« たまこラブストーリー | トップページ | オレカバトル その99 »

2014年5月 5日 (月)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 9

ガガガ文庫 渡航著

読んだのは一昨日。以下略。

あと1冊で大台。進展はしてるはずだけど、大台に乗るとどうだろうかなあ。それでもマイナス以上のプラスがあるからまだまだ楽しく読んでいられるけど、上手い引き際をそろそろ匂わせてほしいところです。

前巻リンク

引き続き一色いろはをダシにクリスマスイベントの主催運営してみよう回。その素材の上で、前巻からの続きで、ゆきのんと由比ヶ浜との関係を修復しに入るお話。
八幡にそれを乗り越えさせる舞台の準備はすごいなと思うけれど、隣の高校との連携でこれまた周囲の無能な連中を描かれてしまうと、いくら何でも上から目線にもほどがないかと思わざるをえません。このあたりに作者の微妙に傲慢な思想が出ているような気のせいのような。そう思わされてる自分が踊らされてるだけというのならいいんだけど。

結局イベントの方は後半あんまり注目もされず、わりと簡単処理で済まされて、むしろパンダのパンさんで千葉っぽく人間関係の表現にシフトしてたので、八幡の仕事は前に進むことのみに。むしろそこで仕事してたいろはがちょっとキタかもしれない。
ということで、個人的にこのままいろはがはずみで八幡に流れる予想外な展開を期待したくなるほどにいろは可愛い回です。戸塚、川崎さん他、モブもポジション固まってそういう仕事しかしなくなってきているので、ここはニューフェイスの彼女に期待をしたいところ。まあそうはならないだろうけど。

まあ八幡もゆきのんも一歩踏み出して、二桁の大台からどうなるんですかね。という9巻でしたとさ。ホント、全何巻になるんだろ。

« たまこラブストーリー | トップページ | オレカバトル その99 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/59587366

この記事へのトラックバック一覧です: やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 9:

« たまこラブストーリー | トップページ | オレカバトル その99 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31