« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

今月のまとめ(H26/1)

今年もラノベの沼にどっぷりの様子。

魔王と姫と叡智の書
GA文庫 霜野おつかい著
GA文庫大賞奨励賞受賞作。ノリがわりと一迅社系の印象。でもまあGAも似たようなもんか。
こういう楽しみ方があるのも分からなくはないし、そっちの業界でウケることもよく理解できるのだけど、でもこういうのを書きたかったのか、ていうかそれはホントに小説家を目指してのことなのかとちょっと問いただしたくなってくるその姿勢がどうにも。そしてソフバンはそういうものに賞あげちゃうのかと。最後でちょっといい話っぽくしとくのがまたラノベのお約束みたいなところもあるのだけど、こういう作品が賞を取って売り出されるということが、やっぱり自分の中では納得しがたいものがあり。面白いつまらないとは別の次元での話だけどさ。
まあ楽しむこと自体はできなくもないのでは。そこらのSSを読むような視点に立てば。

ストライプ・ザ・パンツァー
MF文庫J 為三著
第9回MF文庫Jライトノベル新人賞の優秀賞受賞作。先月の猫耳リンゴのがまだマシだったかなあ。まあ一応いつまでも積んどくわけにもいかなかろうとようやく。
とても自分の発想ではついていけない内容なので、きっとそういう独特な発想力から受賞されたのだと思います。世の中は広いですね。

ランス・アンド・マスクス 1
ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ 子安秀明著
帯がひどい。虚淵玄警告、って。彼を引き込んだ人が担当編集だというのは売り文句となり得るのか。買っちゃったからなってるのかも。でも本人無関係。もう一歩くらい踏み込んだらどうよ。それともコメントもらおうとして失敗したんだろうか。
よくある勇者の血筋系。変身がトリガーで潜在限界引き出しちゃう、騎士とかいってる超能力で、理想を実現しちゃうお話。さすがに著者の畑からか、アニメ向きのお話よね。
2巻は読まないかなあ。

お台場駐屯基地の妖精 ストライク・プリンセス
スニーカー文庫 冬木冬樹著
設定がトンデモだったりするのは目を瞑れても、話に整合性がないと萎えるんですよ。
休暇を取ってスイスの本部に行こうとしたところ、だったら兄に会ってこいというのが、実は当番とかどういうことなんですかね。

"世界最後の魔境"群馬県から来た少女
スマッシュ文庫 日下一郎著
小説としてはまったく評価できないけど、イロモノキワモノを自認しているように、別のものとしてならグンマー好きな人向けには楽しめるようになっているかも。いないかも。グンマーというよりもネットスラングを。サラリと差し挟まれてる地域の豆知識なんかは好みなんだけどなー。でも一応小説なんだし、わざわざ自前でツッコミ入れたりしなくていいですよ。
なお、なぜかサイン本。自筆コヨトルとか、しかしまあハイですね。

アトランチスの謎 復活のザヴィーラ
桜ノ杜ぶんこ 加納京太著
このレーベルってマイナーなわりには読めるの多めで嫌いじゃないです。でも特別に面白いかというと、普通の冒険譚というくらいで。ホント普通なので、単に30年前を懐かしんで、クリアはしてるはずだけどそもそもほとんど覚えてないようなゲームの、物語を読んでみて、当時を共有できる知人らとの話のネタになればいいですね、くらいのものなわけです。そんな期待値からすれば充分に期待以上の出来といっていいかと。
これもたまたま売ってたのがサイン本だったので購入しただけなのです。ゆえに、関連のいっきは未読。そのうち気が向いたら。でも気の向く可能性は高めかも。

神☆降臨! ロンギヌスの槍は銃刀法にひっかかりますか?
このライトノベルがすごい! 文庫 谷春慶著
ラノベというプラットフォームでこっちに走られてもなあ。これがエロラノやエロゲなら進展も期待するけど、最初から寸止めと分かっててこんなの読まされても。これがこのラノ大賞取った人の作品かと思うと、気が沈むばかりです。なお、オッピーは好きです。

