« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

艦これ(H25/7)

今月、艦こればっかりやってた生活ではありますが、それほどやりこんでるわけでもないです。ほとんど10日組と変わらない程度の状況でしょう。

どうやら毎月ラダーやってる感じなのですね。そこはゲームとしてとても評価できる部分。そして今月は最終的にこんな感じ。

20130731b 20130731c

ランキングを目指すと高難度マップを周回クリアしないといけないようなので、レベリングの足りていない現状では参加も無理という感じです。来月の目標は大将になれたらいいな、ってくらいでしょうか。

そしてもっとも好きな軍艦をそのまま嫁にしてます。利根ちゃん。筑摩に対抗意識燃やすおしゃまなお姉さんキャラ。おしゃま。背伸び感ありあり。中身ちびっこだよ。基本的には満遍なく育成してるけど、とりあえずこの子だけでもLv99にしてみて、それからスタートラインかなと。先は長いですね。なお、艦娘としてもっとも最初に目を引いたのは文月ちゃんです。これは愛でるべき愛娘。それに自分、7月生まれですしね。ちょうどいい。

現在まだお迎えできていないのが、長門、陸奥、大井、飛龍、瑞鶴、翔鶴、夕張、舞風、衣笠、三隈です。戦艦は後回しにしてたのでいいけど、空母はずいぶん頑張って実ったのは加賀と瑞鳳くらいかという感じなので、やっぱりお迎えに全力を傾けるのはダメプレイのようです。赤城、加賀でも充分なのだから今の面子でしばらく進めるのが吉でしょう。
明日から開幕のイベント攻略と新艦娘もまた色々ありそうなので、しばらくは楽しめそうです。
何より、ゲームがというよりも、コンテンツとして強力だなと。これを売り出せるボディがあるのは角川の強み。今後のメディアミックス戦略に期待してます。

そして、つい先ほど画像キャプろうとしたところ、猫ってました。昨日も猫でした。エラーさえも楽しめるゲームが艦これです。すごいな。毎日お祭り状態。

今月のまとめ(H25/7)

魔王のおもりを仰せつかりました。
ヒーロー文庫 藤村藤村著
言葉遊びで天才と天災を引っ掛けたかったのはまあ別にいいけど、それが話の主軸ってのはちょっと弱すぎるのではなかろうかと。いい話でまとめようとしたのが逆に面白く見えなくなった部分かなーと。

リバース;エンド 恋する次元連死
スニーカー文庫 東亮太著
他次元の自分はどうしてるんでしょうね。中二病とかお隣さんとかお姉ちゃんとかキャラはそれなりに立ってなくもないので、もうちょっと世界を作りこんでほしいかなあ。SFを作るのって難しいですね。

俺の目を見てボクと言え!
スーパーダッシュ文庫 神秋昌史
うん、まあ、その番組がいつ放送してたかでいつのことだかわかるよね。わからないらしいけど。ボクっ娘への目覚めやこだわりを、本当に持ってたんですかね、この主人公。残念なことにそうとは伝わってこなかったんですが。

以下の4冊と合わせて、今月は7冊。いあ、デートは1冊と考えるにはちょっと。7冊といっていいものか。そもそも10冊にも満たないとか。

世界征服 II 03-08
恋に変する魔改上書
魔女は世界に嫌われる
デート・ア・ライブ 十香ワーキング / 四糸乃ハイスクール

家にいるとラノベまったく読みませんね。積みだけが増えました。あんまり増やさなかったけど。
普通に、PCに向かうか、本を読むとしても家だからこそ積んでたコミックやハードカバーを手を取ってしまいます。うん、文明と戦争()は実に読み応えあった。やっぱり外での時間潰しなのだなあ。電車や仕事の合間の手持ち無沙汰が大事なようです。ゆえに文庫。

ということで今月は、魔女は世界に嫌われるを推しておこうかなと。

来月も積み処理です。いえ、艦これです。そういや艦これもノベライズ企画が進行しているそうな。秋に併合してKADOKAWAになったら、ますますどこのレーベルからになるのかわからないし、先行き不明。まあ面白い作品にさえしてくれれば文句はないので、よろしくお願いします。

デート・ア・ライブ 十香ワーキング / 四糸乃ハイスクール

ラタトスク文庫 橘公司著

BD2巻のおまけ。この小冊子のためだけに購入するにはとても高額です。まあこれはお布施なので、しょうがない。BDはいつ見ましょうかね。多分全部揃ってから1度コメンタリ見て終わりな気がする。

