« オレカバトル その89 | トップページ | つくも神は青春をもてなさんと欲す »

2014年1月20日 (月)

キリノセカイ III.目醒のウタ

角川ホラー文庫 湖山真著

完結編。思ったより期間長かったですね。

関連エントリ。1巻2巻

霧がどういうものかまあ分かったけど、兵器を作るための隠れ蓑用というのはいささかしょっぱくないか。もっとダイレクトにそれで何かできるだろうに。むしろグリッドこそどう人のために使おうとしてたのやら。資金もらえずに追い出されたのって、それでどう発展させるのかのビジョンが見えないからではないのか。そりゃアルテアくらいからしかお金もらえないでしょ。ということでカンナは脳足りん。やろうとしてたことがチャチではあれど、よっぽどビジョンの明確な国府のベガ拡散のが受け入れられるわな。

あと、国府やミアは、転生的なものというよりも、人格コピーによる再生であって、やっぱりこの方式ではオリジナルは死んでる解釈になると思うの。本人はそう思わないかもしれないけど。ファンタジー路線じゃないのだから、そのあたりの描写はもうちょっと重みを付けて設定しておいてほしかったかなあといったところ。でもまあこれ、SFとかじゃなくヒューマンドラマですからね。ツッコむのも野暮か。
やっぱり小説というより、2時間ドラマとか映画なりにして細かいところは気にせず見るべき作品なんではないかなあと。CDドラマのが媒体として合ってたんだろうとは思います。聞いてないけど。

ともあれお疲れ様です。次こそそろそろオリジナルの新作を期待してます。

« オレカバトル その89 | トップページ | つくも神は青春をもてなさんと欲す »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/58976557

この記事へのトラックバック一覧です: キリノセカイ III.目醒のウタ:

« オレカバトル その89 | トップページ | つくも神は青春をもてなさんと欲す »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30