« 小説 魔法少女まどか☆マギカ | トップページ | オレカバトル その11 »

2012年6月 9日 (土)

かんづかさ弐 禍つ神の杜

桜ノ杜ぶんこ くしまちみなと著

完全にこのレーベルの看板作家ですね。実はすごい新人なのかもしれない。今年創刊したばかりで、もう4冊ですよ。レーベルの半分、氏の作品ですよ。新人の所業じゃねえ。それとも氏を見出した編集が氏のためにレーベルを立ち上げたとでもいうのか。もしかして実績ある人の別ペンネームじゃなかろうか。ラノベ界そんなのばっかぽいし。

関連エントリ。1巻

戦闘の様子は録画してるし、大臣の指示も必要だし、やっぱりこの規模じゃ記憶なんか消せないよね。と、1巻での設定をスルーして、警官や自衛官まで巻き込んで大騒動。
まで至る、前半の千葉の裏の流れは何だったんですかね。万博どうなったのじゃなくて青木さんどうなったの。てか戻ってきた流れもよくわからじ。そりゃ怪我までして頑張ったんだろうけどさ。具体的に方法があやふや。もちろん確立してるわけじゃないんだろうけど、読者には見えるように説明あってもよかったような。しかもそれだけやってるのに、後半とのつながりがあまり見えてないのはちょっとどうだろう。もっと長いスパンで見るとつながりがあるのでしょうけどね。まあまだ2巻だし、と思っときますか。

日本人はみんな緋袴とか好きなんですかね。戦う巫女さんに自衛官が萌えてる描写は、でもきっとリアル。ホントに取材したかったんだろうな。でも取材ルートなんかいくらでもありますよ。がんばれ。
そんな神奈と卯月と新キャラ和泉でアクション満載。でもお前は京都っぽくない。同ヒロも若くない。

でもま、怪獣だよね。大臣が緊張感ないのは問題だけど、報告するにあたって映像あるんなら説明として付けようよ。そこら辺は陸幕長の落ち度かなー。ま、与党揶揄みたいなもんで政治家が腐ってる姿を描きたかったんだろうな。符号でしょう。
他にも宮川と中村、いい仕事してる。レディース対決なんかも。脇役生き生きしてますね。そういうところは好み。でもイナとか影薄かったかも。

神奈の神性が今後花開いて色々ありそうなので、先々も楽しみに。もうちょっとぽわぽわ系の巫女さん出てくるといいな。と、希望してみたり。

« 小説 魔法少女まどか☆マギカ | トップページ | オレカバトル その11 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/54914739

この記事へのトラックバック一覧です: かんづかさ弐 禍つ神の杜:

« 小説 魔法少女まどか☆マギカ | トップページ | オレカバトル その11 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31