« 彼女たちのメシがマズい100の理由 | トップページ | "末摘花" ヒカルが地球にいたころ……5 »

2012年9月 5日 (水)

ボクの可愛い国家令嬢

富士見ファンタジア文庫 鏡遊著

明日の君と逢うために。あれは絵だけゲーだったなあ。他の作品は知りません。まあ七海もやったけどさ。

どうやら作法に則って読まなきゃいけない鈍感モノでした。気付かないフリしながら読むの、あんまり好きじゃないんだよなー。でもまあそういうタイプの作品としてはまだ読めました。バランスかな。

主人公鋼。女顔の女装メイド。生き物なら何でもなつかせる特殊能力。を使って学校で人生相談受けてるとか。委員長に気が向いてたり。で、ファントムもなつきますよ。そうですか。
タイトルでもあるメインヒロイン凛々花。とってもすごいファントムキャリアで引きこもり。まあお嬢様なのはポジションだけね。
委員長素子。鋼に気が向いてるね。おや。だったらはがね見て怪しまないのはどうよ。タイトルがこれでなければメインヒロインでもおかしくない。
男装執事衣緒。ファントムじゃないけど異能。エロさのないエロ担当。こういうキャラも1人くらいは要るよね。
壊し屋ゆに子。愛すべきバカファントムキャリア。こういうキャラも1人くらいは要るよね。

マレビトなる脅威からご町内を守るべく戦うファントムをサポートするために、アスタルテ機関に脅されてお嬢様の面倒を見るハメになった主人公のお話。先代メイドはがねとの関係がどうなんだろうというのが、この作品の一番の魅力かもしれない。
しかし10代処女限定というのがファントムみんなユニコーン以外もユニコーンじゃないか。転校元鞘も体育の着替えとか先に気付けよ。ソフトボールも悟飯が野球やってたシーン思い出したわ。あとやっぱり服だけは燃えないのね。脱ぐときは脱ぐみたいだけど。設定やら展開から色々とひどいなあ。

全体的にはまるで好みじゃないのだけど、委員長とはがねの謎だけ気になります。そんなわけで、百合コンビが活躍する2巻を期待くらいしてみましょうか。

« 彼女たちのメシがマズい100の理由 | トップページ | "末摘花" ヒカルが地球にいたころ……5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55589987

この記事へのトラックバック一覧です: ボクの可愛い国家令嬢:

« 彼女たちのメシがマズい100の理由 | トップページ | "末摘花" ヒカルが地球にいたころ……5 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30