« ビアンカ・オーバースタディ | トップページ | 大日本サムライガール 2 »

2012年8月27日 (月)

2

メディアワークス文庫 野﨑まど著

1年ぶりの新作。待ちくたびれました。

関連エントリ。[映]アムリタ

大前提。過去作を全部フォローしておく必要がありそうでした。前作PFも処女作アムリタを読んでいるのといないのとで印象が変わった作品だろうけど、自分はPf時点でまだアムリタだけは読んでおらずしかもアムリタが深く関係しているのを後から知ったわけです。それでもPFは最高傑作だと文句なしに言えたのだけど、今作は過去作を読んでないとそもそも成り立たないように思います。
作中でタイトルの2についての説明も入ってはいるけど、むしろ2周目という印象が強い作品です。すべての過去作の2です。2を読む前に過去作をフォローしておくべきでしょう。

まず、演劇というテーマがアムリタに被る。役者になれたらいいな、な主役、数多一人。どんな名前だ。導入部はプロの演劇集団パンドラへの入団テストから。こんな中でやっていけるのか。その天才との違いを思い知らされて、思い知るのにそのままずるずるという流れはやはり野﨑まどのそれ。

どもり的で多連感嘆符使いまくりの振動槍子とか、最早と画素さんのあいのこ的ポジションな御島鋳とか、阿部とか不出とか、期待させるだけさせてくれたのに実にあっさりでした。だって最早だもの。
とまあ2人で映画作ることを出汁に、過去作の人々がわんさと出ます。鈴木友子さんなんかとてもいいイメチェンだったんじゃないかと。紫さんの初々しさはやっぱりいいなあ。トムの出番も何とも嬉しい。

オチについては予想の能力ではあったけど、能力身に付けてるくらい思ってたらただのベッシー成り済ましでしたか。舞面側のそれとの関わり方からしても最早は最早であって全能というわけでもないのかな。
というか、いつもの二段構えほどのギャップがなくて、本の厚みの割に物足りなさを感じてしまいました。
夜の蝶の店長はわかってたのかな。若く見えるのが許されるのは最早だけじゃないのかなと思ったり思わなかったり。

やっぱり過去作の予習はしておいた方がいいかもしれない。でも2から読んでもどうにかなるかな。それだとあまり2を楽しめないように思えるけど。そのくらい過去作に寄りかかった作品でした。もし2から読んだのなら、過去の5作をとても楽しく読めると思うので、とても羨ましいことです。

個人的にもっとも心動かされなかった野﨑まどかもしれません。

« ビアンカ・オーバースタディ | トップページ | 大日本サムライガール 2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55522088

この記事へのトラックバック一覧です: 2:

« ビアンカ・オーバースタディ | トップページ | 大日本サムライガール 2 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31