ウは宇宙ヤバイのウ!~セカイが滅ぶ5秒前~
一迅社文庫 宮澤伊織著
SF好きなんだとは思うけど、だからといって必ずしも作品がSFであるわけではないよね。世界観は嫌いじゃないのだけど、設定がそれに追いついてなくて。もうちょっとサイエンスな部分が深ければなー。何かもう1つ違ってたらとてもいいラノベになれたような気がする。そういう匂いだけはあった。気のせいかもしれないけど。2巻?要りません。

以下の個別9冊と合わせて今月は17冊。

瑠璃色にボケた日常 4
なれるSE! 11 絶対?管理職宣言
キリノセカイ III.目醒のウタ
つくも神は青春をもてなさんと欲す
俺、ツインテールになります。 5
はたらく魔王さま! 10
"六条" ヒカルが地球にいたころ……9
きんいろカルテット! 1
大日本サムライガール 7

と、アルデラミン3冊目読んでるところだけど、あと1冊ストックあるのでそれはまとめて2月に回します。

年初としてはそれなりに満足。普通に考えたら瑠璃色かきんカルあたりを推すところだけど、あるいはブクログでは低い点付けたグンマーとかだって十分楽しむことはできるはず。
積ん上げたままそれを忘れて2冊買わされる羽目になる事例が多発しているので、読書ペースをもっと上げないときびしい今日この頃です。後入先出法の罠。

大日本サムライガール 7

星海社FICTIONS 至道流星著

新作出てますが、手をつけるのはこちらが完結したあとになるでしょう。その頃には文庫化されてるのを希望。とりあえず今はひまりんだけに専念です。

前巻リンク

とりあえずひまりんの敏感胸ネタとか千歳いじりとかユカラーの天狗っぷりみたいな定番になってる小ネタは見苦しいので、やめてもらえたらなとか思うのですが、多分消えることはないですよね。まあ大きなところで踏み外さなければまあいいですけどね。

やっと大きなターニングポイント。織葉の家がいつか立ちはだかるはずと思ってたけど、そういう使われ方になったのか。てか、思ってたよりも家庭内仲良くね?颯斗のひねくれっぷりで独り相撲空回りだっただけで。ということで自分の想像してた壁は織葉家ではなくDIAだったらしい。でもまだ見えない不気味なもの扱いなので、そうと見せかけた別のものかも。ひまりコーポレーションはこの難局をどう捌いていくのか。
対してCIAの無力っぷり。リリィやクリスみたいなポッと出に解決されても困るけど、でもまあそれも今後へのつなぎなんだろうから、まずは8巻読んでからか。結構組織も育って話も複雑になってきたので、風呂敷畳む方向で動いてほしいところです。
この作品はひまりんが独裁者を目指す物語なのか、独裁者になって変えていく物語なのか、どちらなんですかねー。私、気になります。

きんいろカルテット! 1

オーバーラップ文庫 遊歩新夢著

OVERLAPキックオフ賞金賞受賞作。去年の受賞作群よりは今年のがアタリ引いてる感じがあるかなあ。ただし、とてもオーソドックスなので、受賞作ならソツのなさよりも独創性を重視するべきという視点もあったりで、そういう意味合いでは物足りなさもあるかも。でもそちらばかり重視されすぎて結果として読むに値しない作品も多いと感じるので、自分としてはこれでいいです。
やはりプロ奏者が書いたというのがポイントか。音楽に対する意識とか姿勢なんかを盛り込んでるのが、とても理解しやすい文章で表現されていて、そこが読んでて気持ちのいいところ。これはやっぱり本人の体験から言えることなんだろうなと。本作読んで音楽やりたくなる人もいるんじゃないかと思います。そういえば知人のフルート奏者がわりと近所に引っ越してきて音楽教室開いたので、じゃあピアノ習いますよ、みたいな話があったけど、連絡取ってないや。連絡したいんだけどなー、どうしよう。

育っていくのは教え子たちで、主人公は狂言回しポジション。たかが音大1年生だけど、コンクールで優秀な成績を残しているといった格の違いがまず基本設定。でも、そっちでの活躍はほとんどなくて、中1女子というか対女性や世渡りスキルの高さに、むしろ凄さを感じるところ。もちろん無駄にモテる。無駄というか、これは必然か。そのあたりは無理なくラノベらしく。4人はもちろん、吹奏楽部の部長だけでなく音楽教諭も転んでみるといいんじゃないかな。1って付いてるから2巻も出るでしょ。今回ほとんど描写されてない大学側にしても、今後何かしらのアクションはあるはず。

