« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

今月のまとめ(H25/11)

10冊満たず。やっぱり読書に偏らせないと二桁という数字は出せないらしい。まあ今月はアイアンボトムサウンド入り浸りだったというのがあるから仕方ないのだけど。しかも9000位フィニッシュ。久々に中将割って少将エンド。来月もどうなることやら。まあ矢矧さんお迎えできたので幸運な方でしょう。で、初風長波はいずこ?

セクステット
このライトノベルがすごい! 文庫 長谷川也著
このラノ賞の大賞受賞作。大賞?目を見張る点もないとはいわないけど、大賞の風格があるかというと首を傾げたくなるところ。このラノ賞はそれなりに期待値高めではあるのだけど、今年は読書サボってて本調子じゃないのもあるし、他の受賞作買い控えておこうと思ってしまったのでした。
基本的に誤解をめいっぱい広げてつっぱしるスタイルで、テンポは悪くない感じ。やや下ネタ寄りのカブトムシやニーナあたりの章は結構楽しめたかも。そんだけネタ振っておきながらしかも突き放されるところなんかは好みです。
小説としてはどうかなと思うけど、これはこれでエンタテイメントかなとも思うので、ネタ帳的なの読みたい人はどうぞ。
こういうの、AKBとかにこそやってほしいんだけどな。ラノべってそういう可能性を感じるのに、そういう流れには持っていけないんですかね。まあ三次元でやったらただのセクハラで、一部の視聴者や委員会っぽいところから怒られるだけという結果も見えるんだけどさ。だからアニメに頼らざるをえないんだろうな。そういう方面で切り込めるプロデューサーさんとかいないのかしら。

脇役の分際 2
フェザー文庫 猫田蘭著
1巻はわりと楽しんで読んだ記憶。だけど2巻はそれほど楽しめなかったような。気分の問題だろうか。挿絵かもしれない。まあ色んな要素があるのでしょう。ていうかキャラ多いよ覚えきれないよ。
これでもかというくらいにおもちゃ箱ファンタジーなので、古典的ではあり。
でも鈍感系といえば現代ぽくもなくもなく。
どうやら女子大生編にも続くようだけど、期待したいようなもう読まなくてもいいような、定まらない気持ち。

天使のどーなつ
メディアワークス文庫 峰月皓著
天然のドーナツバカが会社の危機にいろいろ押し付けられながら夢に向かって進むお話。というと普通っぽい。実際普通。安定のメディワなので、安心して読めます。でももうちょっとパンチ欲しかったかも。残念ながら心に残る1冊ではなし。

個別が4冊で計7冊。それと、デート8巻も実は読了だけど、そっちはBD6巻のおまけ読んでからまとめます。てことで来月に先送り。

"花散里" ヒカルが地球にいたころ……8
彼女たちのメシがマズい100の理由 4
のうりん 7
魔法少女育成計画 limited(前)

今月はあとがきで艦これのこと書いてたラノベが多かったような気がします。メシマズとか、まだ読んでないけどはまちとか。作家さんによってはtwitterとかでもチェックできるので、あとがき要らない場合もあったりなかったり。

まあ今月のチョイスは問答無用でLimited(前)でしょう。本文といいマルイノ氏の仕事といい、完成度の高いラノベは心満たされますね。しあわせ。

2013年11月27日 (水)

魔法少女育成計画 limited(前)

このライトノベルがすごい!文庫 遠藤浅蜊著

お気に入りシリーズの新作。普通に続編なのだけど、段々と全容が見えつつあるようです。それにしても魔法の国って。クラムベリーも最初からおかしかったんじゃなくて、魔法の国から仕事受けてたからああなったという解釈もできなくもないような感じになってきました。まああれはあれで素もあんなんだったろうけど、その音楽家も実はまだ小者でしかなかったかのような、いかにもな続編で。

前巻リンク

リップル登場。無印での活躍は地味めだったけど、今回出番もらえてよかったね。でも今回も地味め。ていうか、主役が分かりづらいです。一応表紙的には7753なのかな。でも活躍ぶりも、そも名前からしてもそれほど主役っぽく見えないっぽい。後編はまた別の子が表紙になりそうだし、どういうポジションなんだろう、この子。

で。今回はあからさまに淫獣が悪そのもの。隠そうともしない潔さは作風というか展開に大きく影響を与えているような。そしてそれに騙される中学生たち。文化祭の清掃がこんな大事になっちゃって。もちろん自分は年甲斐のない人が好きなのでこの中では先生を選びますけどね。かのマミさんぽい能力というのも目を引きます。そもそも淫獣に騙されてこんなことやってる時点でそれっぽいと言われても仕方なし。別にパクってるわけでもなし、ちゃんと独自の表現がされてればその程度の被りなんて気にしません。まあウェディンの魔法少女論については一定の理解をしておきましょう。プリキュアは魔法少女じゃないよね。

