« 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! | トップページ | オレカバトル その86 »

2013年12月11日 (水)

デート・ア・ライブ 8 七罪サーチ / 9 七罪チェンジ / 真那ミッション 琴里ミステリー

富士見ファンタジア文庫 / ラタトスク文庫 橘公司著

美九からこっち、2冊構成が定着ですか。6/7巻もそうだったけど、8/9巻も1冊目がつまらなくて2冊目でひっくり返る展開。でもできれば1冊で収めてほしいのですよ。つまらない巻が1冊でもあると嫌じゃないですか。でも9巻の面白さは3巻以来の久々のヒットでした。いつもこのクオリティを期待したいところです。

前巻(?)リンク

とっても現代っ子な七罪さん。8巻ではまったく魅力を感じませんでした。でも9巻でのいたずらのしょっぱさが実に士道狙い撃ちなデートらしい表現だったし、捕獲後のプロデュースされる様も何とも可愛らしく。さすが二次元。
ていうか、表紙の十香だけど、この女児化はどうよ。五河千代紙やら他の子も。これぞデート。甲斐甲斐しく面倒見る士道はやっぱりいつもどおりだし、何よりつなこ氏の仕事がいつもどおり最高ですね。ホント、これ。

そして8巻でのウェストコットと並ぶ黒幕的な存在の登場で、物語的にも期待の一石。ていうか8巻はそれのためだけに存在してるといってもいい。それこそチャールズエグゼビアとエリックレーンシャーのような。そのうちオンスロートになったりしないだろうか。ねーよ。まあ8巻は9巻の前座です。
そして9巻の引きは最高ですね。やっぱりヒロインは折紙だった。

BD6巻のおまけの短編は、おまけもいいところ。オンライン無料配布でいいレベル。これもグッズね。だから買ったさ。2期はもうちょっとアニメとして面白い作品にしてくださいな。安い買い物じゃないんだから。要するにそのくらいアニメの評価は自分としては低いです。
あと、ラタトスク文庫はファンタジア文庫と比べて紙質が、白くて厚めという違いあり。どっちのが高級かはちょっと不明。読みやすさでいうと薄い紙のがいいので、やっぱりファンタジアかなと思うけど、白いのも重要なので、どっちもどっちかなと。

何かまだまだ続きそうなあとがきだったけど、3/4くらいは消化してると思いたい。やっぱり二桁巻数は重いですよ。そんなのラノベじゃねーですよ。

« 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! | トップページ | オレカバトル その86 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/58739962

この記事へのトラックバック一覧です: デート・ア・ライブ 8 七罪サーチ / 9 七罪チェンジ / 真那ミッション 琴里ミステリー:

« 艦隊これくしょん -艦これ- 陽炎、抜錨します! | トップページ | オレカバトル その86 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31