序章でライバルが死んでるところから先の展開も見え見えなのだけど、だからといって薄っぺらいかというとそんなこともなく、彼女らの成長を見るのは心躍ります。若い子は伸び率が高いのです。しかも妹。それはしょうがないよねえ。
顧問の技術教諭はやや可哀想ながらもよい当て馬。その世界での価値観はそれはそれで独自の進化を遂げてるのだから、一方的に見るのもねえ。分かりやすいところでいえば例えばNHKでよくやってる合唱コンクールでの生徒たちの表情とか、あれを採点する側も指導する側も自分的には理解しがたいけど、あれはああいうものなんだと思えば納得できなくもないし。でも唄で見てやれよとは見る側からすると思うわけで。この作品の場合は演奏で。合奏ではそこまで顕著には感じたことはないけど、そんな側面を受け持つのがこの技術教諭なので、救いの手は差し伸べてあげたいところです。差し伸べられてますね。当て馬なりに。理解を示してくれてる部長たちは主人公に負けず劣らず大人な印象。まあそういう感じで技術教諭のおかげでシンプルな構図ができて読みやすいしカタルシスも得やすいわけです。

4人の中1女子に大学生が道筋付けるところでロウきゅーぶ的な評価受けてるようだけど、別にあっちみたいにそれを軸にしてるでもなし、たとえそうだとしても、イラストの違いだけでポジションは別なので、あんまりロリロリ考えなくてもよいかなーと。そのイラストも、やや地味がちになるけど、統一感を持たせた色使いは好きです。

とりあえず完結してるけど1って付いてるので2巻出るのは間違いなさそうなので、それは期待するといたしましょう。がんばれ。

2014年1月26日 (日)

オレカバトル その90

ワールドホビーフェアのことを簡潔に。ただの日記。
土曜に行っておいてよかったなというか、今雨降り始めてますね。今日なら行かなかったな。

とりあえず拾ったインシェンロン。トカイモアイで挑んで、トカイに『槍』が刺さる事案が2度発生。先行時の動画のようにダイヤトカイのがよかったかな。EXも打撃判定だし、ヌエでも多分よさげ。
2回プレイできたのは僥倖。ダフィさんに感謝です。まあ厳選する気はありませんでしたけどね。ダンテズや祟も1回しかプレイしてないし、もし今回も強いということになってもウロコ相手にどうにもならなさそうだし。でもまあ拾ったからにはいい方を使いますか。もちろんATSP58の方。どんなもんかなー。

オレカンゲキコンサートも堪能。ハンディカム大活躍。撮りはしたけどでもこれはライブでこそ価値があるものだと思うので、あんまり振り返ることもなさそうな。ただまあ、マオタイの曲は俺得です。ごちそうさま。

あとは通称オレカサッカーを体験できたこと。これも楽しそうであり。じゃんけん要素が追加されてさらに運ぽいというか、それがオレカでいうところの打撃魔法ブレスのようなものか、★次第で覆ることもあるのか、さて。
オレカベースボールの方は多分やらないけど、下手をするとオレカ引退してこっちに移住する可能性もなくもなく。e-amuとPASELI次第かな。てかこれもキッズと銘打つのか。無茶だなあ。

とりあえず今日組の人は雨の中ご苦労様ですが、どうぞがんばってくださいな。

2014年1月20日 (月)

"六条" ヒカルが地球にいたころ……9

ファミ通文庫 野村美月著

こちらも9巻。でも最終巻予告がされてたので、最後まで付き合いやすかったです。あと1冊。

前巻リンク

ハーレムを表沙汰に。この作品の女の子たちは一般的なハーレムラノベよりも行動的だなあ。お気楽エロゲならよくいるんだけど、ラノベってそういうところで変に形式ばって手を出さないお約束みたいなところがあるから、わりと新鮮。モチーフからすると雅からほど遠いけど、これはこれで現代ぽくてよいのではないかと。

もう完全に是光だけが目立つ作品になってきましたね。ヒロインズもヒカルも是光に添えられたお飾り。帆夏もここまでよく耐えた。もうひとつ華が欲しかったと思わなくもないうけど、概ね納得の着地点です。

