« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6 | トップページ | 今月のまとめ(H24/11) »

2012年11月30日 (金)

たったひとつの、ねがい。

メディアワークス文庫 入間人間著

表紙のカレー食べてる陽子さん可愛いですね。P30ほどまではとても満たされた気分で読めます。幸せです。

そこから一転、みーまー以上にダークな展開。絞られるようなサスペンスですね。いい緊張感。でもその境で主人公タクヤの豹変ぷりはちょっとどうかなあ。気持ちがねじれたというより、別人になったって感じ。ここはちょっと苦しいかも。
しかも復讐劇に入ってから結構ブツ切り。ちょっと読みづらいけど、でもまあ入間人間ですし。

まあ警察とかいないセカイなんだろうな。車椅子も車椅子という名の何か別の兵器めいた存在に違いない。カニバリズムについてもある程度共有されてるかもしれない。遺伝ではなく、そういう価値観もあるセカイ、って解釈する方が自然ぽい。
そういう意味では日本的な舞台じゃない方がよかったんじゃないかなあと思わなくもない。といって外国というのも違うけど。もっとSFチックでよかったかな、と。あ、右腕やナイフはSFですね。表紙や口絵とは違う肉体構成の生物だろうけど。

そして最後はこうくるのかー。見せ方はともかく、こういう意識は大好きです。星新一とか藤子F先生らしくて。
1冊分の密度は感じなかったので、時間のおとしものみたいに同系列の作品群をまとめて短編集にしてくれてたらよかったなー。

ということで、価値観がとてもSFな作品でした。それと、ある程度のグロ描写耐性も必要か。そもそもSFってグロ耐性持っておくべきですよね。

« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6 | トップページ | 今月のまとめ(H24/11) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/56219371

この記事へのトラックバック一覧です: たったひとつの、ねがい。:

« やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 6 | トップページ | 今月のまとめ(H24/11) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31