« 今月のまとめ(H24/7) | トップページ | キュージュツカ! 3 »

2012年8月 6日 (月)

図書館危機 / 図書館革命

角川文庫 有川浩著

今度は実写化ですか。なぜ読み始めるとこういう発表が付いて回るかな。誰かに運命操作されてるんじゃなかろうか。

関連エントリ。1巻、2巻

王子様から上官へ。いいじゃん、気にせずくっつけよ。とは誰しも思うところではなかろうか。それより柴崎周辺の空気が面白い。いいな、こういうキャラ。

3巻。
対痴漢。毬江シナリオの1つだからなんだろうけど、その小道具関係なく対応してほしかったかなあ。しかし郁には色気が足りない。やっぱり柴崎に任せろ。
言葉狩りをお題にされたところは楽しく読めたり。床屋の孫、そりゃ人気出るだろうさ。硬派な役者だなあ。それでも現実は自主規制なんです。世の中には良化委員会予備軍が多いんだろうね。矛先向けられないためには仕方のないこと。
茨城編は県の展示会よりも組織のお話。無抵抗者の会とか、どんだけ怪しい宗教団体か。しかも法務省までつながってるって。そこまではどうか。まあいらないおばさんけちょんけちょんにできてスッとできる展開ではあったか。図に乗ってたネズミが追い詰められるのを見るのは楽しいものです。
おいしいところは稲嶺のじいさんが持ってったけど、3巻の主役は玄田の旦那。異論は認める。

4巻。
当麻氏の作品から模倣範、それをネタに表現の自由を規制、それに対抗する図書隊、みたいな流れ。そして郁と堂上のハッピーエンド。まあ恋愛小説ですしね。嵐の中のチェイスとか、映画では映えそうですね。映画化されるのがどこら辺のシナリオなのか知りませんが。
しかし良化サイドの思想が見えません。全滅したテロも本当に良化サイドの自演だったのかどうだったのか。利権絡みで崩すに崩せないっていう構図はいいけど、原初の気風が世間のスルーってだけではちょっと弱いかと。あのあとがきで納得できるかっていってもまあ無理でしょ。
そもそも彼らはどういう流れで兵装できるようになったんだっけか。それに対抗すべく図書隊が装備するのは分かるけど、良化委員会が武装してる意味はよくわからじ。どうやらエピローグで方向修正はされたようだけど、でもブラックホークとか多分修理して使ってるよな。

あとは別冊とアニメと映画か。アニメは聞くところによると評判悪かったのでどうだかだけど、ここまで読んだからには別冊までは押さえておこうかな。

« 今月のまとめ(H24/7) | トップページ | キュージュツカ! 3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55366083

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館危機 / 図書館革命:

« 今月のまとめ(H24/7) | トップページ | キュージュツカ! 3 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31