそれさえ本編になるくらいのどんでん返しがあったら、しかもそれがたまちゃんだったら、自分的にこの作品にもう思い残すことはないです。ぜひたまちゃんにスポットライトを。

そして春の2期アニメは、1期のつまらなさの延長からすれば進化したと言っていいのか。空気でした。アンコール3収録の巻だけ買おう。他はいいや。

プリパラ、とブキガミ

妖怪ウォッチやパズドラZ等、印刷タイプのゲーム増えてますねー。今日もこの2つ遊んでみました。

まずブキガミ。
とりあえず。レア感出したいのは分かるけど、ドデカードやめれ。カード整理しづたいったら。何で1つのゲームで4種の大きさあるのよ。ゲーム自体はそれなりに面白かったけど、設計段階で問題があるわ。多分グッズでファイルと一緒に売ろうという魂胆だろうけど、実際にやるならそれも買うだろうけど、やっぱり面倒臭いです。
1000円ほどプレイしてみて、まあ作り込みや面白さはそれなりに評価してます。でもオレカで手一杯だし、移住を考えるほどではないので、ちまちま遊ぶかどうするか、周りの様子を見つつですかね。手が空いてるキッズゲーマーはやってもいいんじゃないかな。

そしてプリパラ。アニメは森脇監督というだけでチェックの価値あり。きら☆デコッ?あれはなかったことにしよう。ということで、色々とリルぷりっを彷彿とさせます。ていうか、ちっひみかしーしゅがぁを採用しなかったことは忘れない。ゲームと同じキャスティングなら神アニメ足りえたろうに。とはいえゲームもセガがやる気なくて曲追加さっぱりで残念だったけど。
こっちはこっちで2人友人いないとまた苦労しそうで。1人で3人分揃えるのは鬼過ぎるでしょう。よって2人の友人を確保できない限りやるわけなし。今のところ未定です。
しかもSR、PR出るのかっていう。今日は2000円くらい使ったけど、半分以上ガチャです。収穫はPR1枚だけ。プレイ自体は5プレイくらい。これも金食い虫だなあ。
システムはアイカツに育成要素加えたような感じで。プリズムストーン使いまわせるのはいいというか、アレはカードじゃなかったゆえに整理がこれも面倒でやる気の失せたゲームだったので、2サイズとはいえカード化はよい変化。というかブキガミがひどくてマシに思えてるだけかも。
気になってた顔写真についてはスルーできることが分かったので助かりました。そもそもプリクラはプリクラでいい。何でそんなモードまであるの。
あと気になったのはやたらとローディングが多いのと、ボタン1つしか使わないこと。難度5なら3つ使ったりするのかしら。今のところ3までしかプレイしてないので分かりません。でも元のプリズムからすると。もうちょっとゲーム性高くてもいいんじゃないですかね。
Image20140712_1
ということで、どちらもそれなりに遊べそうではあったけど、どうせオレカで手一杯なのでどちらも本気出すことはないでしょう。多分。まあオレカ続けますよ。

2014年7月 5日 (土)

ガールズ&パンツァー これが本当のアンツィオ戦です!

劇場限定版BDのために池袋へ。アンチョビさんの胸像に釣られないわけもなく。
チケットは初回の9:25開演確保済み。物販列優先で。映画観られずともBDだけは確保の覚悟で並んで、かなりギリギリでした。トレーラーどころかOP中に入場するので精一杯という状態。まあ並んだ上買えず、しかも観られなかったら最悪だったけど、それは避けることができたので、まあよし。

OVAなので38min映画だけど、内容は裏7話というようなそれ。サンダース戦のときのような学校の様子まで含めた描写をアンチョビ校でもう一度という感じ。

まあガルパン自体バランスのいい作品なので、普通に楽しめる内容ということで。
ドゥーチェ胸像もサンプルほどではなかったにせよ、やはりアンチョビさん可愛いです。

映画の後もイタリアンな昼餐で今日は一日まるまるアンチョビさん堪能。満足の1日です。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30