« それがるうるの支配魔術 Game6:リライト・ニュー・ワールド | トップページ | 猫は勘定にいれません、もちろん家にもあげません »

2013年1月 8日 (火)

スカイ・ワールド #03

富士見ファンタジア文庫 瀬尾つかさ著

独自路線に進み始めたように思います。でも何か雑な印象。

前巻リンク

ゲームのようでゲームでなくやっぱり異世界なのかという感じのセカイになってきました。でも半分はまだゲームとして表現したいのか、システム設定とか凝ってみたりしたいんだなという姿勢が見えるのは、瀬尾氏なのかなという感じで。そして今回もおっぱいでした。むしろこれこそが瀬尾氏ですね。

ということで、男装女性声優ヒカルの登場。ちょっとハーレムが過ぎてきた感。そしてこのあたりを中心に雑っぽさが強く出てきてます。そうでなくとも例えばP185でジュンが三人称に「あのかた」とか使ってるのとかも、かすみのセリフのコピペのようになってたり、とにかく色々と雑っぽい匂いが漂ってます。読んでてつらい。

あとユーカリアの過去も差し込み位置が悪かったかなと。これはプロローグで書いた方が組み立てとして正道に思います。どうせミステリとかじゃないんだし、後出しにする必要ないのだから。

おっぱいはいいのだけど、それなら魔導書だけでもいいかなという気がしてきました。あっちのがよりライトだし。富士見は他に弾あるし。
という感じで4巻買わない可能性が高くなってきました。もうちょっと丁寧に書いてほしいなあ。方舟よもう1度。

« それがるうるの支配魔術 Game6:リライト・ニュー・ワールド | トップページ | 猫は勘定にいれません、もちろん家にもあげません »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56500045

この記事へのトラックバック一覧です: スカイ・ワールド #03:

« それがるうるの支配魔術 Game6:リライト・ニュー・ワールド | トップページ | 猫は勘定にいれません、もちろん家にもあげません »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30