« 艦これ(H25/7) | トップページ | オレカバトル その72 »

2013年8月 1日 (木)

オレカバトル その71

DVI分配器の調子が悪く、ちょっと撮影停滞してます。続きは未定。ご了承ください。

というわけで、最近あんまりプレイしてません。艦これ8に対して、ケリ姫スイーツ1、オレカ1程度の割合。下手をすると引退コースだけど、COJも本気になってないし、ゲセンへ行かないということもないので、まだしばらくはメインぽいです。あ、ケリ姫は引退します。アングリーバードの流行がよくわかりました。日本向けにアレンジしたケリ姫が売れたのは当然です。でも結局課金しなかったわ。してもよかったんだけど。最終Lv172でした。

さておき、オレカですが、最新のver.ではビックバイパーがおります。ますますおっさんホイホイ。
グラディウスを知らないゲーマーも、まあいないでしょう。そのくらいメジャータイトルです。ていうかコナミの顔といってもいいくらい。でも今時だと知ってはいてもやったことがない人も多そうでしょうか。ちびっこには新鮮で、しかも昔のコナミのことも知ってもらえて、宣伝効果もバッチリですね。せっかくなので興味を持ったら遊んでみてください。Ⅱは今やっても色褪せない最高のゲームの1つです。

で、色々考えてみたけど、現時点で対戦最強モンスターに、こいつ一番近いんじゃね?ということです。何が強いって『フォースフィールド』さん、ちょっとちょっと。ダメージを4発ノーカンにしてくれるとてもイケてる技です。ただし状態異常までは防いでくれないので、完全に万能というわけにはいきませんが。やっぱグラⅡのフォースすごいわ。何で壁まで抜けられるの。
まあこれがお強いので、それを軸に育成を考えてみましょうというところです。

そもそも、どうしてそんな強力なモンスターを作る必要があったかというと、祟竜を筆頭に、邪ッカ、ルシフェルの3強が相変わらず幅を利かせてるからに他ならないわけです。特に祟竜はイベント専用モンスターということもあって、それが入手できない人にやさしくないのに、しかもそれが最強の座に君臨してるとあっては、お金払って遊ぶゲームとしてどうかということになりかねないというかなっているので、このバランスにテコ入れするためにあえて投入してきたのであろうと想像に難くありません。その役を誰に担わせるか。そこでコナミの顔、ビックバイパーです。うん、我ながら書いてて前置きが長い。旧作の話したら止まらなくなるおっさんゲーマーの業です。

とりあえず4系統ほど。twitterで言ったっけか、HPコメ個体です。
Dsc00429a
1番左が技を試すのとパラメータの確認と、最初に育てた子。
左から2番目がキャパシティ調査のための子。
3番目はオーソドックスな育成で様子を見た子。
右が最終版。ホントはこれの途中経過何枚かを出すのが一番例題にいいのだけど割愛。

技の消費キャパシティは
『様子を見ている』(0)
『スピードアップ』(1)
『こうげき!』(2)
『インパルスブレス』(3)
『レーザーブレス』(4)
『フォースフィールド』(5)
『オプション召喚』(6)
の順でしょうが、『★→』を(2.5)として考えると『こうげき!』と『インパルス』の間になるであろうところ、『インパルス』と『レーザー』の間ではなかろうかという感覚に思えます。じゃあ『こうげき!』と『インパルス』が同じ消費(2)かというとそれも違いそうで。『様子』(0)と『こうげき!』(2)だけはさすがに長くやってれば決めつけてしまっていいと思うけど、独自技については常に研究する必要があるというか、そもそも考えるのも面倒くさいというか。