前巻(?)リンク

十香のバイトのお話と、四糸乃がお弁当持ってくるお話。どちらもお約束のパターンです。ちょっとやっつけすぎないか。でもだからこそ光って見える橘公司節。

そんな感じで、バイト編は言葉を誤解して楽しむデートアライブ平常運転。やっぱり亜衣麻衣美衣は使いやすいなと。でもオチにもうひとひねりほしかったかも。ちょっと平凡。

そして四糸乃のみんなからの愛されっぷり。これがすべてだったように思います。四糸乃かわいいよ四糸乃。
なのに、十香だけ挿絵があって四糸乃の分がなかったのは残念です。アニメからこっち四糸乃プッシュがとても大きいと思われるだけに。この薄さなので仕方ないけど。

そういやPS3版開封してないや。あっちにも付録付いてなかったっけか。PS3持ってない人がそんなもの買っちゃいけませんね。

2013年7月23日 (火)

魔女は世界に嫌われる

ガガガ文庫 小木君人著

昔ながらのファンタジー。個人的にそそられます。魔女は迫害されるもの。どうやら300年前は魔女が支配してたようだし、できればその頃の状況も描いてほしいかなあ。角人に取って代わられたゆえの歴史観かなと思えるけど、そういう歴史だったのか誤解だったのか。そういう背景も気になるくらいにはそれなりに厚みのあるお話かなと受け取れました。要するに好み。

鍛冶屋の息子ネロと魔女娘アーシェの逃亡劇のはじまり。うん、はじまりだけ。プロローグでまるまる1冊。とても密度が薄いです。でもそこはラノベなのであんまり気にしないことにしておこう。薄くてこそのラノベ。
主人公は妹、魔女娘は母を助けるために遠い国へ行くのだけど、まず追っ手を振り切らないといけなくて、最初の追っ手、二角娘のモーガンさんとの対決があんまり綺麗さっぱりだったもので、読者層がラノベの本来の意味でのストライクゾーンを狙ってるのではないかと思えなくもなかったり。逆に今時のラノベを狙ってる人への訴えかけは弱いかも。

全何巻くらいになるんだろうかな。堅実に、地味に、多分3冊くらいと予想。次巻からはもうちょっと密度上げてもいいよね。
願望半分で2巻にも期待。

ところで挿絵が14歳と15歳に見えません。フランダースが日本だと若年化してるような感じか。ネロだし。

恋に変する魔改上書

ガガガ文庫 木村百草著

絵で損してるよなあ。はまちを意識しすぎたそのデザインが。配置はデザイン会社のせいとしても、色使いとか制服とかもうちょっとどうにかしようよ。絵柄以外にもっと手を入れられる部分はあると思うの。ラノベとしては大きなマイナス要素といわざるをえず。

「かならず実現する予定メモ帳」ばりの能力を手に入れたヒロインが主人公の行動をおかしな方向へ加速させていくお話。能力も過去も改竄する分、さらに高性能か。
ラブコメ化というか、コメ成分のが強いのでコメラブと呼びたくなってくる。というかラブない。ヒロインが主人公を好きなのかどうなのかはっきりしないのにここまで干渉していくのもそういう感が強くなってしまうところ。やっぱりもっとラブ成分ないとダメではなかろうか。サブキャラ任せじゃ苦しいですよ。

それでも前半はコミック的に面白かったけど、後半でラブ子がでしゃばるようになってからのゲンナリ感がとてもひどい落差で、興を削がれてしまいました。全体の組み立てがもうちょっとできてればなー。もったいない。
銀帯の優秀賞が打ち消し線で残念賞になってるのはそれを表現したものだろうか。2巻は多分読まないかな。

2013年7月15日 (月)

世界征服 II 03-08

星海社文庫 至道流星著

タイトルは西暦の下二桁だったのね。リンとリザが絡み合う3巻だと思ったら、どうやら1と2は強引につなげられたものなのか。タイムリーに読んでたらまた違った印象だったに違いない。

関連エントリ。1巻2巻

一応エピローグでくっついてはいたものの、おまけ感強く。本編は引き続きリザと海斗のお話。青葉も。マイクだけ不遇。2つをくっつけてたクリスがやっぱりこの世界の中心なんだなあ。
プーチンやら小泉やらほりえもんやらミラーマンやら一部はリアルに準じて出てくるのも気になるところ。陰謀で世界が回っていると表現するためにはそういう手法も使うべきか。

