« 俺のペット生活がハーレムに見えるだと? | トップページ | オレカバトル その57 »

2013年5月20日 (月)

デスニードラウンド ラウンド1

オーバーラップ文庫 アサウラ著

ベントーは2巻で離脱したので、久々のアサウラ氏。どちらかというとこの新レーベルはイズル氏のが注目なのでしょうが。しかも違う意味で。まあ安定しそうなのを手に取った次第です。

一風変わったラノベですね。ラノベといっていいのだろうか。とりあえず世界観がおかしいのはまあいいのだけど、そのおかしな世界になった経緯はしっかり語ってほしいなあ。沖縄や北海道独立戦争とか栃木群馬紛争とか、地域を重視した着眼点は自分的に魅力なはずなのだけど、そういう部分がすっぽりないのが残念で。
まあミリタリー物に女子高生組み合わせてそういうおかしな日常がさも当然みたいなセカイを書きたかったというところまでは理解しました。ですので、借金どうこう以前に、セカイがそうなった経緯をお願いします。

とりあえず、山田と武島はキャラがあるのに立ってなくて、他の2人と比べて魅力薄いかなー。松倉と大野とユリは多少マシ。先輩も。脇役は品川大崎とか、次は五反田さん目黒さんですかね。
まあベントーと比べるとキャラ弱いかと。ラノベとしてはちょっと苦しいか。

そして自分は銃火器よくわからないので、さも詳しそうに書かれているのが、好きな人にはヒットするのかもしれないし、あるいはつっこまれるのかもしれないし、でも自分は判断できません。分かることといえば、少なくともそれらを理解できないと作品をたのしむことができないであろうということ。えぇ、自分の畑じゃないもので。すみません。そこはミリオタさんが自分で読んで確かめてください。
ていうか、それだけでも一般向けエンタテイメントから遠いので、やっぱりラノベと言えないんじゃないかなあと。ドナルドと藤田田をモチーフにしたお話部分は理解できなくもないのだけど、でもそこでバーガー業界戦争の激化を納得させるためにも、下地となるセカイがそうなった経緯はやはり必要ではないかなと。最初から日本無関係のファンタジーならこれでもいいんだろうけど、地名とか出しちゃってますしね。それに運動量だとかエネルギーだとかソニックブームだとかいらんかと。そういう話をし始めたらロナウダマジック何それってなるだけでしょに。なら最初から物理とかも無視すべき。
ベントーのサブタイの半額価格にも納得いかなかったけど、この作者さんはそういう下地となるところでバランス不足という感があります。読みやすさだけが救いか。

ということで一番の驚きは折込チラシにあったIS再アニメ化の発表なのでした。前期同様のクオリティで売る算段というならそれもそれで。まあどうぞがんばって。

« 俺のペット生活がハーレムに見えるだと? | トップページ | オレカバトル その57 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/57426172

この記事へのトラックバック一覧です: デスニードラウンド ラウンド1:

« 俺のペット生活がハーレムに見えるだと? | トップページ | オレカバトル その57 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30