« 今月のまとめ(H24/6) | トップページ | 俺、ツインテールになります。 »

2012年7月 3日 (火)

東雲侑子はすべての小説をあいしつづける

ファミ通文庫 森橋ビンゴ著

ひと月遅れでようやく。実はこれも『飛べない蝶と空の鯱』同様に先日の台風の日に持ち歩いてひどいことになってしまったので、もう1冊購入したという。さっさと読まないからこういうことになるんだって。まあそれならそれで別の本が犠牲になってただけだろうけど。それにこれは水害無関係で2冊買ってもいいしね。

関連エントリ。1巻2巻

そういう展開もあるかと思わないではなかったけど、やっぱり切ない終焉を迎えてしまうのか。な導入部。まあよくあるモノローグなそれということで。

どこまでもピュアな2人。侑子のために何ができるか進路に悩む英太の選んだ決断。その気持ちを抱えたまま2人で旅行行って何ぞしでかすかと思いきや、キレイゴトに包まれます英太くん。最後まで決意を曲げない英太も英太だし、それを受け入れる侑子も侑子で、どこまでも夢の世界。現実見てないわな。だからこそピュアとしか言いようがないのだけど。何この文学。
挿絵までもこれは下手に介入するわけにはいかんわ的に、ラノベの範疇から大きく逸れた手法が採られていたり。

とはいえハッピーエンドにならないラノベなんかあってはならぬ、となれば、この着地点に落ち着くかなあ。てかこれは別れたと言っていいのか。別に別れてないよね。それも正道。

という、ラノベらしからぬラノベでした。だから内容じゃなくレーベルでしか分類できないっていわれるんだろうな。さもありなん。
他にどんな作品書いてる作家さんか今のところよく知らないけど、次回作も読んでみますかねー。あるいは気が向けば既刊を漁るか。機会があれば。

« 今月のまとめ(H24/6) | トップページ | 俺、ツインテールになります。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55114748

この記事へのトラックバック一覧です: 東雲侑子はすべての小説をあいしつづける:

« 今月のまとめ(H24/6) | トップページ | 俺、ツインテールになります。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31