まあ概ね最後まで楽しんで読んだとはいえるのだけど、リンの資本主義の次のシステムがどういうものなのかは知りたかったかなー。全体主義なのだろうか、やっぱり。でもそれは。
そもそもそんなの気にしたら負けなのか。幸せはあくまでもアブソリュートじゃなくてインクリメントなわけで、差をなくさずには達成できないからなあ。自分じゃ考えつかないわ。

ちょっと違うけど、野望の王国とかサンクチュアリの流れを汲んでるような気がしなくもないとか。新世界よりも勝ち上がりサクセスストーリーでした。
ひまりんへつながる習作なんだな。と再認識されたのでした。まる。

2013年7月14日 (日)

オレカバトル その70

一応5章追加エキスパンション解禁ということで。

まあ朝から行ったけどそれは何もできず、どうやら夕方ver.upされてからとのことで、夜に別のお店へ行って解禁見てきました。今回は友人に譲って。動画撮れなきゃ自分的には意味ないので。

このところほぼ記事を書いていなかったのは、やっていなかったわけではないにせよ要するに結果が出ていなかったからです。あんまり進まないので、ちょっと反省。もっと緩くプレイすべきだな。
具体的にはメロウとポワンと凍竜の育成で手間取ってました。今も手間取ってます。特にポワンに。そろそろ諦め気味。先もないし。

Img00412

まず育ててみたのがMaxポワン。野良捕獲のMaxならコマンド潜在だろうと安心していたら裏切りのHPコメントでした。何とまあがっかりな。結局序章だけなのか、序章にしても今までがミラクルだったのか。
で、前に育ててた1リールの『★→』埋めの事例から、せっかくだしそこまでやろうと頑張ってみたものの、思ったような変化は起きず。やっぱり運なんだなあ。あるいは今は作れない可能性もないとはいえないかもしれない。それが★2ポワン。1番左のカード。さすがにそのためだけに1万円近くプレイして変化なしじゃ諦めても仕方ないでしょう。てことで★3にしてしまいました。左から2枚目のLv9までは順調に。★10は排出していません。
そこから★4に。Lv7までは順調に。そこで色気を出して2リール目に『ミス』入れたら『★→』5つにならないかなーと変化させてみて。一応変わるとは思うけど、現在(右のLv10)までそういう埋まり方はしてくれていません。

Img00411

仕方なくパラメータ不足の以前の1リール『★→』埋めのできている子を引っ張り出してLv7(左上)から再育成。
これも色気を出してLv8で2リール目に『ミス』を入れてみます。その後Lv10になる際に『フラッシュ』も消えたのでちょうどよく変更。
★3にしてからの育ては2段目の流れ。Lv8までに『プチ』を消して『★→』にしてしまったのは先のMaxポワンの2リールと比較すると失敗なのかも。『グラン』2つあると4つ目の『★→』がさっぱり入りません。やり直すなら『プチ』→『★→』変化の前まで遡るべきかも。仮にここから変化するにしても変化率的に。
そこでLv9になる際に3段目のLv9への派生へ。『プチ』と『召喚★★』へのダブルチェンジで、『★→』への変化の可能性を増やした形。まだここから先は育ててないけど、一応こちらの流れを後々つなげていく予定です。
が、今は右のLv10に流れて下の★4へ。でもこれ使うくらいなら1リールが微妙でもMax個体の方を優先させる方が有意義かと。

と、ここまで考えても、ポワンの用途がどうにも定められなくて結局使い道に困ってます。作りこむなら対戦用というのが自分のスタンスなので、『バリア・グラン』が強いのはわかっていてもそれはボス戦用でしかなく、お金かけてまで育てる気にならないんですよね。ここまでやっといて何ですが。

そんなわけで、今はセイレーンさんが嫁です。理想的な回り方をすれば3強とも渡り合える実力のある子。ポワンでそれをやろうと思ったら結局『フラッシュ』で封印してねじふせる形になっちゃうし『バリア・グラン』意味ないじゃんてことになるので、だったら同速で★3でもうちょっと可能性のあるセイレーンさんのが自分には合ってるのです。月末のアキバレジャラン大会はそっちでいくかも。いかないかも。

