« 東雲侑子はすべての小説をあいしつづける | トップページ | オレカバトル その16 »

2012年7月 3日 (火)

俺、ツインテールになります。

ガガガ文庫 水沢夢著

第6回小学館ライトノベル大賞審査員特別賞。審査員賞の安定度はやはり違います。大賞や金賞って何なんだ。

ツインテールまみれの1冊。おかしなことを大真面目に力一杯やることによるギャップを笑えという、お決まりのフォーマット。これがすべるかすべらないかの微妙なバランスがまあ難しいんですよねー。一応、成功してるとは思います。

真面目に変なことやってるのは敵さんで、主人公たちはツッコミ役。あらまあ、わかりやすい。
といっても主人公総二もツインテール属性のビョーキなわけだけど。でも一番の常識人なのは間違いなく。

異世界人トゥアールから力を授けられて変身ヒーローというかTSというか、まずそのトゥアールが変態というか、幼馴染まで暴力的に色々おかしいというか、ママなんかもっとおかしいし、要するに壊れ設定で突っ走ってるんだから読者もめいっぱいあちらの世界に旅立てよってことです。

生徒会長が途中からフェードアウトしてたり、ママがもったいなかったり、後半ほぼ熱血展開偏重でドラグギルディに笑いが少なかったり、色々と惜しいところはあれど、今後に期待するくらいはいいんじゃないかなと。がんばりー。

« 東雲侑子はすべての小説をあいしつづける | トップページ | オレカバトル その16 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55114794

この記事へのトラックバック一覧です: 俺、ツインテールになります。:

« 東雲侑子はすべての小説をあいしつづける | トップページ | オレカバトル その16 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31