悩んでいるのはその経過のリンクの1リール目から今日のこの形になるまで、3段目が変わるまでは『★→』が入らなかったということ。そう考えると『レーザー』の消費が(4)もあるとは考えづらいわけです。むしろ(2)ではないかと。逆に『インパルス』が消費高いのかとさえ勘ぐりたくなります。さすがにそれはプレイしててそんな感覚を覚えることなどまったくありませんが。
これがなければ『会心』消しと一緒で最初から入れるなってことで落ち着くのが妥当なんだけど、おかげで『インパルス』が『こうげき!』に落ちた直後に『★→』が入った理由を説明付けづらいわけで。しかもこれ、ダブルチェンジでもなかったし。これが『会心』からの変化と同様なら他のモンスターでもダブルチェンジじゃなく普通に1リールの『会心』消せるようになるわ。多分『会心』も消費(4)だろうから。

こういう詰まり方をした場合は、巻き戻すのがまあ楽なのだけど、せっかくここまできたしどうするかなあ。でも多分そのうち巻き戻します。そしたらこのキャパ量なら1リール『★→』埋めできるよね。
2リールはまだキャパの余裕がちょっとあるみたいなので、多分3段目の『対地』が『フォース』に変わる余裕はあるはずです。できれば打撃は排除して『ブレス』で埋めたいけど、そこまでのキャパは2リールには感じられない&『★★→』もおそらく苦しいので、やっぱり2リール止めが正解かなと思っています。
そして『オプション』は事故るだけなので要りません。心許ない攻撃力はEX任せで安定。
1リールは『★→』埋め、2リールに2つ『フォース』、これが自分の考えるビックバイパーの最終形です。これで祟竜にも有利に戦えるはず。

逆にビックバイパー対策ですが、『フォース』は『キツネ憑き』等を防げないし、多段攻撃でも削れます。しかもEXを溜めさせずに。イカの時代きたな。それは多少ネタだけど、『5回こうげき』のマハとかならいいんじゃないかなと思ってます。でもまあ常に相手がビックバイパーならともかく、対戦時にここで多段攻撃仕様のマハだーとかは遊戯王も真っ青のネクストドローなので、作るだけ無駄でしょうけど。だからやっぱりイカですよ。

それともう1枚、3強に割って入る実力をモアイも持っていると考えています。
最初は『声』で無差別というつもりだったのが、『槍』のダメージとEXの強さで一気に注目です。サリエルEX何それってくらいの最終兵器。
まず『監督者の槍』ですが、これは自身以外のもっともHPの高いモンスターに刺さる攻撃なので、味方が当たることとか気にしなくていいです。相手の主力に確実に当たるし、ベージにかばわれるならそれでもいいし。対戦ではほとんど狙いの分かっている『ピナーカ』のようなものと思っていいでしょう。
これを軸に育てます。育てました
多少つっかえる可能性はあるにせよ、連続して1リールの『様子』に吸い込まれない限り、3ターン程度の事故でこの4リールへつながるのは脅威です。弱いわけがない。
そしてもちろんHP。『必殺』2撃を耐えるタフネスが強力なのは、邪ッカですでに誰しも経験済みでしょう。
とはいえやっぱり遅いので、状態異常とか色々対策できますけどね。
お供はベージと、久々にミミトシシの出番かなと思ってます。モアイでは脇を攻撃できないのでその補強に。
ビックバイパーの完成まではしばらくこっちをメインで使おうと考えてます。

他に可能性があるのはベルゼブブとかキャプテンアズールくらいかなあ。『デス』に天運任せるか、水飲んで2ターン目にEX終了コース。★3モンスターは結局例の2枚のお供のおかげで風モンスターの独壇場かなと思えるので、アズールのがんばりには期待したいところです。まあお察しだけど。

あと、気になってるのは、記録の鍵が導入されたことでネットオークション事情とかどうなってるんだろうかという点。元々名前気にしてないで買ってるような人ならそんなの気にせず今までどおりなんですかね。

以上、久しぶりに攻略まがいのことを書き綴ってみました。
ビックバイパーやモアイが頂上狙えるとか、やっぱりコナミですね。おっさんホイホイもほどほどに。

« 艦これ(H25/7) | トップページ | オレカバトル その72 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/57904069

この記事へのトラックバック一覧です: オレカバトル その71:

« 艦これ(H25/7) | トップページ | オレカバトル その72 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31