« オレカバトル その58 | トップページ | 大日本サムライガール 5 »

2013年5月22日 (水)

オレカバトル その59

前回、ベージについて触れたので、ついでにコマンドの潜在についての現時点での結論。

結局、『★→』の総キャパかなと落ち着いてます。
『ためる』が消費1、『★→』が消費2、あるいは3か。

スラマナいじってると『★→』が『EX+3』に変化するのをよく見ます。だから『+3』かなと思わなくもないのだけど、空きキャパがあって『+2』だけでなくさらに上の変化になってるのではないかとも考えられるので、何とも。でもだったら『★→』の変化じゃないときに『EX+1』が『EX+2』になるのもあってもおかしくないよなあ。くらいには勘ぐれなくはないですが、何とも。
それから、『★→』がまだ不足しているカードの『こうげき!』で埋まったリールに『★→』が入りづらい件。これを考えるとやっぱり消費3かも?と思ったりもするのです。2とも3とも断定しづらくて、感覚的には2.2くらいじゃないかなという感触なのですが、前回のベージ記事で書いたように小数点以下についてはやはり未知数。
結局答えになってませんね、ごめんなさい。

でもまあ『こうげき!』程度にキャパ食うのだろうと考えています。
とりあえず個人的な都合で、中途半端にでも今日これを発表しておかねばいけない立場になったようなならないような、まあ仕方なく今これをまとめているというわけです。

さて。モンスター毎にリールキャパは決まっています。変動はないと考えます。これは結構確信に近いレベル。

仮に消費2として話を進めます。今回の例題は破壊神様。
マハデーヴァの★キャパがコマンドの潜在で30と設定されているとして、最大で『★→』を15まで入れられるとします。
パラメータ同様にコマンドの幅も6段階あるという説を自分は採っていますので、コマンド潜在なら★キャパ30。最低値を引いていたら★キャパ25になるのかなと。
『★→』が少ないとどうなるかというと、『★→』が入らない分、他の技で圧迫されるため、『ピナーカ』を入れづらくなる、ということになります。ゆえに『ピナーカ』総数が不足する、と。ちなみに『ピナーカ』の消費は6かなとアタリを付けています。そして4リールのキャパは35ではないかと。以前は。みんな無理無理言ってるし、今はもうちょっと引き締められてるのかもしれません。最近使ってないからよくわかりませんが。

まあコマンドの潜在はそういう仕組みではないかと一応考えています。変化率でも最大キャパでもなし。ただ、消費2で上位リールに流せるコマンドを入れやすいかどうかというのはやはり大きなアドバンテージかなと思うので、やっぱり使うモンスターはなるべくコメントもらっておくべきだろうなと思うのです。

という妄想でした。あんまり信じないでください。最初に断ったように中途半端な研究なので。

以上のことから、育成時に注意すべきは、やはりキャパの調整だと考えます。
キャパ食いそうな技を途中リールに入れるのはできるだけ避けて、『ミス』が『会心の一撃』に良変化したからと2リール目や3リール目でそんなことをしてしまうと最終リールのキャパが不足するだけなので、結果、損しますよ、とそんな次第です。
もちろん1リール止めみたいな育成をするつもりなら、キャパなど無視していいので、コマンド潜在などいらないし、ビルドによっては厳選の方向性を絞りやすくできるでしょう。

今回は個人的都合でやっつけながらのそんな記事。はてさて、吉と出るか凶と出るか。

あとは最近、努力値について悩んでます。一度は「ない」と断じたけど、やっぱり「ある」かもしれないとブレてきてます。それでもまだ「ない」寄りに傾いてはいますけども。
でも研ぎに研ぎ澄まされた1枚ってのは、やっぱりリアル努力値だと思うんだよなー。結局金か。

« オレカバトル その58 | トップページ | 大日本サムライガール 5 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

先日は八潮お疲れ様でした。
興味深い内容のお題目有り難うございます。
コマンドUPの数も他のステータス同様にLEVEL1の段階で決まっているという事ですよね。
自分のスラマナは★→14で、ルシフェルは★→13で行き詰まる感じで悩んでいました。
コマンドUPの上限が決まって居る中で、上手く3〜4リールに進んで使い勝手の良い感じに作るには最初から理想的なコマンドを意識しながら作るのが良いんですね。
とても参考になりました。有り難うございます。

>ちいたさん
コメントありがとうございます。

記事では1ずつみたいに書きましたけど、他パラメータ同様に1.06倍計算だと思っています。これは自分の妄想です。
ただ、普通のプレイヤーはそこまで使い込むことはないでしょうし、最終リールまで進めるようなビルドにしないなら、いらない部分だと思います。こちらは妄想だけでなく確信しています。
要は目的に合わせて厳選の閾値を上げ下げするとお財布にもやさしくなるのかなと。

陳腐な表現ですが、ビルドを育成前に計画立てるというのはDiablo2的遊び方なんですよ。だからこそ自分がこのゲームにハマっているともいえますね。

また年齢無制限大会が近隣でありましたらよろしくお願いしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/57438495

この記事へのトラックバック一覧です: オレカバトル その59:

« オレカバトル その58 | トップページ | 大日本サムライガール 5 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30