« 小鳥遊六花・改~劇場版 中二病でも恋がしたい!~ | トップページ | オレカバトル その79 »

2013年9月23日 (月)

ウルヴァリン:SAMURAI

オレカ大会が川崎ダイスだったので、その後で上のTOHOシネマズにて。

シルバーサムライといえばハラダと思ってたのだけど、これはどうやらそれより前の時代設定でのお話なのか。それ読んでない。あるいは映画オリジナルかもしれないけど、知らないから何とも。雪緒も何かイメージ違うし。福島リラが日本人らしい顔じゃないのはいいとしても、なぜ赤髪。

やっぱり日本ロケのシーン目に付くなー。大門~アキバ~上野のつながりが、日本人的にもうちょっと丁寧にくっつけてよと思わなくもないところ。
の次の新幹線バトルはこの映画の最高の見所でしたね。列車上での戦いでここまでスリリングだったのは過去なかったかなと。そこは誇っていい。
でもまたその次の新幹線降りたラブホの町はどこだかわからず。長崎方面であの規模での雑多とした町だと大阪かなとか思うけど新幹線は新大阪だし、じゃあ名古屋あたりかなとかてきとー判断。どこなんですか。
そして長崎着はバスで、どう見ても路線バスなのに降りると高速バスの表示。あんな高速バスはないしもしそうでもいくらなんでもあんなとこに停まるまい。でもおかげで長崎の人はさらに楽しめそうな気はする。

締めのバトルではヴァイパーそれほど出番無し。こんなところでやられ姿晒したりしないってか。しかしウルヴァリンは不幸だなあ。

そしてマーヴル映画お決まりのラストの次の展開匂わせ。やっぱりその前に席立つ人多いですね。マーヴルだけはそれやめときなさいって。確実だから。
これは次回オンスロート様覚醒かな。と期待しちゃいます。本編が今回、期待のレベルに達してなかったので、こっちに期待してしまう気持ちはますます強く。
とりあえず前のウルヴァリンとファーストジェネレーションの円盤観返すことにしよう。あの2本はシリーズ中でも別格の出来だったよなー。だから次はよろしくお願いします。

« 小鳥遊六花・改~劇場版 中二病でも恋がしたい!~ | トップページ | オレカバトル その79 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/58246827

この記事へのトラックバック一覧です: ウルヴァリン:SAMURAI:

« 小鳥遊六花・改~劇場版 中二病でも恋がしたい!~ | トップページ | オレカバトル その79 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31