リップルの所属グループは追う側。魔王とか魔法少女ならぬ魔法使いとかもいて、やや毛色が違う感じ。魔法の国の出先機関という解釈をしてるけど、そもそもあちらの国はどんなもんなんだと。そんなのにアゴで使われてる魔法少女が何なのかと。今回はそのあたりが注目のようです。うん、魔王かっこいい。

そしてその魔法の国に盾突くグループ。普通に人殺すしあからさまに悪っぽいけど、魔法の国の書かれ方が書かれ方なので、一概にそうともいいきれず、断定するのはまだ早計ぽい。limitedの未来は彼女らの肩にかかってると考えます。

とまあ相変わらずキャラ多いし、こういう相関やら設定やらを考えるとこれラノベなのか、みたいに悩むところです。ホント、体裁だけ。

そんなわけで今回もデスゲームの開幕です。ひでえ。来月の後編、楽しみですね。

のうりん 7

GA文庫 白鳥士郎著

この巻についてはあとがきから読むべきかも。その一文を読まなかったらいつもよりつまらないなと思ってしまっても仕方ないところかと。ほとんど本編で農業の話題がないんだもの。どこに主題を置いてるかということをできれば導入部で明確にしててほしいなあ。というのは過ぎた希望か。

前巻リンク

主題が農業ではなく農業校の生徒ということだそうです。修学旅行。わりとホモ要素濃厚。耕作のモテ期は今が絶頂の模様。ベッキーも意外に一途だったのね。本作随一のこの壊れた教師も最近は表現も昔より控えめになっててそれほど嫌悪感感じなくなりました。慣れもあるかも。

今回の新キャラはりくちゃん。林檎の元所属事務所からこんにちは。わりと幼なじみ的ポジションなのかも。でもこの作品でまともなキャラなど出てくるはずもなく。そもそも林檎と絡まないし。耕作はいい体験したね。修学旅行である必要はなかったけど。でもまあ林檎が愛されてるなーということはじんわりと伝わってきて、いい派生だったかと思います。農業成分ないところはこういうところで補い。

あと、若旦那は何のために沖縄まで行ったのでしょう。ラブリーは分かったから、せめて何かそれっぽい活躍させてやってくださいな。

農業ネタ気にせずコメディ成分だけで読んでる人視点ならいつものクオリティかも。でも微妙にパワー不足感も。キレ自体はいつもどおりです。

アニメ放送も間近で、そっちもさてどうなることやら。原作の魅力のせめて半分くらいは表現してほしいところです。

彼女たちのメシがマズい100の理由 4

角川スニーカー文庫 高野小鹿著

妹回というだけでなく、本作そのものが妹成分多めの展開になりつつあります。メシマズよりも妹ラノベにシフトしてるような。それは埋もれるのでやめて。

前巻リンク

その妹絡みで、最近はメシマズならぬ虫マズばかり。日本人の虫嫌いは文化の成熟の弊害だよなー。実害ないのに毛嫌いってとても理不尽で、傍から見てて嫌な気分になれます。ステージは違うにせよ、いわば差別が醜いのと同じベクトル。せっかくこんな題材選んでるのだから、そういうところにも触れてぜひ昆虫食に対する新しい切り口を見せてもらいたいところです。それをやってくれるだけでこのシリーズの評価も大幅に上がってくると思うのだけど。似たような方向性としてはGAののうりんなんかそうですね。茶化しながらも芯が通ってて、それもラノベの理想のひとつではないかと。

まあ今回はメシマズでの新成分はなくて、妹ネタに拠ってるわけです。カロンと冥なんだけど、冥の存在感が薄くて形になってないような。そもそもメシマズが主題でない時点で微妙になるのは必然。

読んでてつまらないということはないにせよ、ならではの部分がスポイルされてるので、残念な4巻でした。でもまあ多分最後まで付き合うとは思うので、次巻は面白いのお願いしますね。

2013年11月19日 (火)

オレカバトル その83

今回の撮影では、分配器を使わずに基板の出力2系からの信号を使ってみようと試みてみたのだけど、デモ画面までは調子よかったものの、記録の鍵を読ませたところでテストモード落ちになる動作になることが判明して、結局今後も分配器のお世話にならないといけないことが確定しました。残念。
ということで、いつもの手法で撮影。

vs 獄王閻魔
vs 邪帝トカイ

ライオ出会えないよーとか条件とか探してみたら、ボスじゃないじゃん。勇み足だった。どうでもいいわ。

結局3日も撮影に時間割いてしまいました。
初日はトカイの撮影に必要なホワドラがまず不足。ホワイドラゴはいてもホワイトクリスタルがなくて、一度帰ってバインダーを持ってくるか光のダイヤ拾うかの二択を迫られました。帰るの面倒だったので、現地調達しようとしたけど、そう簡単には出てくれず。7回目のダイヤでようやく。2サテ使って1時間かかりました。まあおかげで邪クジェの『★→』が増えてくれたから結果オーライか。

