« オレカバトル その35 | トップページ | のうりん 5 »

2012年12月21日 (金)

デート・ア・ライブ 6 美九リリィ

富士見ファンタジア文庫 橘公司著

百合もだけど、ユリがそもそも花として好きじゃないという個人的趣味。今回の精霊は色々と好みから遠い子ね。あ、ユリの根は好きです。茶碗蒸しおいしいですね。

前巻リンク

言霊で相手を縛るありがちアイドル。精霊でなくば価値観の違いくらいスルーしてしまえってところなのだけど、精霊なので被害が放っておけず、士道がこういう行動しちゃうのも仕方ないのかなー。でもこの展開は好みじゃないです。士道は被害云々でなく嗜好によってそういう行動をしていたので。まあ言霊はやっかいですけども。

で、百合精霊。男の士道が近付けるわけもなく、いわゆる女装回と。今まで気にしたこともなかったけど、女顔だったのか。まあこれもテンプレート。でもハレコメで百合が出てきてもどう料理するんだろうという感じで。しかも美九より真那のが目立ってたし。
しかし勝負で勝っても負けてもキスできそうだしいいかと思ってたら、そんなことにはならなかったらしい。おあずけくらった気分です。

内容は今まででもっとも平凡かなあ。いつものユーモアセンスがあんまり爆発してません。ラストの次巻へのつなぎは期待しちゃいますが。それでもカルマの2巻のようなことにはなってないし、ねんどろぷちフィギュア(※訂正。グッスマ様じゃないですね。すみません、キャラアニ様でした)も可愛かったし、こんなもんかな。もっと出てこい狂三。アニメの狂三には期待してますよ。
ということで、アニメやゲームの企画とかそっちの情報のが気になります。ACなわけないから、どうせプレイはしないだろうけど、まかり間違って3DSならお布施だけはするかな。

あと、昨日追加されたいちゃらぶ短編。十香派は読むべし。
それより琴里が人気2位って何よ。しかもおれの折紙5位とか。たまちゃんにいたっては13位。ないわ。

« オレカバトル その35 | トップページ | のうりん 5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56365983

この記事へのトラックバック一覧です: デート・ア・ライブ 6 美九リリィ:

« オレカバトル その35 | トップページ | のうりん 5 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31