Img00401

さて、話を戻して、今日解禁された新モンスター含め、今週の収穫。沙羅が被りました。ジュエルペットじゃないのもいます。てか今のまほエプはぜんぜんダメ出しされないので張り合いがありません。マイメロの毒舌が懐かしい。ともあれ、アルマ可愛いよね。てか今なら悪運ちありとか光らせてやれよ。
じゃなくて。クリオネは綺麗に揃いました。それはともかく、メロウは2枚育ててまったく同じ数値で片方がHPコメント、片方がコマンドだったのでコマンド型を育てたら★3Lv10でSP72止まりだったがっかり感。HPコメの方ならSP73になるのかなあ。それでもマハに1足りないし、セイレーンと違って対戦で使えるタイプでもないので、もうこれでいいような気もしてきます。ポワンの件もあって最近妥協レベルが思い切り下がってきてます。まあクジェスカにようやくリーチといったところ。来週にはどうにかそっちにも手を回したいところです。
モアイは1リールの『調停者』を消すことに成功。進化後のSPが13ないけど、モアイの同キャラ対戦とかどうせないと思うので、コマンドタイプのこれで進めます。
フロスとフロドラまではこれで完成でいいけど、フロスドラゴ以上はこのまま育てると1リールの『★→』やら調整に苦しそうなので育て直すべきかも。SPも不足してる気がするし。美しき輝きを放つ水の惑星ラティス以下略へ行くために、ここはもうちょっと頑張っておきたいところです。ちなみにグラディウスは拾えていません。1回しか戦ってないし。
グランブルーはようやく厳選始めてコマンドコメントのこれで妥協。SPがMaxなら文句ないのだけど。
ベルゼブブはSPコメでした。思ったよりHP少ないタイプだったので、リヴィ程度の活躍になるのかなあ。『デス』を使う魔王ということでは期待しなくもないのだけど。まあ様子見。とりあえず複眼が複眼じゃなさそうなデザインなのはちょっと好みではなく。HPがあと50あったらきっと違ったろうな。
あとは★2ユライの野良を見かけなかったのが今日の不満。明日は会えるだろうか。今日はあんまりプレイできなかったので、明日はもうちょっとプレイしたいところです。

撮影も滞ってます。5章の撮影はいつになることやら。

2013年7月 9日 (火)

艦これ

その1。にはしません。取り留めなくなりそうなので。でもたまに気が向いたときに書くかも。

こないだまでちまちまプレイだったのに、無職になってから課金兵士になってしまいましたとさ。
しかしそうなると攻略を進めないと気が済まなくなるわけですが、肝心要の川内ちゃんが出なくて今日も第3艦隊がまだ開放されていません。

このためだけに10000円ほど課金して軽巡レシピでガチャってみました。

•Lv23/軽巡/鬼怒 -- 2013-07-09 (火) 00:22:36 New!
•Lv23/重巡/鳥海 -- 2013-07-09 (火) 00:23:29 New!
•Lv23/軽巡/球磨 -- 2013-07-09 (火) 00:23:43 New!
•Lv23/軽巡/北上 -- 2013-07-09 (火) 00:24:44 New!
•Lv23/重巡/古鷹 -- 2013-07-09 (火) 00:24:58 New!
•Lv23/重巡/筑摩 -- 2013-07-09 (火) 00:26:33 New!
•Lv23/重巡/加古 -- 2013-07-09 (火) 00:27:56 New!
•Lv23/軽巡/阿武隈 -- 2013-07-09 (火) 00:28:51 New!
•Lv23/重巡/利根 -- 2013-07-09 (火) 00:29:22 New!
•Lv23/重巡/足柄 -- 2013-07-09 (火) 00:30:06 New!
•Lv23/重巡/羽黒 -- 2013-07-09 (火) 00:30:51 New!
•Lv23/重巡/鳥海 -- 2013-07-09 (火) 00:31:35 New!
•Lv23/重巡/利根 -- 2013-07-09 (火) 00:32:30 New!
•Lv23/軽巡/五十鈴 -- 2013-07-09 (火) 00:33:55 New!
•Lv23/重巡/那智 -- 2013-07-09 (火) 00:34:45 New!
•Lv23/軽巡/球磨 -- 2013-07-09 (火) 00:35:28 New!
•Lv23/重巡/加古 -- 2013-07-09 (火) 00:36:13 New!
•Lv23/軽巡/木曽 -- 2013-07-09 (火) 00:37:10 New!
•Lv23/重巡/青葉 -- 2013-07-09 (火) 00:38:41 New!
•Lv23/軽巡/多摩 -- 2013-07-09 (火) 00:41:06 New!
•Lv23/軽巡/多摩 -- 2013-07-09 (火) 00:41:50 New!
•Lv23/軽巡/北上 -- 2013-07-09 (火) 00:48:11 New!
•Lv23/軽巡/神通 -- 2013-07-09 (火) 00:49:06 New!
•Lv23/軽巡/神通 -- 2013-07-09 (火) 00:49:59 New!
•Lv23/軽巡/木曽 -- 2013-07-09 (火) 00:50:42 New!
•Lv23/重巡/足柄 -- 2013-07-09 (火) 00:53:45 New!
•Lv23/重巡/足柄 -- 2013-07-09 (火) 00:55:53 New!
•Lv23/軽巡/北上 -- 2013-07-09 (火) 00:56:36 New!
•Lv23/重巡/筑摩 -- 2013-07-09 (火) 00:57:19 New!
•Lv23/軽巡/由良 -- 2013-07-09 (火) 00:58:02 New!
•Lv23/軽巡/多摩 -- 2013-07-09 (火) 00:58:42 New!
•Lv23/重巡/足柄 -- 2013-07-09 (火) 00:59:24 New!
•Lv23/駆逐/雪風 -- 2013-07-09 (火) 01:20:14 New!

