« も女会の不適切【アイ・ド・ラ】な日常 2 | トップページ | 魔導書が暴れて困ってます。 3 まあ、どうにかなるでしょう »

2012年6月27日 (水)

バタフライ×ブレイクダウン 1 君が世界を救うというなら

ファミ通文庫 佐々原史緒著

風が吹いて桶屋が儲かる未来美少女と6.5割イケメンのアジャストメントBMG。もちろんさっぱり恋愛要素なし。わー、ラノベっぽい。好みです。せせり大好きだし。串屋行ったらまずこれを注文。当たり前ですね。違うよ。
そしていまだに調整班を読んでいないわけですが。映画もつまんなかったもんなあ。

主人公祐吾。親の転勤の都合で寮のある学校へ。ありがち。ちょっとお調子者という設定があるとはいえ、未来人への対応にしても写真撮る際のアポにしても寮長への義理向けにしても概ね常識人。クライマックス時の行動はどこか変態じみていたけど、あれも責任感の表れなんだろうし。基本的には好ましい主人公かな。

修復士として未来から来訪するせせり。行方不明となった前任者を探すのと、世界が滅ばないように道筋を正すお仕事。何はなくとも美少女。そのわりに美少女扱いされてないのは祐吾の感覚がおかしいような。最初は被写体とか言ってたくせにさ。でも美少女です。ちやほや。

もう1人のヒロイン、アイドル様揚羽様。記憶を失くした前任者その1。キツめの性格というか王道ツンデレ系なそれ。仕事への姿勢を見るからに真面目な子だけど、浅草寺の一件といい行き当たりばったりな面も。グループの他3人もまずまずキャラ立ってますね。というかアイドルというだけでやっぱりムダに惹かれるものがあるなあ。

わりと伏線張ってあったと思うけど、それでも基本ラノベ寄り。スタンガンなんかもっと深い展開かなあと思ったのだけど、肩透かしでした。文章も微妙に読みづらかったり。それ以上に設定と構成に魅力があるので致命傷ではないけども。
奇跡の1枚の海に消えた人も前任者の1人じゃないのかなあと思わなくもない。未来からの関与が今後どうなっていくか楽しみです。
あと、やっぱりというところだけど、章題の引用も好み。ラノベにはこういう遊びが欲しいですね。2巻にも期待しましょう。やっぱり今のFBいいな。

« も女会の不適切【アイ・ド・ラ】な日常 2 | トップページ | 魔導書が暴れて困ってます。 3 まあ、どうにかなるでしょう »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572742/55067312

この記事へのトラックバック一覧です: バタフライ×ブレイクダウン 1 君が世界を救うというなら:

« も女会の不適切【アイ・ド・ラ】な日常 2 | トップページ | 魔導書が暴れて困ってます。 3 まあ、どうにかなるでしょう »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30