« 大洗ガルパンツアー | トップページ | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる 6.5 »

2013年3月12日 (火)

きじかくしの庭

メディアワークス文庫 桜井美奈著

先日知人とラノベについて議論する機会があったのだけど、メディアワークス文庫はラノベ風味なだけでラノベに入れるべきではないような気がしてきて、今回これを読んでやっぱりラノベに入れるものではないなと判断するに至りました。これがラノベなわけがない。

そんな第19回電撃小説大賞の大賞受賞作。まあ電撃レーベルから出た大賞よりは好みだけど、かといって普通すぎてハマれるような作品でもなく、MW的にビブリアで乗ってる今のうちに一般小説としての地位を確立させるためにこんな新人を推していくのはどうだろうとかそんな思惑なのではなかろうかとてきとーに邪推してみたり。まあ文章はとても読みやすいと思います。生徒の相談に乗りながら自分も恋愛にどう向き合うかみたいな、仕事に対する姿勢と変人な恋人との恋愛をテーマにしてるところも実に一般向け。
でも田路はともかく、香織くらいつかみどころがないヒロインにはちょっと気持ちを入れづらいかなあ。栂野先生のがよっぽど身近。でも彼女も脇役臭強すぎる。亜由や祥子のが存在感とのバランスがいいかな。そして幸成、情報通って都合いいなあ。まあこの2人はやっぱりお似合いなんでしょう。

ところでウチの畑のアスパラガスを見るに、人が隠れるようなまでにわさわさするような草とも思えないんだけど、たくさん植えるとか日当たりによってはそうなるのかしら。どうも自分の持っているアスパラへの印象と違いすぎます。

« 大洗ガルパンツアー | トップページ | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる 6.5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56937521

この記事へのトラックバック一覧です: きじかくしの庭:

« 大洗ガルパンツアー | トップページ | 俺の彼女と幼馴染が修羅場すぎる 6.5 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31