でも昨日撮影した邪トカイはファイルがどうしようもなくリエンコできなかったので土曜に再出撃。だったら帰ってバインダーでも変わらなかったよ。
しかも今度はトカイのいいところがまるでなし。でも撮り直すほどの熱意はなし。やる気なし。

閻魔もエンコ苦しくて、夜勤明けの今日、また撮影に。これもいいところないただ撮っただけの動画だなあ。今回はわりと気が抜けてます。
全身でカマを表現してるのが、よくもあり悪くもあり。でももうちょっとヒネリ欲しかったかもなあ。好んで使う人いるんだろうか。

とりあえず邪トカイがSP53族で、Lv10にしないと63になるか分からない育成泣かせのモンスターなので、厳選に手間取ってます。二代目が見た目ミントだっただけにもったいなかったなあ。早く最速の邪トカイを入手しないと。
育成は魔皇より楽そうなので、そちらは気楽に。できれば今週末のアキバレジャラン大会に用意していきたいと思ってますが。さて、間に合うかしら。

2013年11月18日 (月)

"花散里" ヒカルが地球にいたころ……8

ファミ通文庫 野村美月著

あと2冊で終わりますね。やったー。ていうか、このペースだと明石以降はいなさそうね。あれこそ嫁って感じなのに。

前巻リンク

委員長回。だけど存在感的には朝ちゃん回。特に最後の一節でタイトル覆すインパクト。ていうか朝ちゃん優遇されすぎじゃね。このところ帆夏を抑えてほとんどメインヒロインめいてるよ。委員長の使い捨て感は救いようがないですね。モチーフを考えれば仕方ないかもしれないけど、両立させてあげてもいいよなあ。しかし現代の価値観に当時の価値観を混ぜるのは冒険。エロゲならアンモラルな部分にも対応できるし、むしろラノベよりも一般小説のがそういうところで許容範囲広そうなので、二次元ファン相手の商売は面倒だなあと思ったり思わなかったり。夢を見せるお仕事ですからね。

毎度のことながらヒカルが仕事してません。もうほとんど地球にいないかもしれない。ということで是光と女の子たちの話。ハーレム形成がほぼ収束しつつあります。モテ期万歳。
とりあえず委員長に押し付けるまではあるとしても、クラスの連中参加してなさすぎ。文化祭自体に興味のない学校なんだろうと思われます。そういう空気というなら伝統でさえなさそうだし、開催自体なくてもいいんじゃね。
でもそれじゃ話が膨らまないので、誰も手伝わない構図が使われます。蛍光灯よりこっちのが手垢の付いた展開でしょうとは誰もが思うはず。蛍光灯くらい持ちネタ扱いしてしまってもいいじゃない。

しかし読むにつけて葵は優遇というかやっぱり原典でも亡くなりさえしなければメインヒロインだったなあと思わずにいられません。このシリーズの紫織子が紫ポジション乗っ取りしようにも展開がそこまで進んでないのも大きい。
頭条でなくとも葵には幸せをつかんでもらいたいと思うのが人情です。もう式部さん押しのけてラスト持ってっちゃってくれないかな。そんな希望。

次巻で葵が死ぬかどうなるか気になるけど、きっと死なないと信じる。まあフラグは立ってるように見えなくもないんだけど。ともあれ、あと2冊だそうですから、どうヒカルが成仏するのか、楽しみにいたしましょう。

2013年11月10日 (日)

オレカバトル その82

ミリアンでの2回目の大会。もちろん朝からいきましたよ。そしてもちろん抽選外れましたよ。大体30人ほど集まってた模様。まあしょうがないね。
予定ではマルドクキャミネコマゴラのつもりでした。この編成も大分こなれてきたので、出られたらいつものようなプレイングミスは多分なかったんじゃないかなと思うんですが。まあ来月もまたミリアンで開催してもらえるようなので、そのときこそは。

ちなみに今日は祟竜を使った子が1人もいなかったのと、キャミネコマゴラを使ってたのが知人家族の2組のみだったというのがちょっと意外。今の時代にベージやコッコを、キャミネコを押しのけてまで使うとかありえませんよ、みなさん。よっぽど好きならまあいいですけど。でもあれらは好きで使うようなモンスターでもないと思います。イナリまでは理解できるんだけどさ。

そして決勝はその二家族での頂上決戦でしたとさ。何ていうか予定調和。おめでとうございます。そして、地元厚木勢もっとがんばれ。

ということでしつこいようだけど、6章のキャミネコ登場で、対戦の勢力図が大幅に書き換えられました。
オレカバトラーのみなさんは何はなくともキャミネコを育てましょう。ベージと並んでこれも対戦の基本です。今となってはベージより重要。

