« スカイ・ワールド #02 | トップページ | グイン・サーガ 外伝23 星降る草原 »

2012年9月21日 (金)

オレカバトル その26

二章でベージの登場により、スライム・マナが公式ルールでの最右翼となりました。みなさんこぞってスラマナを育てるとよいでしょう。

関連エントリ。その19

シナリオとしてはこうです。
もちろんスライム・マナが『!!!!!』ならほぼ勝利確定。『EX+』でもツブレトマトの『EX+』と足してゲージ10、そこにベージのEX発動。SP95とSP94の織りなす絶対的シフト。何ですか、これ。
その後は2ターン完全防御で守られるので、その間に『!!!!!』が出ればよし、出なくてもまたEXは溜まっていて永久機関。対抗策が同じくベージでもミラー以外ないというか、あるいはサルベージでも同じことをできなくもないけど、サルベージだとツブレトマト以外にももう1枚EX要員を選ばないといけなくなって、それではすばやさの差でどうあっても後手を踏むわけです。スラマナ編成の完成度の高さたるや。勝ち手段を2通りも持つこの編成はチートに近いです。

初めてベージをみたときに『かばう』をこのSPで使うのはどうよと思ってたけど、EXの壊れっぷりはその程度で済む話ではありませんでした。ベージ、サルベージの使うEX『衛兵の誉れ』の存在は公式ルールを脅かしてくれます。何かいい打開策を考えなきゃ。

対抗手段としては、初手マルドクでベージ撃破。ベージより確実に速く動けて一撃でベージを落とせるモンスターは彼だけです。それでもスラマナに『!!!!!』を撃たれたら対抗もへったくれもあったものではないですが。

残る可能性というか夢レベルでは混乱狙いでもどうにかなるかも。ただし、あくまでも『衛兵の誉れ』対策というだけで、『!!!!!』対策にはなってないのがどうにも。そこまでして『マインドクラッシュ』『女魔王の狂笑』に価値を見出せるかというと苦しいところ。

禁止カードなんて対応は大嫌いだけど、さすがにベージだけは禁止にせざるをえないかと思われます。または『衛兵の誉れ』の性能変更を期待するしか。『衛兵の意地』で『かばう』+直接攻撃無効、『衛兵の誉れ』で『かばう』+直接攻撃カウンター、もちろんどちらも1ターンのみ、くらいマイルドにしてもバチは当たらないと思います。直接間接ブレス無関係にすべてを反射するのはかなりおかしい設計です。それを★1モンスターが持っているとか。ベージは二章の一番の失敗ですね。そもそもこの速さだけで十分で、EXは『棒立ち』でさえ持つべきじゃなかった。壱式形無しです。テストプレイもっとがんばりましょう。

ということで、トマトも邪神たちも破壊神の居場所もまったくなくなってしまいました。邪神もマハデーヴァもベージの登場でちょっと強化されたのに、そのベージがこれなので、だったら最初からスラマナと組ませる方がよっぽどスマートというわけです。
一応、今回マルドクだけは相対的に株を上げたので、現役でいられそうです。結局SPが一番重要なゲームということですね。

果たしてスラマナとマルドクの勢力争いの時代となったのでした。

要するにコナミさんは早急に改善策を検討してください。以上よろしくお願いいたします。

« スカイ・ワールド #02 | トップページ | グイン・サーガ 外伝23 星降る草原 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。マルドクです。
サルベージの入手方法ってまだわかりませんよね??

>マルドクさん
いえ、知ってますが、開示するのがためらわれるような内容だったので、大人の事情で封印してました。それでもどうやら今日(昨日)広まってしまったようですが。今週中に修正されるのを期待していたのですけれども。
ともあれ、修正されるまではここではその内容には触れないつもりです。

パラメータは314/44/80 → 367/52/94まで育つはずです。
速いモンスターでEXが使える子なので、使いではあるでしょう。

そうですか( ̄▽ ̄;)ありがとうございましたm(__)m
EX強いですよね。はやくほしいですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55707057

この記事へのトラックバック一覧です: オレカバトル その26:

« スカイ・ワールド #02 | トップページ | グイン・サーガ 外伝23 星降る草原 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30