しかし、一朱のしょっぱさがどうにも。それでも最終巻で救われるような気がしなくもないし、今は多様な価値観が受け入れられる時代なので、へたれ好きの心を掴もうという戦略もあるかもしれない。普通に読む分にはいらない子なんだけど、最終巻でどう落としてくるのかは期待しようと思います。次回作にも手を出すかどうするかの判断材料として。

次が藤壺。謎メールの解説もくるでしょう。さあ成仏しようか。

はたらく魔王さま! 10

電撃文庫 和ヶ原聡司著

ついに10冊の大台。何かもう普通のお話をこのまま続けられてもワクワクできないし、個人的にはお腹一杯になっても仕方のない巻数かと。でも救われました。ちょうどキリよく、お話を区切ってもらえて。ありがとう、これで心置きなく引退できます。新展開はどうぞ気長に進めてくださいな。

関連エントリ。1巻2巻3巻4巻5巻6巻7巻8巻9巻

エンテ・イスラ編の締め。エミリアは父親と再会できたし、魔王軍も天使連中もそれなりに落ち着くところに落ち着いたみたいだし、ミキティも表に出てきたし、真奥があんまり活躍しなかったことを除けば、概ね楽しめる内容にはなってたんじゃないかと。今後も読み続ける人向けにはそれなりにアピールできてると思います。

ということで、特に感想もなく。離脱なので感慨もなく。でも、これを10冊付き合ったおかげで自分の中で基準を作ることもできました。やっぱり切るべき時に切る決断は重要だな、と。その線引きは、この作品ではやっぱり遅かった。もうちょっと早く切るべき。今回はキリよかったので、まだいいけど、他にも似たようにズルズル付き合ってる作品あるわけで、今後そういう作品を増やさないためにも、今回できたこの自分基準を厳格に当てはめていこうと心に決めたのでした。まる。

お疲れ様でした。というのも変だけど、これからもがんばってくださいな。

俺、ツインテールになります。 5

ガガガ文庫 水沢夢著

全力で突っ走る変態ラノベ。アニメ化企画進行中とのことでおめでとうございます。謎の光だけはないようにお願いします。どうせあるだろうから、もしアニメの出来がよければ円盤買います。どうなるかなあ。

前巻リンク

今回の口絵、今回もか、気合入りまくり。これ、お1人での仕事なんですかね。デザインまでトータルコーディネートされてそのままポスターとして使える出来なんですけど。挿絵もだし、とてもいい仕事されてると思います。世の真っ白な挿絵書いてる絵師って何なんだろう、ホント。

今回は腐が中心。過去に倒されたアルティメギルのカップリングについて妄想しまくる女性型腐アルティメギルたちの活躍。合宿先の異世界で遭遇したそれが、いつもと比べて力弱いというか、あんまりにんまりできるような属性描写でなかったので、5冊の中ではもっとも微妙な印象。ユグドラシル先生もレディースの心の拠り所のためだけに無理やりそのポジションに置かれたような浮付き感というか。やっぱりもっと突っ走ってるリーダーでないと。そういう意味ではツインテールゴリラのがヒットでした。

新キャラは恋香に注目。タガ外れてるコだといいなあ。この作品はお姉さん(お母さん)キャラが秀逸なデザインなのできっと期待していいでしょう。しかしフェニックスギルディとか出てきて方向性が違う感じにも見えてきたり。ていうかポニテにこの比重はどんなもんだろう。最近は慣れもあってツインテールの力強さを感じづらいところなので、ちょっとテコ入れほしいところです。他属性じゃなくツインテールを。

つくも神は青春をもてなさんと欲す

スーパーダッシュ文庫 慶野由志著

スーパーダッシュ自体買ったのが久々な気がする。ついでにいうと、年末に買ったのをすっかり忘れてて、年明けにまた買っていたようで、なぜか手元に2冊ある有様。よくある事故。そんな辺り、とても強いモブ臭を感じられます。

