« オレカバトル その42 | トップページ | 《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 »

2013年2月17日 (日)

サイハテの救世主 PAPERII:黄金火山と幸福の少女

角川スニーカー文庫 岩井恭平著

面白いと思ってはいるけど何となく好きになれない微妙なポジションの作品。

前巻リンク

天才という概念が全知な神とほぼイコールなのでやりすぎ感を覚えるのだけど、でもそれが上手く回ってるとは思うのです。でもジュニアとか見ていると友情を感じながらもその天才の押し付けっぷりが葉を苦しめるのは当然というかそれさえ意に介さないのが天才という概念であるべきという主張なのか、まああちらの世界であるべき論の遠い世界のお話ゆえにハマれないのかなと思ったり思わなかったり。SFというほどSFでもなし、そういう微妙なポジションのせいで扱いに苦心しています。

タイトルの少女と天才とレポートが絡み合って展開するシナリオはリアリティ感じられなくてやっぱりあちらの世界のお話なのだけど、沖縄組よりもキャラの魅力は強かったのでアンジーの謎はちょっと楽しみました。
そして三三。いいのか、ここまでやっちゃって。天才に巻き込まれたんだからきっといいんだな。そんな暴力的なことを淡々と進めていく作品というところが魅力といえば魅力かなあ。葉の苦悩どうこうよりもそういう狂いっぷりに惹かれます。何か釈然としないけど、そういうことかと。

そんなもやもやな気持ちながらもまた3巻も読むんだろうな。何か沖縄どうでもよくなってきたな。陸とかいなくても話進みそう。

« オレカバトル その42 | トップページ | 《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56785419

この記事へのトラックバック一覧です: サイハテの救世主 PAPERII:黄金火山と幸福の少女:

« オレカバトル その42 | トップページ | 《名称未設定》 Struggle1:パンドラの箱 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31