これはwikiへの報告。高速建造材の限り回してみて、結局川内さん出ず。20分だったので唯一建材使わなかった最後の駆逐艦が雪風ちゃんだったのが唯一の収穫といえば収穫といったところ。
建造諦めてボス戦でドロップ狙うことに路線変更することにします。

つか、みんなどこで川内さん加入させてるのよ。

で、この半月ほど新規参入規制されてたのがようやく明日開放されるようですね。って、予定の先週から1週間の延期ですが。ゲーム云々というよりもコンテンツとしての力が強いなーと思うので、「乗るしかない、このビッグウェーブに」てな感じで先々のメディアミックス展開とかも期待しつつ、明日から参加してみるのもよろしいかと思います。ステマステマ。

ホント、無職って危険だわ。

2013年7月 4日 (木)

オレカバトル その69

1章の動画整理がやっと完了。まあただの撮り直しなので新鮮味など何もありませんが。あくまでも個人的なコレクション、そして自己満のための公開。
撮影期間がまたがっているので、アンプの都合上また音量が統一されていません。ご了承ください。次回からは一定のはず。

vs カニクラブ
vs 死神グリム
vs レヴィアタン
vs 仙竜ゲンブ
vs ブルードラゴン
vs 魔王アズール
vs 氷獣ヌエ
vs 聖天使ウリエル
vs 泡魔導師ポワン
vs 魔界の門番ダンテ

vs ブリザードドラゴン
vs ドラキュラ

vs 暗黒竜ファヴニール
vs 堕天王サリエル
vs 邪神アズール

解禁順これでよかったか、今となってはかなり曖昧。調べればわかることだけど、そんなマメな人間ではないのです。ちょっとtwitterで人に聞いただけ。ご回答いただいた方、ありがとうございます。間違ってても責任は自分にありますので。

さて。最近、クラスチェンジ時の『★→』セットを『ためる』で変更することが多いです。理由は、技の弱体化が難しいことから。例えばベージをサルベージにする際に、残っている『会心』を『★→』にしてしまうと、1リール『かばう』埋めサルベージを作るのは困難だけど、『ためる』からなら変化させやすかろう、とかそういう理屈。あくまでも理屈だけで、まだ作ってないですが。
これに限らず、リールを途中で止める育成をするタイプにはこの手法が安定しそうです。今にして思えば、序章当時のクラスチェンジで『★→』が増えなかった仕様の方が融通利くような利かないような。まあ『ためる』にした方がその後の可能性を広く持てるかなと、そんなところです。

で、5章はさっぱり進めてません。天使とかいつになったら手を出せるのか。考えるだけは色々考えているのだけど、育成してる暇がまったくなくて。
とりあえず、アズールで1ターン目に『水』飲んで2ターン目にサルガッソ撃つ流れとか、土アタッカーにしては速いSPからの『デス』で例のツクヨミ編成みたいなアヌビス編成作れないかとか、ヨルドでイカやカニを呼んでみるとか、まあ色々。先日やろうとしてたセイレーンも、やってやれないことはないはず。ムウスやマハたちの復権だって、サポーターの充実してきている今なら考えられなくもないはず。邪ッカルシフェル祟竜ばかりに上位独占させとくのは面白くないですよ。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30