もちろんウチもキャミネコ育成してます。
初代はただのSPタイプ。その72のそれ。ずいぶん使ったけど、5つまでは『あまえる』は入れども、もう1スロットがどうしても埋まらず。プレイしてる感覚では『あまえる』のコストは2だろうと見当を付けてましたが、『!』さえも入らず、珍しく個体差がシビアに設定されたモンスターかなとさすがに諦めて、次のSP58を探す旅に。
二代目も初代同様に最後の1つは『!』にならず。『!』が入る個体はすでに見せてもらっていたので、これも不足個体かとある程度使ったところで見切り。
三代目でようやく最後のスロットが『!』になる個体を確認。ちなみにこの3枚目を拾うまでのプレイ回数がちょっと考えたくないくらい。のくせにこの日は4枚もSP58出たし。偏りすぎ。

で、その三代目。最後のスロットが『!』にはなれども、やはり『あまえる』にはならず。その日はちょうど情報提供者(今日の優勝のお父さん)の方と一緒にプレイしていたので色々相談しながらやってみたのだけど、『あまえる』の技コストは『!』よりやっぱり重いのではなかろうかという答えで落ち着きました。といっても『あまえる』から『!』への変化率やキャミを見てもコスト3はないのではなかろうかという判断。その際にビックバイパーやトカイ他も参考にしながら考察して、技コストの小数点以下について無視するわけにはいかない状況にやっぱり追い込まれました。あるよ、これ、もう。逃げられない。せっかく今まで見てみぬ振りしてきたのに。しょうがないにゃあ。

加えて、対戦考察の上でもしかしたら使う可能性があるかもしれない直接ダメージ型のキャミネコも作ろうと低キャパ個体で『アイス!』埋めも作ってみようとしたのですが、こっちはこっちで6スロット目の『あまえる』をどうしても消せないので、このキャパ幅はやっぱり小数点以下で考えるしかなさそうです。
細かい数値についてはちょっと先送りに。

結局のところ、マルドクやナナワライが強いというよりもマゴラとキャミネコのコンビネーションが強いというだけなので、たまたまそこに誰をアタッカーとして採用するかというところで速さと強さを兼ね備えたそれらが今は目立っているというだけのことでしょう。しばらくはキャミネコの時代が続くと思われます。

そこで、今日の大会でもっとも自分的に目を引いたのが準優勝家族の採用していたインドラさん。風ボーナスを受けたキャミネコよりも速く動けて全体攻撃できるモンスターということで一応チェックは入れていたものの、ククルカンにかまけ過ぎていて、いまだ手を出せていませんでした。その上ククルカンは失敗に終わったし。
どうせキャミネコマゴラでのロックをかけることを考えたらダメージなんて50も出てればどうとでもなるだろと思ってるので、『イカズチ』でマゴラキャミネコを一掃できて『必殺の一撃』に耐えるタフネスを併せ持ったこの性能はもっと注目されてよいように思います。

それから、アゲハとの組み合わせで★3は使っていたけれどSP不足個体だったので★4はかなり雑な育成で済ませていた風オロチ。完全とはいわないまでもそこそこには埋めも可能なので、これも一線で戦えるでしょう。ほぼインドラの上位互換的かも。
でも『ポイズンブレス』ではアゲハを一撃で葬れないので、逆にアゲハが使える場合もありえたり、ここら辺はメタ次第になりそうです。

そこから発展させて、どうせ風ボーナスキャミネコより速く動けるという条件を課するなら、風である必要さえなく、邪帝クジェスカでもいいような気がします。というかむしろこれがベストの選択ではないかと。まだ厳選してないんだよなあ。次はこいつ作るか。想像の通りに育つなら間違いなく強い。(確信)

あとはもちろんスラマナさん。作りこめば相当なものです。

今はこのあたりが対戦シーンで活躍できるモンスターかと思われます。
大会は出られなかったけど、色々とまた考えが深まって実り多い1日でした。

それから色々な情報もいただいて。
オレカのメダルゲーム出るそうですね。4人用筐体のようで、オレカで育てたカードも使えるみたいです。内容はわからないけど、多分エターナルナイツのオレカ版みたいのじゃないかな。メダルなので、キープできる店じゃないとやりそうにないけど、行きつけのお店に入ったらやりたいと思います。ていうかなんでe-amusement passに対応させなかったんだよってますます言いたくなりますね。

それだけでなく、ライオまでいただいてしまい。しかも名刺として渡してたカードを元になんとカードネームうさささで作っていただいて。わざわざありがとうございます。本当にいつもお世話になってばかりで申し訳ないです。
いつどんなことがあるかわからないので、オレカのカード交換とか、交流広めておくといいことがあるかもしれませんよ。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31