« オレカバトル その86 | トップページ | ストライク・ザ・ブラッド 9 黒の剣巫 »

2013年12月19日 (木)

オレカバトル その87

さすがに今回は革命が起きてしまったので対戦についての記事を刷新しておこう計画。

とにもかくにも雷神竜が強すぎて、どうしましょうかねと。
当初は『輝く風』を持ったままでキャパシティだけ増えてくれれば充分とか思っていたけど、遥かに上をいってくれやがりました。『轟く稲妻』が60ダメージランダム5ヒット麻痺付きという、普通であればEX級の技を、通常技として覚えるのはさすがにやり過ぎ感。その昔、『ピナ』埋めマハ最強だよみたいな妄想がまかり通っていたこともありましたが、今回ばかりは妄想でなく、事実、最強といっていいでしょう。

彼を起点に対戦考を進めると、風ボーナスよりもベージが重要になります。はやさは風ボーナスでもSP93止まりだけど、ベージはSP94ですので。今までの大会で厳選していないベージを育てていた人も結構見かけましたが、今後はSP94ベージが必須となるでしょう、雷神竜ミラーでさえ必要になるベージなので、その他の編成ならなおのこと外せるわけがありません。ということで、またベージの時代に戻りました。

ちなみにその雷神竜ベージに加わるもう1枚はキャミネコとイナリの二択でしょうが、7章になって『あまえる』の成功率がやや落ちたように感じられなくもないので、SP重視でイナリを使うのが定番になりそうです。どうせ風ボーナスもないんだし。相手の事故を期待しての風ボーナスや他のサポーターもありですが、壱式みたいな後ろ向きスタイルよりはアグレッシブにキュピィなどを採用する方がよいかも。
とりあえず頂上はそんな感じ。

では雷神竜以外はどうするか。
まず考えられるのは、さらなる速さで押さえつけるための、いつものスラマナマルドク。初手で相手の★1を潰してベージを張れば1ターンのアドバンテージが得られます。スラマナなら3対1の構図にしてからベージで守って★1サポーターとの二人三脚。マルドクでもベージを潰しておいてベージで守って★1サポーターで相手をかき回す形。どちらにしてもミスは許されないのでしっかり作り込む必要があります。作り込んだ末の最終形でもスラマナの事故率を考えるとマルドクのがやや分があるとは思うけど、そのあたりは浪漫でも好みでも。

相手がドラゴンということで、バジリスクとかも出番があればいいけど、『轟く稲妻』はともかく『輝く風』との2本立てで打撃とブレスの両刀使い相手にはそんな非力な★3などではどうにもならないのでした。考える余地さえなし。そのうち進化とか同コンセプトの使えそうなのが出てきたら考えましょう。

そこで個人的に注目してみたいのが、ダッキです。素で最速だけど、サポーターに★3を割くというコンセプトから難のあるお方。それでもこんな事態になっては使わざるをえないというか。要するにロックさえできればアタッカーなんか★1でもいいやという割り切りです。そしてベージが氾濫するとするなら、ダッキヤコくらいやっておくべきかと。ベージと同速のヤコなら先に動くことができるかもしれないので、可能性を高めるために。イナリでは雷神竜と同速で先手を取られるシナリオさえあるので、やっぱりこのスタイルならヤコしかないでしょう。ダッキだけに任せるというなら、それはそれで。でも多分それならダッキを採用する意味はないでしょう。
ボーナスを期待するならピートが最善だけど、特にボーナスで得することもないと思うので、グッドスタッフ採用でいいでしょう。ケロゴン(土)とかコッコとか。

多分そのうちダメージはともかく麻痺率は下げられると思います。だって今のままじゃ強すぎるんですもの。あるいはキャパが抑えられる可能性も。つまり育てるなら今。
逆に竜神はキャパが増えたかコストが変わったか、3リールで『輝く風』埋めを作れるようになったように見受けられます。使い続けたおかげで努力値が足りてきたという可能性もなくはないけど、そのシステムは信じてないので、自分としては調整されて技コストが変わったかなと考えてます。
以前は『EX+1』『EX+2』『EX+3』『EX+4』…を基準にしてコスト計算してましたが、最近は細かい調整されてるとしか思えないくらいに見えづらくなっているので、結局育ててみないと感触をつかめないというのが現実です。計算上では足りてるはずなのに入らない技の多いこと多いこと。育成が簡単だとそれはそれで面白くないけど、これもこれでお財布に厳しいですね。
まあそんな感じで、細かい調整はそれらに限らずこれからも入ってくるのではないかと思われます。

そんな感じで今週末の大会ですが、さすがにまだ雷神竜が育ってないのでやっぱりモアイかマルドクで出ようかなという予定です。まさか雷神竜が多くないのにダッキ使っても得することないだろうし。来年は雷神竜の時代になってることでしょう。コナミはどんな対策入れてくるのかしら。

« オレカバトル その86 | トップページ | ストライク・ザ・ブラッド 9 黒の剣巫 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

大いなる勘違い。
『轟く稲妻』は打撃でした。すみません。

クリシュナのEXって何ですかね?

使われたんですが、意味不明でした。
クリシュナの次に自分の破壊神マハデーヴァのターンでしたが勝手に
ピナーカしました。 

>新しい槍さん
どうやら操作できなくなるだけのようですね。
そもそも自分で操作できるのはEXだけのゲームなので、
あんまり意味はないかと。
インド好きな人が使えばよろしいかと思います。

なるほど。
そういうわけですね。 あまり使えませんね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/58785374

この記事へのトラックバック一覧です: オレカバトル その87:

« オレカバトル その86 | トップページ | ストライク・ザ・ブラッド 9 黒の剣巫 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31