« オレカバトル その22 | トップページ | ボクの可愛い国家令嬢 »

2012年9月 4日 (火)

彼女たちのメシがマズい100の理由

角川スニーカー文庫 高野小鹿著

ネタ的にくるものがあったので期待して読んでみのだけど、さっぱり面白くありませんでした。勘がよろしくない。

味覚音痴やおかしなアレンジを能力と見立てての異能バトル物だそうです。バトルではないけど。

よくある親が転勤で1人残って幼馴染が料理しにくるパターン。そこにキャラ加えて、幼馴染と従姉妹と同級生の3本立て。バランス悪いのとマズイのと辛いのと。許せるとしたら従姉妹かな。まだ未登場だけど、ゲテモノ料理の妹はアリです。何でみんなそんなにイナゴ程度で嫌うかね。そういう時代だとしか言えないのだけど。いいじゃん、ザザムシ炊き込みご飯だって文化だよ。海外にはゴキブリ食べる文化だってあるんです。チャバネやクロやワモンやヤマトじゃないけどさ。と話逸らすのはやめて、妹には期待したいということです。

でも1巻ラストで出てきたのはお姉ちゃん。これはこれで小姑らしさが強くていいキャラなのだけど、続き読むかなあ。もしかしたら2巻くらいはがんばってみるかもしれません。

幼馴染の舌は鍛えられないんだろうなー。鍛えたら作品のコンセプト変わっちゃうだろうし。でもそこに周りの視線が入るエピソードがあったのとか、そういう部分は評価してあげたいとは思うので、とりあえず2巻はやっぱり読んでおきましょう。出るのなら。でも相当にがんばってもらわないと苦しそうですよ。

« オレカバトル その22 | トップページ | ボクの可愛い国家令嬢 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55582367

この記事へのトラックバック一覧です: 彼女たちのメシがマズい100の理由:

« オレカバトル その22 | トップページ | ボクの可愛い国家令嬢 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31