« オレカバトル その105 | トップページ | 今月のまとめ(H26/6) »

2014年6月27日 (金)

オレカバトル その106

明日はついにWHF。行こうかどうしようかぎりぎりまで悩んで、今回は行かないことにしました。オレカンゲキコンサートとブース近所でiOS版ダンテズくらいしかメリットなさそうなので。旧来の大きいお友だち勢としては、やっぱりイベント限定の新モンスターかサントラCD第2弾くらいの旨みが欲しいところです。でもなー、タンタローやポワ子にサインねだりたいとかもないでもないしなー、とか思ったり思わなかったりだけど、やっぱり幕張は遠いのです。今回はいのちだいじに。お休みすることにいたします。行かれるみなさんはどうぞお気をつけて行ってらっしゃいませ。

ということで、今週のオレコマンド。当初は『バトルスタート』の章選択画面上からの入力で分かりづらかったところ、先々週から『オレコマンド入力!!』の入り口が設定されて、どちらからでもコマンドを使える状態だったのですが、今日プレイしてみたところ『バトルスタート』からだとオレコマンドの入力を受け付けてくれなくなっていました。まあ筋としては正しいのだけど、微妙に不親切と感じたり。まあいいですが。
今週は変なザコでなくリヴィだった分、まだコマンド入力した意味もあったかと思うけど、せっかくだからお供を変えてみたりとか、何かひと工夫欲しいと思うのです。アニメに合わせるのでも、リヴィ+ムウスみたいな手応えありそうな編成にしてくれるだけで、やる気出てくると思うんですが。うん、ボス3体とか出してくれないかな。面白そう。

とりあえず2戦ほど動画作りました。
1戦目は色々とよい流れで、作り込みが甘くてもやっぱりロキはインチキくさい強さだなあと実感した内容。試してないけどロキも★6でも勝てるんじゃないかな。牛サルは言わずもがな。
2戦目はことごとく裏目に出て、接戦演出システムがやりすぎで八百長システムと呼びたくなってくる内容。どうしてそこまでピンポイントにスロット外しますか。いつものことだけど。
WHFも明日になりましたので、例のロレルもお披露目しておきます。活躍してないけど。まあ強いですよね。スラマナと組ませて『息!!!!!』2連発とかやれたらいいんじゃないですか。たしかにやれることは多いです。SP89でどんなモンスターも動けるわけですからね。実のところこの動画は色々情報詰めてます。対戦の参考になれば。

あと、そのロレルのリールに合わせて、目押しについてひとつ。
もちろん今でも目押しなんかない派ですが、技ごとに摩擦力(自分はTTLと呼んでます)が設定されてるとは思ってます。『挑発』とかで赤くなるアレは摩擦力を上げるものだろうとも解釈してます。『★→』は止まりづらいし『ミス』は止まりやすい、というのもたしかにあります。そのために、例えばリールの上半分に『★→』を入れて下半分に必要な技を入れるという育成が、見た目以外の理由でされていることも、まあ理解できなくはないです。自分は無駄だとは思ってますが。
で、もしその理屈で目押しができるのだとしたら、止めたいときに摩擦力をできるだけコントロールするために、1つ残る『ミス』に対して、『★→』は『ミス』の前に存在させず、後ろに配置させるのが正しいだろうと思うのです。このロレルのように。もし『フンキ』の摩擦力が『★→』よりも大きければという仮定ですが。逆に『フンキ』の摩擦力が『★→』よりも少ない場合は、『★→』の前に『フンキ』を配置すべきでしょうが、多分『★→』はどの技よりも摩擦力が低いと考えてよいかと思われます。
その延長で考えると、ウチの牛サルの2リールなんかは目押し出来る派にとっては最低の埋め方となるのでしょう。

まあ、考え方としてはわからなくはないです。わからなくはないというよりも自分なりに考えるならそういう理屈だろうなと思ってる次第です。というか、目押しある派はそのあたりの理屈をもっと深く考察してくださいと思うわけですよ。そういう理屈もなしに目押ししてる人がやたらと多い&アニメのそれとか見てると痛々しく思えるのです。

それに目押し派は目押しを狙いすぎてて、その間にTTLがいくつ減ってるかとかまで考えてなさそうじゃないですか。リールが回ってる間にすでにどれだけTTLが減っていて今押せばそこでTTLがなくなって止まる、みたいなそこまで高度なプレイをされて、毎回狙ったところで止めている人がいたら、それは帽子を脱ぐことにしますよ。でもそんな人見たことないですし。
一応理屈の上ではそういう形で可能は可能と思ってはいますが、それは人間業じゃないし、もし本当にそれが可能だとしても、大事な時には接戦演出システムがどうせ邪魔をすると考えてるので、結局のところ見た目以外の価値などないと思ってます。ゆえに自分は目押しなどない派なのです。

これもいつか書こうと思っててそういう育成をできているモンスターが微妙にいなかったのだけど、ちょうどロレルがそれっぽい形になってくれてて、でもロレルをWHFまでと封印してたので、ようやく寝かせていたネタを1つ書けたねというのが今回のエントリです。
だから目押しある派はせめてそういう育成を常々していますよね?くらいの皮肉は言いたくなるのです。ただ目押ししてる気分だけの人を目押しある派だなんて認めませんよ、自分は。そういう理論や育成も含めて裏付けをしっかりとさせてこそ目押しある派の言い分が認められると思うのですよ。ぜひ目押しある派の人は研究と育成をさらに昇華させていただきますようお願いします。

« オレカバトル その105 | トップページ | 今月のまとめ(H26/6) »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

WHF行ってきました。妖怪人気で物販に大勢流れた&中々出てこれないで
朝一のゲームブースは意外と人少な目でしたよ。
今回は新限定モンスターなしなので討伐は不参加でした。
子供に付き合って妖怪の方で討伐してオレカンゲキコンサート見て昼前に
退散してきました。
コンサートで☆4ケルー出てましたよ。
https://www.youtube.com/watch?v=rNttlIdJjJw

>komokeさん
妖怪ウォッチ大人気ですよね。
雨の中お疲れ様でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/59887381

この記事へのトラックバック一覧です: オレカバトル その106:

« オレカバトル その105 | トップページ | 今月のまとめ(H26/6) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31