« オレカバトル その82 | トップページ | オレカバトル その83 »

2013年11月18日 (月)

"花散里" ヒカルが地球にいたころ……8

ファミ通文庫 野村美月著

あと2冊で終わりますね。やったー。ていうか、このペースだと明石以降はいなさそうね。あれこそ嫁って感じなのに。

前巻リンク

委員長回。だけど存在感的には朝ちゃん回。特に最後の一節でタイトル覆すインパクト。ていうか朝ちゃん優遇されすぎじゃね。このところ帆夏を抑えてほとんどメインヒロインめいてるよ。委員長の使い捨て感は救いようがないですね。モチーフを考えれば仕方ないかもしれないけど、両立させてあげてもいいよなあ。しかし現代の価値観に当時の価値観を混ぜるのは冒険。エロゲならアンモラルな部分にも対応できるし、むしろラノベよりも一般小説のがそういうところで許容範囲広そうなので、二次元ファン相手の商売は面倒だなあと思ったり思わなかったり。夢を見せるお仕事ですからね。

毎度のことながらヒカルが仕事してません。もうほとんど地球にいないかもしれない。ということで是光と女の子たちの話。ハーレム形成がほぼ収束しつつあります。モテ期万歳。
とりあえず委員長に押し付けるまではあるとしても、クラスの連中参加してなさすぎ。文化祭自体に興味のない学校なんだろうと思われます。そういう空気というなら伝統でさえなさそうだし、開催自体なくてもいいんじゃね。
でもそれじゃ話が膨らまないので、誰も手伝わない構図が使われます。蛍光灯よりこっちのが手垢の付いた展開でしょうとは誰もが思うはず。蛍光灯くらい持ちネタ扱いしてしまってもいいじゃない。

しかし読むにつけて葵は優遇というかやっぱり原典でも亡くなりさえしなければメインヒロインだったなあと思わずにいられません。このシリーズの紫織子が紫ポジション乗っ取りしようにも展開がそこまで進んでないのも大きい。
頭条でなくとも葵には幸せをつかんでもらいたいと思うのが人情です。もう式部さん押しのけてラスト持ってっちゃってくれないかな。そんな希望。

次巻で葵が死ぬかどうなるか気になるけど、きっと死なないと信じる。まあフラグは立ってるように見えなくもないんだけど。ともあれ、あと2冊だそうですから、どうヒカルが成仏するのか、楽しみにいたしましょう。

« オレカバトル その82 | トップページ | オレカバトル その83 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/58601670

この記事へのトラックバック一覧です: "花散里" ヒカルが地球にいたころ……8:

« オレカバトル その82 | トップページ | オレカバトル その83 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31