« 勇者リンの伝説 Lv.1 この夏休みの宿題が終わったら、俺も、勇者になるんだ。 | トップページ | 今月のまとめ(H25/1) »

2013年1月31日 (木)

ドッグライヴ 路地裏の犬たちは、絶望の果てに

スーパーダッシュ文庫 藤原健市著

ペルソナのノベライズ書いてる人のオリジナル新作。もちろん初読。

絶望によってJと呼ばれる能力に目覚める少年少女たちの異能モノ。まあ厨二ライクでラノベらしいのはよいか。
思春期の視野ではそう思い込むのもおかしくはないか、くらいには絶望しそうな原因はあったような。主要キャラは。犯罪組織ジューダスの連中は目覚めた能力の格差から大した絶望でないというか、その程度でも開眼するのであればローティーンなら誰でも能力者になれそうな気がするゆるさを感じなくもなかったり。

しかしヒロインの能力の使い勝手の悪そうなこと。そして使い勝手はいいのに使いこなせてない主人公のへちょいこと。能力と無関係の部分ではそれなりの活躍も見られるので、能力にまだ慣れてないだけと解釈できるかな。ただ、主人公に持たせるにはちょっと地味かも。無双でも困るけど、もうちょっとカリスマ感じさせてほしいところ。

とりあえず雫さんは好みです。今は他に読んでるSD文庫も特にないし、そのためだけにしばらくこれを追いかけてみてもいいかな。

« 勇者リンの伝説 Lv.1 この夏休みの宿題が終わったら、俺も、勇者になるんだ。 | トップページ | 今月のまとめ(H25/1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56670030

この記事へのトラックバック一覧です: ドッグライヴ 路地裏の犬たちは、絶望の果てに:

« 勇者リンの伝説 Lv.1 この夏休みの宿題が終わったら、俺も、勇者になるんだ。 | トップページ | 今月のまとめ(H25/1) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30