« 生徒会探偵キリカ 4 | トップページ | 瑠璃色にボケた日常 3 »

2013年8月14日 (水)

パシフィック・リム

アキバへ艦これゆのみ先行販売を買いに行ったその足で、池袋で映画など。特にこれ観ると決めてたわけでもなかったけど、時間の兼ね合いでこれの2D字幕版。

まず、主役のローリーとハンセン息子の役者の見た目の区別がとても苦しかったのですが、自分だけですかそうですか。役の個性の違いは明確だったので、劇中での区別はしっかりわかりやすかったけど。これが日本人特有の外人の区別が付かない病か。

怪獣が異世界から襲ってきたり、それに対抗する手段が巨大ロボだったり、しかもリフトを1度塞いだ程度で侵略を阻止できるのかって、この非現実感がB級臭をとても強く醸し出してくれるわけです。そのバカさ加減に全力で取り組むその姿勢はとても好感の持てるところです。
観る前は全然期待してなかったけど、予想以上に楽しめました。モンパニとかディザスターとか好きな人なら普通に楽しめるかと。
それにしてもイェーガー、町壊しすぎ。怪獣と何が違うんだ。でも壁とか意味ないよね。それならシェルター作って地下で生きろ。進撃よりもグレンラガンだ。

あとまあ芦田愛菜ぜんぜん歳取りませんね。いつまで幼いんだろうか。でも演技は上手かった。在りし日のダコタファニングを彷彿とさせます。多分CG効果も大きいんだろうけど。
対して菊地凛子は日本語つたないなあ、と。アクションシーンでの動作とかはかなりいい感じだったので、ちょっともったいない。地元秦野出身ということで応援はしてますよ。

とってもB級らしくつっこみどころ満載なのだけど、それも含めてエンタテイメントなのです。でも1つだけ、幼少期マコの回想シーンで東京を再現するなら看板だけでなく車のナンバーも日本式にしといてほしかったかなー。そういう至らなさ感がやはりB級として愛される要素でもあるのだけど。

何だかんだで楽しい映画でした。ごちそうさま。

« 生徒会探偵キリカ 4 | トップページ | 瑠璃色にボケた日常 3 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/57988424

この記事へのトラックバック一覧です: パシフィック・リム:

« 生徒会探偵キリカ 4 | トップページ | 瑠璃色にボケた日常 3 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30