« オレカバトル その46 | トップページ | 神様のお仕事 »

2013年3月18日 (月)

瑠璃色にボケた日常 2

MF文庫J 伊達康著

やはりえれっと絵効果は高いと思うの。あとがきは正解。でもそれだけで売れ続けることはありえないので、中身が伴う必要はあります。一応、閾値は超えていると思っているので2巻も購入したわけで。
でも1巻みたいに表紙めくったら表情がちょっと違うとかなかったのでやや不満かも。1巻でやってなかったらそうでもなかったのに。1巻がやってたんだから2巻もやってよね。

前巻リンク

開幕のコントはそれなりに楽しめました。ネタはいいので、それを表現する演技力が磨かれていれば、ね。でもそれに冷や水をぶっかけるような翠の感想はテンポ崩してくれます。導入部もうちょっとで成功しそうだったのにもったいない。キャラ重視であってもネタは大事にしようよ。翠の株ががくっと落ちます。

そこで新キャラ登場、柘榴さん。表紙のピンクFカップさん。イイネ!さっそく乗り換えることといたましょう。しかし関西少女らしいけど、それほど関西らしさは出てないような。個人的にはそれは嬉しいけど、シナリオ的にはちょっと弱くならないか。

今回は生邪魔さんという存在に注目。というか柘榴さん家のお家事情はベタすぎてもうちょっとお兄ちゃん大事にしてやれよ。別に努力家が天才の天敵とかそんなことないし。ルサンチマンは見苦しいけど、そんな型にはめた設定でそう展開するのも見苦しいわけで。
むしろお笑いのネタがいくらか磨かれてた気がする。柘榴さんにはそっちを期待したいところ。比率としてお笑い8お祓い2くらいでいいな、とか。まあ瑠璃が瑠璃なのでそうはできないだろうけど。結局瑠璃って重過ぎてお笑いに徹することができないよね。ヒロインとしては翠、柘榴のが使いやすそう。

1巻よりは洗練されてたように思います。今後もだんだんこなれてくるでしょう。そんな成長性への期待。
そして、あとがき8Pは多すぎ。どこを目指してるんだ、MF文庫J。

« オレカバトル その46 | トップページ | 神様のお仕事 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56985114

この記事へのトラックバック一覧です: 瑠璃色にボケた日常 2:

« オレカバトル その46 | トップページ | 神様のお仕事 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30