« ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 | トップページ | ドラフィル! 2 竜ケ坂商店街オーケストラの革命 »

2012年10月11日 (木)

ひるねねのききねね

ファミ通文庫 関根パン著

キュージュツカ面白かったので新作も。2Pじゃなくても、テンポのよさはそのまま。しょっちゅう差し挟まるひとりノリツッコミで間を作るのが、この作家さんの持ち味ね。

主人公、きみ。プロローグだけと思いきや。昼音さんはヒロインではなかったのですね。標くんは昼音さんの道標。でもだったら昼音さん視点じゃなく標くん視点なのはちょっとなー。なので、標はもうちょっと控えめでもよかったかも。あるいは主人公の地位にしっかり居座るか。主人公とヒロインスワップするように謎のJC声優を据えていること自体はよいのだけれども。
でも結局、話のまとめで、秘密をツクちゃんとだけ共有することになる展開が作品を台無しにしてしまったという、その一点がどうしても気になってしまうのです。どうしてこうなった。
一番仕事してたのはサーコだなあ。鍬田先生も悪くないけど。でも脇役だし。

ということで、テンポはまあよいのだけど、通しで見たときの構成が散々でした。もし2巻出すつもりだったとしても1巻は1巻だけで完結するように書いてほしいなーと思うのです。
また次回作に期待するとしましょう。またパルやカホンみたいな強烈なキャラをぜひともひっさげて。

あ、シソ水は美味しそうなので、今度自作してみます。

« ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 | トップページ | ドラフィル! 2 竜ケ坂商店街オーケストラの革命 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55869963

この記事へのトラックバック一覧です: ひるねねのききねね:

« ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上1 | トップページ | ドラフィル! 2 竜ケ坂商店街オーケストラの革命 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31