« オレカバトル その47 | トップページ | デート・ア・ライブ 7 美九トゥルース / ファンタジア文庫25周年アニバーサリーブック(十香フィアフル) »

2013年3月27日 (水)

かんづかさ 参 ~朱に染まる空~

桜ノ杜ぶんこ くしまちみなと著

神様としっぽり仲良くなってパワーアップした神奈大活躍。

前巻リンク

クエスト。神流のアラミタマをニギミタマにしてみよう。
最初に用意した設定で突き進んできたのはいいとして、ここまで強くなっちゃうとあとはインフレしかないので、バトルはほどほどにしてほしいところです。勅使河原のひねくれ&現実逃避でこうも大規模に世界を巻き込んでくれて、そりゃ神祇官も大変だ。しかし富士山にみんなして行ってる場合だったかなあ。誰か残せよ。勅使河原を追いやる前に人手不足じゃね。そういうところはちぐはぐな感じ。まあデビュー作だしそのくらいは大目にみましょうか。もう結構冊数重ねてますけど。

自衛官が生きて帰ったら巫女さんと合コンとかフラグ立ててたのはほほえましかったのだけど、結果を知りたいです。
あと仔山羊のイラスト欲しかった。巫女さん描くだけじゃ面白くないでしょ。題材からして名状しがたいモノではあれど、文章ではそれなりに表現されてたのだし、絵にしてほしかったかなあ。

ところで2巻からのスパンとあとがきを深読みすると、これ最終巻だったりしませんかね。他の仕事も入れすぎなんだよな、この人。なので、終わりなら終わりでもよいかなと思ったり。続き出るなら出るで一応買うでしょうし、もちろんつまらなくはないのだけど、ハマれるような面白さでもないかなあといったポジションなので、むしろ終わっててくれると嬉しいかもしれないという本心です。1巻みたいな丁寧さが2巻3巻では感じられなかったてのはあったかもな。

« オレカバトル その47 | トップページ | デート・ア・ライブ 7 美九トゥルース / ファンタジア文庫25周年アニバーサリーブック(十香フィアフル) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/57040627

この記事へのトラックバック一覧です: かんづかさ 参 ~朱に染まる空~:

« オレカバトル その47 | トップページ | デート・ア・ライブ 7 美九トゥルース / ファンタジア文庫25周年アニバーサリーブック(十香フィアフル) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31