« のうりん 5 | トップページ | 僕は友達が少ない CONNECT »

2012年12月21日 (金)

なれる!SE 8 案件防衛?ハンドブック

電撃文庫 夏海公司著

表紙は新キャラ次郎丸さん。こういう子は見てるだけならいいけど、一緒にいると息が詰まるので無理です。どうぞあちらのセカイで自己研鑽に励んでください。

前巻リンク

工兵のスキルが高いのか低いのかよくわからなくなってきました。同じような境遇の、といっても会社の待遇はまるで違うけど、1年目の新人同士で仕事が競合してしまったアルマダの次郎丸さん登場。やたらできる子です。あっちいけ。そんなできる次郎丸さんから認められるくらい、できるようなできないような。工兵の描写がいまいち微妙です。何でVLAN程度であやふやな言及なの。
という2人のバトルです。今までで一番熱いバトルだったような気がする。脂が乗ってるな。

とまあ、やたらできる子だったはずなのに、工兵の反計に引っかかった後、立て直せずにずるずると負けルートまっしぐらなのは何なんでしょう。ページ数の都合ですか。準備周到で戦うタイプで、機知は不足してるというのでしょうか。その程度の子ではないと思うのだけど。立華のペースにのまれたか。でもま、ローズ氏のフォローはよかったね。でもこんな息苦しそうな会社は嫌だ。スルガも嫌だけど。何でこんな夢のない会社ばかりなんだろう。

そしてこの作品はOSI8層↑での戦いがメインなので、もうネットワークいらなくね。特に巻末のステートフルインスペクションとか誰得よ。
ところで立華って、とても正攻法でネットワーク構築しそうなイメージです。丸投げしたらL2で全部組んできてもおかしくない。まあそれはないにせよ、仕事上仕方なく変則的なネットワークを組むことはあっても、一からの構築でそういう要素はすべて排除してくる子だよね。そんな相手とだとスムーズに仕事できそうでいいな、とか一瞬思ってみたけど、小うるさそうなのでやっぱりいいや。
ネットワークに限らないけど、シンプルな構成が一番です。技術を投入するのはいいけど、建て増しするたびに変に凝ったりするのはやめておきましょう。この作品の事例みたいなことになるから。

しかし導入部では藤崎さん今度こそ大活躍かと思ったら、新デブ登場でした。かなりご都合色強いな。そして立華はどうやら釘確定ですか。まあいいけどさ。でもちょっとあざとすぎる感じも。これもOSI8層ですね。コスプレとセクハラで対応。うん、この業界ももっと女の子増えれば枕もあってもいいよね。で、どこにこんなに女の子だらけのネットワーク業界があるのか知りたいのですが。そっちいかせてよ。世のネットワーク関係の従事者はみんな思ってますよ。おれだけじゃないって。

« のうりん 5 | トップページ | 僕は友達が少ない CONNECT »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56366045

この記事へのトラックバック一覧です: なれる!SE 8 案件防衛?ハンドブック:

« のうりん 5 | トップページ | 僕は友達が少ない CONNECT »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31