« デート・ア・ライブ アンコール | トップページ | オレカバトル その61 »

2013年5月31日 (金)

今月のまとめ(H25/5)

魔王さま8巻がページビュー上位に入ったのがちょっと嬉しかったかも。5位まであったし。オレカに埋め尽くされるアクセスの中、よくがんばった。

ヴァルキリーワークス
GA文庫 逢空万太著
ニャル子のアニメには面白さを見出せない(クオリティは認める)のだけど、ある程度売れているタイトルを書いた人の作品は1度は読んでみたいと思う欲求があるので、ちょうどいい機会として手に取り。
うん、ニャル子と何ら変わらない中身だった。ニャル子の原作読む必要がないと判断できた有意義な1冊でした。

魔王のしもべがあらわれた! Ⅳ
電撃文庫 上野遊著
最終巻。打ち切り感もなくもなく急速な収束といった進行で。まあ最終巻だったからこそ購入したのであって、最終巻じゃなかったら買うこともなかったと思いますが。
魔王とシュバルツリヒトの秘密がそんな感じで色々と。短い中で収束させるならまあ詰め込みもしょうがないかな、というか3巻の内容いらないんだからそれとで分けて描いてよと言いたくならないわけではないけど、まあどうにか収めてくれましたといったところか。
ところで桜何で生きてるの。死んでもおかしくない描写だったよ。大虎ほど丈夫でも動けないのに、桜ってはすぐに動けてたようだし。丈夫なこどもですね。
ともあれ、面白かったのは1巻だけかなあ。あとがきにかなり苦しい言い訳があったのがさらに残念です。お願いしますよ、ホント。

おじいちゃんもう一度最期の戦い
NMG文庫 戸梶圭太著
これ、ラノベに分類していいレーベルなのかな。でもこの作品はラノベじゃないです。少年漫画誌のギャグ作品のようなノリ。それもブラックユーモア成分多め。おじいちゃんに振り回される孫が見る底辺公団住宅を面白おかしく楽しんじゃおうというのだけど、そこへ至る親父がtwitterで炎上するこの家庭の糞っぷりは今の時代に合わせて尖っていて、実に考えさせられます。一度こんな世界に堕ちたら脱出できそうな気がしない。忍殺的マッポーな世界に近いというか。やっぱり時代に合ってる作品だな。これからのひとつの流れなのかもしれない。

強くないままニューゲーム Stage1 -怪獣物語-
電撃文庫 入間人間著
どうしてRPG的視点で語るんだろう。世間的にはsaveデータとかレベルアップとかないとゲームという感覚を持てないんですかね。普通のアクションゲーム感覚でいいと思うのだけど。
それはともかくとして、死んでも緊張感ないよね。世界観として、じゃなく、最初の死亡の時点からまったく心が動かされませんでした。さらに、痛みもあんまりないだとか。
色々考えて攻略するのはいいけど、この環境を受け入れることが難しいなあ。そろそろ作家買いから外れるレベル。逆に時間のおとしものだけがまぐれだったと考えるべきか。

サマー・ランサー
メディアワークス文庫 天沢夏月著
第19回電撃小説大賞選考委員奨励賞受賞作。
戦車道、忍道、仙道を思い出しました。思い出すも何も、今も毎週1ループは見てるのだけど。
槍道。剣道と並ばせてそんな青春ドラマを。MWの金帯らしく新人ながらなかなか面白く読ませてくれるのだけど、もうひとつ何か欲しかったかなあ。インパクトに欠けます。とにかく普通すぎて。

さよなら妖精
創元推理文庫 米澤穂信著
初よねぽ。なぜ普通に氷菓とか選ばなかった。我ながらヒネてるなあ。
異文化交流で拙い意思疎通の中から意図を読み解く類のミステリ、そして青春ドラマ。
マーヤの優しさはもちろんのこと、太刀洗さんのアイデンティティがとても切ないです。でも主人公が青いことを否定はできまい。むしろミステリの主人公らしく自分なんかと比較にならないほど頭いいわけだし。だから主人公に感情移入などせずに、お前が自分で解決しろよと突き放したくなるのです。ミステリ読むのってそういうところがあるのが好きになれない部分なんだろうなー、と再認識した今日この頃。

愛するムスメからの教育的指導
電撃文庫 相生生音著
月は無慈悲な夜の女王。1章のサブタイを目にした瞬間はちょっと心躍ったのだけど、その2行後、主人公の名前を見た瞬間に即萎え。これ以上読むだけムダと1ページ目にして確信したのだけど、一応最後まで付き合うだけ付き合って、果たしてその通りに時間をムダにしたのでした。
電撃って懐広いですね。今年、これ以下の作品にお目にかかることはできるのだろうか。無作為じゃ難しいだろうな。厳選すればあるいは。

以下13冊と合わせて20冊。

すべてがFになる
キリノセカイ II.報復のサガ
のうりん 6
"空蝉" ヒカルが地球にいたころ……7
彼女たちのメシがマズい100の理由 3
なれる!SE 9 ラクして儲かる?サービス開発
スカイ・ワールド #04
魔法の使えない魔法使いの物語
俺のペット生活がハーレムに見えるだと?
デスニードラウンド ラウンド1
大日本サムライガール 5
世界征服
デート・ア・ライブ アンコール

締めが悪かったのを除けばまずまず楽しんで読書できた5月だったかと。
まあ問答無用で大日本サムライガールですよね。スコアとしては並んでないけど、のうりん、メシマズなんかも実は楽しんでます。食が題材ってのはやはり強いな。

さておき、読書もだけど、生活が危ない今日この頃。夏には無職かも。本読んでる場合じゃない。

« デート・ア・ライブ アンコール | トップページ | オレカバトル その61 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

月まとめ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/57498320

この記事へのトラックバック一覧です: 今月のまとめ(H25/5):

« デート・ア・ライブ アンコール | トップページ | オレカバトル その61 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31