第12回スーパーダッシュ小説新人賞優秀賞。スーパーダッシュの優秀賞というポジションが納得できるくらいには読めました。
物を大事にする主人公と茶釜の付喪神が身の回りの怪異を解決していって女の子にくっつかれる、とってもラノベなお話。構成は基本を守ってるし、ラノベ的お約束なキャラ設定にあって、人物以外がのっぺらしてることを除けば売り出しに不都合でないレベルのイラストも用意されて、全体的な完成度はそこそこ。今後生き残れるかは本人次第ね。
まあラノベとしての体裁は整ってるかと思います。次回作もタイミングよければ読むかも。

余った1冊は知人にあげてしまおうか。布教したいほどには心掴まれてないけど、人によってはいけるかもしれないし。

キリノセカイ III.目醒のウタ

角川ホラー文庫 湖山真著

完結編。思ったより期間長かったですね。

関連エントリ。1巻2巻

霧がどういうものかまあ分かったけど、兵器を作るための隠れ蓑用というのはいささかしょっぱくないか。もっとダイレクトにそれで何かできるだろうに。むしろグリッドこそどう人のために使おうとしてたのやら。資金もらえずに追い出されたのって、それでどう発展させるのかのビジョンが見えないからではないのか。そりゃアルテアくらいからしかお金もらえないでしょ。ということでカンナは脳足りん。やろうとしてたことがチャチではあれど、よっぽどビジョンの明確な国府のベガ拡散のが受け入れられるわな。

あと、国府やミアは、転生的なものというよりも、人格コピーによる再生であって、やっぱりこの方式ではオリジナルは死んでる解釈になると思うの。本人はそう思わないかもしれないけど。ファンタジー路線じゃないのだから、そのあたりの描写はもうちょっと重みを付けて設定しておいてほしかったかなあといったところ。でもまあこれ、SFとかじゃなくヒューマンドラマですからね。ツッコむのも野暮か。
やっぱり小説というより、2時間ドラマとか映画なりにして細かいところは気にせず見るべき作品なんではないかなあと。CDドラマのが媒体として合ってたんだろうとは思います。聞いてないけど。

ともあれお疲れ様です。次こそそろそろオリジナルの新作を期待してます。

2014年1月16日 (木)

オレカバトル その89

解禁。の動画と陽龍を。今回は1つにまとめて。

vs 陽龍ヤンシェンロン
ついに竜ではなく龍の登場。神竜でさえ神性帯びてなかったのにヤンシェンロンは神性持ってるようです。これも適当にやって苦労してないので、あんまり強いように思えないけど、どうなんでしょ。かつてもっとも強かったドラゴンは序章当時のシルバードラゴンだと思われますが、あの頃のボス戦の困難さを考えたらやっぱりボスはもっと強くていいよなーと思わざるをえません。そんな相手に勝ってこそ、名前刻んだりアイテムドロップあったりみたいのだととてもゲームらしくていいと思うんですけど。と、昔そんなこといってたっけなあと。順、逆共に1周したところで、次なるテコ入れがどうなるのか、期待させてほしいところです。

あと、アニメの触りを見られるようになったようで。最初に見たときあれ?と思って、何度かやって条件分からなかったけど、実はコロコロに載ってたとか。さすがにそっちは自前で見てください。

最近はサルが流行のようですね。色々できるのが人気の模様。自分も拾い直して育て直し始めたところですが、色々できる反面、使える弾持ってないと役立たずなのと、育てたところで雷神竜のが期待値高いというので、結構人を選ぶ感じです。でも、キキカと違って即戦力だし、バインダーやストレージで寝てるであろうモートやアゲハをスターティングメンバー的に用意できたり、対応力の広さはなかなかよろしいのでは。
サルと違って遅いけど牛魔王なら1リールを埋めることもできそうで、こちらも育ててみてもよいかも。使い分ける意味はありそうです。

そして再来週のWHFはどんな編成で挑みましょうかねー。動画でやったダイヤトカイはわりと適当こいてたつもりだけど、思った以上に負け報告を耳にするところ、あの封印重視編成はそれはそれでありなのかもなと思ったり思わなかったり。とりあえずウロコは準備して行くのがよさそうですね。
厳選するつもりはないし、1回チャレンジさせてもらえればいいかなとは思ってるので、一応朝イチで飛び込む予定です。現地でご挨拶できそうな方はよろしくです。

