« ボクの可愛い国家令嬢 | トップページ | テンプテーション・クラウン 5 »

2012年9月 5日 (水)

"末摘花" ヒカルが地球にいたころ……5

ファミ通文庫 野村美月著

もちろんCDいらないので通常版で。ギリギリなんだよなー。特装版欲しいかどうかの当落線上。本当は葵のいる表紙のがいいんだけど、特に絵師買いしてるでもなし、まあ通常版でいいよね。

前巻リンク

帆夏とプール。おまけ付き。しかし描写足りず。まあ紫織子が終始脇役だったのは実に心が晴れました。近江ちゃんはこのくらいの登場だと愛らしいですね。

さて、その末摘花さん、どうせブスじゃないんだろと思ってたら、一応ブスでした。よかったよかった。ネット上の相手というのはいいアレンジ。成りすましとか現代ぽい展開期待できますね。花の名前の絡ませ方も丁寧で、こういうところはこの作者さんのいいところかなあ。
そして、委員長が実は花散里で裏ヒロインとして重ねられてたところがポイント。どうにもネタばらしをしたくてたまらず書きましたといった態で、末子さんも含めて叙述トリックともいえない表現が、果たしてよかったのか悪かったのか。
しかし、タイトル的に末摘花なのもよかったんだろうか。全然メインヒロインに見えなかったんですけど。結局目立ってたの、帆夏と葵と月夜子さんだったし。自分としては好みキャラが比重寄ってていいけど、作品全体見渡すと首を捻ります。うーん。

それにしてもヒカルが本気でどうしようもなくウザいんですけど。バカなだけならともかく、性格の悪さがかなり出てきてイライラします。こうなるとこれを放置している是光の人格者ぷりにもイライラで、実に負のスパイラルなんですが。

まあ今回は最初から実にどうでもいい末摘花だったので、つまんなくてもいいやというくらいの気持ちで読んだのがきっとよかったのでしょう。期待しないのも大事。
次は朝ちゃん回というかどうやら六条さん出てくるのかな。しかし全何巻になるんだろう、このシリーズ。

« ボクの可愛い国家令嬢 | トップページ | テンプテーション・クラウン 5 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55590080

この記事へのトラックバック一覧です: "末摘花" ヒカルが地球にいたころ……5:

« ボクの可愛い国家令嬢 | トップページ | テンプテーション・クラウン 5 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31