2014年1月 7日 (火)

なれるSE! 11 絶対?管理職宣言

電撃文庫 夏海公司著

11冊読んだラノベって、ラノベがまだラノベと呼ばれていなかった古の頃のフォーチュンやタイラー以来じゃなかろうかというくらい、記憶にない模様。題材はそれはそれで大事っぽい。まあ、飽きてるのも事実ですけどね。でもグインのように惰性で最後まで付き合うパターンもあったわけだし、圧倒的に道を踏み外さない限り、これは最後まで読むんじゃないかなあ。多分。

前巻リンク

もうそうなるしかないってほどに、管理職編。さっさと独立してベンチャーしたらどうよ。工兵、むしろ総合職のが向いてるし。10冊かけて築いてきた人脈使えばやってけるでしょ。そんで六本松をボスとして対立させたりとか。敵にすると有能すぎて嫌とか、展開しやすそうだし。ほら、エンディング見えてきた。

とりあえず今回もチャラ男すごいね。最近とみに活躍してるのにさっぱりクローズアップされないとか、不憫で仕方ない。立華や梢の恥ずかしい姿くらい許してやれ。てか、口絵の見開き、そんなに重要なシーンか?

ということで、もうまるでSEやってないので、やっぱりエンディングを迎えてほしいと思ったのでした。七隈さんの解決力に期待。

あ、そういえば、今年になってウチの部署に女の子入ってきました。子って言っていいかは微妙なとこだけど。あと、飛び交うメール見てると予算ン十億とかまるでついてける気がしないので、そんな中でも対応できるように工兵は今のうちにしっかりと経験を積んでおくべきだと思いました。まる。もう島耕作でいいよ。女とっかえひっかえするところも踏襲して。

2014年1月 1日 (水)

瑠璃色にボケた日常 4

MF文庫J 伊達康著

新年の1冊目をどれにしようか悩んで、期待値からこちらをチョイス。したら、最終巻じゃないですか。あとがきからにじみ出てくる打ち切り感。残念なことです。ていうか、えれっと氏の絵もあってこのクオリティで売れないっておかしくね。それは出版社側の責任だ。

関連エントリ。1巻2巻3巻

出だしのコントは魔法少女ネタ。勇者と魔王ブームが去って、最近は魔法少女ブーム真っ盛りですね。今回もまずまず面白いんじゃないかな。

肝心の本編はお笑いの比重高めに。下ネタがあからさまに増えてるけど、下品な印象はあまり受けない、とても自分好みのエロ感です。最終巻でなければ柘榴を二次元妻本妻に昇格させようかと思えたくらい。翠もわりとそっちに引きずられてキャラの住み分けは曖昧になってきてたけど、大コケする前に最終巻なので問題なしです。たとえそうなっても牙穿、禽踊もいるから大きく失敗することもなかったはず。今回の2匹もいい味でした。瑠璃は今回面白い役回りで、さすがのメインヒロイン力。3人ともいいヒロインたちだったなあ。ホント、名残惜しい。いつかスピンオフなり別作品でのカメオなり、また活躍を見たいものです。
そして孝巳。彼の成長の絡ませ方は在り来たりのラノベ主人公とは一線を画すところ。霊能サイドのお話での彼の活躍ぷりは、お笑いとの二本柱の本作で輝いてました。ポジションが変わっていくことでのシナリオの変化をあと1冊だけでもいいから読みたかったかも。

振り返ってみれば、それなりにお気に入りの作品ではあったけど、それでも今まで過小評価しすぎていたかもしれない。ということでブクログでは記念的に★5を付けておきました。
お笑いを通しているおかげで見えるというか、面白さへの追及とか、気を配りながら作品を作っている姿勢が、とても好ましく思えます。1、2巻でばらまいてた設定が上手く紡がれていたなーと。最終巻だからまとめようとさぞ頑張られたことでしょう。とはいえ、こうもまとめられる新人作家などなかなかいないので、本作がたとえ打ち切りでもがっかりせずに、次回作にも期待したいと思います。いあ、むしろさらなるステップアップのためにはこのタイミングでの締めはきっと悪くないはず。前向きに捉えよう。

ということで、デビュー作からの4冊、お疲れ様でした。次回作も期待してます。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31